命名・名前

男の子の名前で「ゆうた」漢字と由来のセット127!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

柔らかく明るい印象を与える“ソフト音”が集まった『ゆうた』

平仮名では文字の形が丸みを帯び、響きと同様に柔らかい印象を与えてくれます。目にも耳にも優しい印象の名前ですが、漢字を当てるとどのようなイメージに変わるのでしょう。

様々なイメージごとにまとめてみました。



優しく穏やかなイメージの『ゆうた』43選

響き通り、優しさが感じられる名前をご紹介します。

思いやりを感じる穏やかな名前

優太・優大・悠大・佑大・癒詩・癒詠・癒太・癒羽大・右羽大・優右唱・優右太・友太・友多・癒右太・由右多・佑太・佑多・佑泰・癒羽泰・優泰・悠泰・侑太・侑多・優宝・悠宝・癒宝・右羽宝・侑宝・優妥・佑妥・癒妥

優しく穏やか、気持ちが落ち着いていることを表す漢字を集めてみました。

『優』は、名前の中では見慣れた漢字であることでしょう。“人の気持ちに寄り添い、状態を良くする”ということから、優しさを意味する漢字として使われるようになりました。“まさっている、すぐれている”という意味もあり、先々の成功へと導く心の在り方を印象付けます。

「心が優しく、愛に包まれた豊かな人生を」「真の優しさで多くの人に幸せを与える男の子に」など、深い愛情を込めて名付けてみてはいかがでしょう。

豊かさを表す名前

豊詠・豊有太・裕太・裕多・裕汰・宥太・宥大・宥汰・宥唱・裕田・豊田・宥田

財政的な豊かさ、物の豊かさだけでなく、心の豊かさは人生において最も大切なことかもしれません。どんな困難にも立ち向かう強さや、人に対する優しさには、自分自身の心に余裕がなくてはなりません。

そんな心の広い男の子、器の大きな男の子に育ってほしいとの願いを込める名前を考えてみました。

『宥』は、名前で見かけることの少ない漢字かもしれません。“心が豊か・責めない・心にゆとりがある・大目に見る”といった意味があります。

『裕』は名前に相応しい漢字として、昔から男女ともに使われることの多い漢字です。“豊かで満ち足りている”という意味があります。

偏(へん)である『人』は衣服から成り立ち、旁(つくり)の『谷』はくぼんだところという意味があります。それが合わさり、「大きな衣服で人を包み込む=ゆとりがある・豊かである」という意味が生まれました。

「目先のことに惑わされず、先を見る目を養ってほしい」「小さな幸せをもしっかり感じ取れる豊かな心が育ちますように」との願いを込めることができます。

スケールの大きい『ゆうた』24選

夢や未来を想像させる名前、雄大な自然にちなむ名前をご紹介します。

雄大な自然にちなむ名前

雄大・雄海大・雄宇太・佑海多・悠大・悠太・由海大・優宇天・優天・悠天・雄天

『雄』は、『おす』という読みもある通り、男の子に使う代表的な漢字ですね。雄鳥が雌鳥に向かって翼を大きく広げる行動は“求愛”を意味し、その姿から『おす』という読み方が生まれました。

『雄大』とは“大きく堂々としている”こと。そのまま『ゆうた』と読ませることもできます。

『悠』は、心の広さを表す漢字として使われます。男女ともにとても人気の高い漢字なので、身近な人の名前でも見かけることがあるのではないでしょうか。「ゆったりと自分らしい道を進んでほしい」との願いを込めることもできます。

『雄』、『悠』のどちらを選んでも、スケールの大きさを感じる素敵な名前になることでしょう。

未来を想像させる名前

夢詩・夢宇大・夢拓・夢羽太・行海太・行宇大・行翔大・夢翔大・歩宇大・歩太・歩大・歩多・歩羽大

夢を追いかける姿はまぶしく、未知なる可能性を信じて進む姿にも魅力があります。そんな大人になってほしいと願い『夢』を使うとロマンチックな雰囲気になります。

『羽・行・翔・歩』は、まるで空に羽ばたくような伸び伸びとした成長や、真っすぐ前進する強さを想像できますね。

子どもの限りない可能性を信じ、「子供の夢を応援したい」「輝かしい未来を創造できる強い子に」との思いで名付けてみてはいかがでしょう。

楽しいイメージの『ゆうた』27選

周りの人を笑顔にするような素敵な名前をご紹介します。

ウキウキする楽しさを表す名前

愉太・愉唱・愉歌・愉楽・優楽・遊楽・遊大・遊多・柚太・柚詠・柚楽・柚右楽・柚羽大・柚歌・遊歌

『愉』は、『愉快』との熟語に使われるように、“心から感じる楽しさ、わだかまりのない喜び”を表す漢字です。気持ちが軽く、素直に笑える穏やかで楽しい雰囲気を印象付けてくれます。

『楽』は、その文字通り“楽しい”様子を表す漢字ですね。同時に“苦しみがなくゆったりして、心が安まる”という意味があります。

「楽しみ・喜びを見いだせる素敵な人生を歩んでほしい」「いつも笑顔の絶えない素敵な男の子に」との願いを込めることができます。

柑橘類(かんきつるい)の一種である『柚』ゆず)は寒い季節に旬を迎え、冬の食卓に彩りを添えてくれますが、花を咲かせるのは初夏。香りが良く、清々しく爽やかな印象の柚の花には“健康美・汚れなき人”という花言葉があります。

「さっぱりとした性格で人に好かれる子に」「健康で元気に、人生を楽しんでほしい」との願いを込めることができます。

『歌』もまた、楽しく朗らかな様子を想像できます。

協調性を表す名前

友太・友楽・友歌・結歌・結有太・結右多・邑多・邑太・邑大・祐太・祐多・祐代

苗字で見かけることのある『邑』。名前では『ゆう』と読ませて使うことができます。“小さな集落”を意味し、人々が集まる場所を想像できる漢字です。

『結』は人と人との“絆”を意味し、本来の読み方は『ゆい』ですが、『ゆ』『ゆう』として名前にも多く使われます。

人は人と関わることで楽しみを見出したり、学んだり、自分を成長させることができます。「多くの人と接し、自分を高めることのできる男の子になってほしい」との願いを込めた名前も素敵ですね。



強く逞しいイメージの『ゆうた』19選

男の子にぴったりの力強い印象を与える名前をご紹介します。

強さ・元気な印象を与える名前

勇耐・勇太・勇大・勇汰・勇武・勇辰・勇龍・由竜太・有龍大・勇竜多・勇龍汰・湧太・湧大・湧多・征海太・征宇大・勇梛・湧梛・征梛

“水が出ること”から成り立つ『湧』は、力が湧く・勇気が湧く・元気が湧くなどの言葉にも使われるように、前向きで力強い印象を与えてくれます。

『征服』や『遠征』等の熟語に使われる『征』には、“旅に出る・遠くへ真っすぐ行く”という意味があります。

いずれも前を向いて歩む姿を想像できますね。「正義感が強く、真面目に前を向いて突き進んでほしい」との願いを込めることができます。

『梛なぎ)』は、マキ科の常緑高木のこと。なぎの葉は丈夫で、良縁や厄除けのお守りとして使われてきた歴史があります。強くて逞(たくま)しいとか、ご縁に恵まれるというイメージで使うことができます。

また、葉の裏と表がわかりにくい言われており、裏表のない誠実な男の子になってほしいと願って使うことができます。

頭脳明晰で聡明なイメージの『ゆうた』14選

歴史に名を残した偉人の名前や教えなどから漢字を選び、賢さを表す名前を考えてみました。

知的な印象の名前

諭唱・諭右太・諭多・諭大・惟詩・惟胡太・惟大・惟右太・猶太・禅右太・禅羽泰・禅詩・禅右大・禅唱

『諭』には、“理解すること、よくのみこむ”という意味があります。福沢諭吉の名前を思い浮かべる方も多いかもしれませね。諭吉は、江戸時代から明治にかけて活躍した教育者で、現在の慶應義塾大学を創設するなどの功績を残しました。

著書「学問のすゝめ」の中に『天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず』(人間はみな平等であるという意味)との言葉を記し、その精神は後世に受け継がれています。

世の中に大きな影響を与えた偉人にちなむ名前は、知性に富み聡明な印象を与えることでしょう。

『猶』には“ためらう・相変わらず”という意味があり、名前に使うには…と戸惑われる方もいるかもしれません。その意味を“慎重である”と捉えることにより、「よく考えて行動する子に」と願いを込めることができます。

『禅』は、仏教の宗派のひとつです。サンクリット語で“考えること”を表す言葉が語源もしくは、禅那(ぜんな)を略したという説があります。禅那とは、瞑想(めいそう)によって心が落ち着いた状態になることを言います。

現在は、仏教の『坐禅(ざぜん)』を思い浮かべると思います。坐禅も心の動揺を静めるために行う修行のひとつです。ありとあらゆる物事の本来の姿を見つめ、正しく見極め、美を見出す、という素晴らしい意味があります。

止め字に使える『た』

ゆうた・そうた・しょうた等、止め字を『た』にする名前は男の子にぴったり!しかし、『た』と読むことのできる漢字は決して多くはありません。

一般的に読めるものや、頭文字をとって使える止め字とその意味、イメージをご紹介します。

『た』と読む漢字

 … 大きく優れている。立派である。ゆったりとおおらかなイメージ。

 … たくさんある。ほめる。豊かなイメージ。

 … たっぷりある。悪いものを洗い流す。勢いがあり洗練されたイメージ。

 … 太い。とても。非常に。すごく大胆なイメージ。

 … 稲などを育てる耕地。自然の力強さを思わせ、広々としたイメージ。

『だ』を『た』に置き換えて読ませる漢字

 … 安らか。穏やか。安定している。落ち着きのあるイメージ。

 … マキ科の樹木。苦難を乗り越える力強いイメージ。

 … 多い。美しい。安らか。ゆったりとした、おおらかなイメージ。

『たい』を『た』に置き換えて読ませる漢字

 … 落ち着きがある。ゆとりがある。豊かで包容力があるイメージ。
 
 … 山の名。スケールが大きく雄大なイメージ。

 … 代わりとなるもの。臨機応変な様子をイメージ。

その他の漢字

宝・辰・立・達・発・高・嵩・凧・足など、読みの頭文字だけを取ると、使える漢字がぐっと増えます。『た』は止め字として、画数や見た目の印象のみで選ぶ方も多いと思います。

しかし、それぞれにきちんと意味があり、中には名付けに相応しくない意味を持つ漢字もあります。止め字にも思いを込め、こだわって選びたいですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします