子供の教育・成長・遊び

私が育児日記を付けていて良かったなと感じている5つの事

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

私は子供が生まれた時から育児日記を付けています。

最初は思い出の記録として残そうと記し始めたのですが、子供が小学校中学年となった今、

記録として残すよりも“書き留める”という作業の大切さを実感しています。

その内容をお話しします。



➀日々の自分の言動を振り返る

育児日記は、子供のためだけでなく自分のためになります。

気持ちを落ち着かせる

子供は親が思うように毎日を過ごしてはくれません。

イライラすることもありますよね。

気持ちが高ぶり、つい大きな声で怒ってしまうこともあります。

そのイライラを次の日にまで持ち越したくはありません。

そんな日の夜は、育児日記にイライラの原因や、自分の気持ちを書き連ねます。

そうする事で、心に溜め込まず、吐き出すことが出来ます。

書いた後は少しスッキリし、翌朝は笑顔で子供に接することができるようになります。

反省し、次に繋げる

親も子供への接し方に失敗したと感じることがあるでしょう。

1日の自分の言動に疑問を感じることもあります。

その気持ちを書くことで反省し、次はどうしたら良いかを考える時間を作ることが出来ます。

➁我が家の育児方針を見直す

自分が考える育児方針を、貫き続ける必要はありません。

考え直す事も大切

家庭において、これだけはしっかり躾けようと考えている事はありますよね。

しかし、子供の成長の仕方は親が考える通りには行かないこともあります。

時々は自分の考え方を見直し、変えて行くことも必要な時があります。

少し前はどうだったかな、最近はどうかなと、

子供の変化を見て自分の考える方向を変えためにも育児日記はとても役立ってくれます。



➂振り返る事で気持ちに余裕ができる

少し前の日記を読み返す事にもメリットがあります。

悩みはいつか、解決できる!

子育てをしていると、悩みの壁にぶち当たることは多々あります。

そんな時、どうしよう・・・と考え込んでもすぐに答えは出せない事もありますよね。

解決に時間がかかりそう・・・と不安にもなります。

そんな時、少し前に書いたことを振り返ってみます。

すると、今悩んでいる事も絶対に解決する日が来る!と自信を持つことが出来ます。

その事に気付けば、今の悩みにも少し余裕の気持ちを持つことが出来ます。

➃将来、子供に伝えたい事

育児日記は我が家にとってアルバムのような物。

子供へのメッセージ

特別な記念日以外にも、日々の子育ての中には思いがけない出来事があります。

嬉しいことは勿論、悲しいことや悔しいこともあります。

折々の度に心に思ったことを記録しておくと、それは将来、子供への素敵なメッセージになると思いませんか?

いつか、子供が読む日が来るかもしれません。

「ママはこんなに一生懸命自分の事を考えてくれていたんだ・・・」

「子供を育てるって大変なんだ・・・」

と、子供がいつか実感してくれる日が来るのを楽しみに、私は日々、育児日記を書いています。

➄思いついた時に、ふと記録してみませんか

育児日記を続けるには、ちょっとしたコツがあります。

毎日書かなくても大丈夫

“日記”と聞くと、毎日きちんと書かなくちゃ!と思ってしまいがち。

しかし、毎日書く必要はないのです。思いついた時に書くだけで良いのです。

嬉しい事、楽しい事があった時。家族のイベントの日。お出かけした日だけでも良いでしょう。

悩み事がある時だけでも良いのです。

一生懸命取り組もうと思わず、誰かに何かを話したいと思った時等、

楽に取り組むことが長く続ける秘訣です。

今は育児日記アプリもありますから、ノートとペンを用意しなくても、スマホで手軽に始めることも出来ます。

ブログに記録すると言う方法もありますので、

自分が一番負担にならず、楽に続けられそうな方法を見つけてみてください。


【電気代をもっと安くしませんか?】
業界初基本料0円の料金体系で年間1万円以上安くなるかも!(loopでんきPR)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします