幼稚園・保育園

子供を幼稚園に預けると変わるママの環境

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!2年生と4年生の子供を育てているママライターです。

春になり、子供は幼稚園という新しい場所での生活が始まるという方。

それと共に、ママの環境も変わります。

今まで四六時中子供と一緒に過ごした毎日から離れ、どのような生活になるのでしょうか。

また、幼稚園やママ友といった新しい付き合いも増えます。

どのような変化があるのか、私の実体験を踏まえてお話ししたいと思います。



朝の忙しさ

幼稚園に送り出さなくてはならない…朝は大忙しです。

子供の身支度やお弁当作りも始まりますね。まさに、戦闘時間です!

決まった時間に決まった事をする、時間までに終わらせる、という事は、ママも大変ですが、

子供にしっかり“時間”の概念を教える躾が始まると捉えましょう。

幼稚園との関わり

行事への参加・お手伝い

幼稚園では季節事に色々な行事があります。

親子遠足や発表会、参観日、お誕生会、運動会等、様々な行事に親の関わりが必要になってきます。

お手伝いを要される事もあるでしょう。

子供の成長の証を目に焼き付けるためにも、積極的に参加することが望ましいと思います。

負担として捉えず、楽しみながら出来るといいですね!

PTA役員・保護者会

毎年春が近づくと大きな話題になるのが、PTA役員です。

1年を通して幼稚園での活動を援護する仕事を引き受けるのですから、簡単な気持ちでは出来ません。

しかし、常に拒否するのも良くありません。仕事をされる方はその都合もあるでしょう。

下に弟や妹がいる場合も大変です。自分の生活を考慮し、無理せず、出来る範囲で、引き受けるようにすると良いと思います。



ママ友との付き合い

登園~降園の付き合い

特に多いのは、子供が自宅から離れた幼稚園へ通う場合です。

あっという間に迎えの時間になるのなら、帰宅せずに、近くのカフェでママ友同士、お茶でもしない?!という話になる場合があります。

子供から離れて過ごす“自分の時間”は、とても貴重な物です。

負担であれば、誘いにのる頻度は時々で良いでしょう。無理をせず、自分1人で過ごせる場所に出かけるのも良いと思います。

お迎え後の付き合い

子供を迎えに行く時間が早い時は、子供自身が「遊びたい!」となり、そのまま公園へ行くこともあるでしょう。

公園へ行くと、ママにとってはママ友との付き合いの場ともなります。

それも楽しみのひとつとして捉えても良いですが、苦痛になる場合は用事を作って帰宅する等で、時々は回避することも必要です。

午前中の自由な時間

幼稚園が自宅からそう離れていない場合は、子供を送った後に、自宅で1人の時間を過ごすことが出来ます。

ところが、子供がいないうちに!と、掃除や洗濯、片付けをして、日用品や食材の買い出しも終わらせよう!とすると、あっという間にお迎えの時間になってしまうのも事実です。

1日のスケジュールを書き出すと、日中は時計と睨めっこしながらの毎日は、“きちんとママ”にありがちです。

仕事が出来る

幼稚園は通常2時頃が降園時間となります。

その後は、遅い時間まで「預かり保育」「延長保育」として、子供を預ってくれるところが多いですね。

そうなると、仕事を始めるママが非常に多いのが事実です。

仕事を始めると、家庭の事でも夫や両親などの協力を得なくてはならないことを頭に入れておきましょう。

毎日を充実させ、楽しむために

せっかく子供が幼稚園へ行き始めたのですから、その時間は楽しく過ごし、充実した毎日であることが理想ですね!

気持ちに余裕を持って行動しましょう

朝は、子供より2時間早く起きることで、とても余裕ができます。

午前中はスケジュールを詰め込みすぎず、「どうしてもしなくてはならないこと」のみとしましょう。

私は、「家事は2時間以内で出来る範囲に」と決めていました。

幼稚園への関わりは、「毎日の事じゃないから」と諦めて楽しむことにし、ママ友の付き合いも適度に抑えました。

環境の変化に対応するのは、初めは難しいかもしれません。無理せずストレスを溜め込まない事、これが子育てをするうえで一番大切なことではないでしょうか。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします