命名・名前

男の子の名前で「いつき」漢字と由来のセット211!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

「息子には将来大きく羽ばたいてほしい!」

そんな願いを込めるなら広い空や大地など雄大な大自然の力強さの意味を持つ漢字を使うとよいでしょう。

例えば、漢字一文字で『樹』と書いて『いつき』は、自然をテーマにした男の子の名前としてオススメです。

“大地に根を張る木”を意味することもあり、力強さや活力あふれる男の子をイメージさせてくれますね。

ここ数年は、その読みに由来して他の漢字を当てる名付け方も増え、自然にこだわらない自由な発想でも、『いつき』という名前は人気を集めています。

今回は「いつき」という響きを名前に使いたい方に向けて漢字と由来をたくさんご紹介します。



自然にちなむ『いつき』77選

樹木に限らず、自然界の様々なものをテーマにした名前をご紹介します。

草木をイメージする名前

樹・一樹・壱樹・斎樹・逸樹・樹木・乙木・壱木・伊津木・伍木・伍樹・隠樹・音樹・衣樹・維樹・結樹・唯樹・唯木・結木・音木・穏木

草木の総称を意味する『樹』

大木そのもの、という意味もあります。

どっしりと地面に根を張り、力強く生きる様を想像させてくれる立派な漢字です。

自分の足でしっかり立ち、雨風に負けず成長するその力強さに由来して、「自分の道を信じて真直ぐ歩む子に」「周囲に踊らされず自分の足でしっかり成長できる子に」という思いを込めるのに良さそうです。

花にちなむ名前

乙桔・逸桔・一桔・五桔・隠桔・伊桔・壱菊・一菊・伊津菊・一梗・乙梗・色菊・色梗・一椿・乙椿・伍椿・乙桐・一桐・五桐・逸桐・以桐・依桐・音桐 

桔梗、菊、椿など、読みに『き』の入った漢字を当てて使うこともできますね。

花にはそれぞれに花言葉があります。
冬を代表する 椿には『誇り』 、秋を代表する 桔梗には『誠実』 、というように、どれも名付けに関連付けて使うと素敵な名前になることでしょう。

また花言葉だけでなく、その花や樹木の特性を参考にするのはいかがでしょう。

例えば『桐』は、切ってもまたすぐに芽を出す成長の速さから、「切る」が転じて「きり(桐)」となったそうです。

桐のように「スクスクと成長してほしい」「たくさんの花を咲かせてほしい」と願いを込めて名付ける方法もあります。

四季・気候にちなむ名前

樹季・伍季・五季・維季・衣季・色季・乙霧・一霧・伊霧・唯霧・和霧・井霧・一期・乙期・五期・依期・音期・伊期・斎季・斎期

『季』『期』は、止め字の『き』として使われることはよくあります。
特に『季』は、亜紀・由紀・真紀などで女の子の名前として、晴季・俊季・和季などで男の子の名前として、男女ともに人気があります。

『季』『期』、ともに「時」を意味 する漢字です。

「人生という時を一生懸命生きて欲しい」という由来で名付けると素敵な名前になることでしょう。

気候の中で読みに「き」が入るのが『霧』

この漢字を使うと、幻想的・神秘的な美しい情景を思い浮かべる名前になりそうです。

『月』を使う名前

五月・壱月・一月・良月・好月・依月・逸月・乙月・伊月・云月・音月・隠月・斎月

『いつき』という名前を漢字二文字で表すならば、『月』は欠かすことができませんね。

気持ちを癒してくれる穏やかな輝き、周囲を照らす明るさ、形を変化し続ける姿…

一言に月と言っても、その捉え方は様々です。

どのような月をイメージするかを考えて、名前と結び付けてみてはいかがでしょう。



輝かしいイメージの『いつき』20選

宝石や、きらきら光るイメージの名前をご紹介します。

宝石にちなむ名前

乙菫・一菫・壱菫・五菫・伍菫・五綺・逸綺・壱綺・一綺

『菫』は『すみれ』と読み、すみれの花を意味します。

菫青石(きんせいせき)=アイオライトという宝石にも使われる漢字です。

アイオライトは、すみれの花のような青みがかった紫色の天然石。

ヨーロッパでは、太陽にアイオライトをかざすことで自分のいる位置を把握することができるとして、航海の羅針盤にも使われてきました。

9月の誕生石のひとつなので、9月生まれの赤ちゃんに相応しいだけでなく、「人生の道しるべ」というアイオライトに伝わる意味になぞらえて 「一歩一歩着実に歩む子に」と願いを込めて名付けるのも良いでしょう。 

また、美しく華やかなことを意味する『綺』 を使って、宝石全般の煌びやかな印象にちなむ名前も素敵ですね。

輝きを秘めた可能性に期待を寄せたり、「周囲に光を照らす明るい性格の子」にという願いを込めて名付けることもできます。

光輝くイメージの名前

五輝・逸輝・壱輝・衣椎輝・乙輝・壱煌・一煌・五煌・逸煌・斎煌・斎輝

『輝』は男の子の名前では止め字として、とても人気があります。

ただ単に光るだけでなく、 四方八方にまばゆい光を放つという意味で、キラキラとした印象とともに力強さを感じる名前になることでしょう。

活気あふれるイメージの『いつき』62選

男の子らしく、元気いっぱいで力強いイメージの名前をご紹介します。

明るく元気、活発な印象の名前

伍気・乙気・伊気・衣気・逸気・逸喜・逸生・逸記・逸季・逸規・逸希・逸祁・乙祁・壱祁・五祁・一祁・伊津祁・伊都祁・今都祁・伊付祁・動喜・動気・動祁・動希・動生・斎気・斎祁

元気、活気、一気、意気などの熟語にも使われる『気』という漢字は、明るくやる気がみなぎるイメージがありますね。

 人間の心身の活力を意味し、漢方医学では“人の体を守り、生命を保つ陽性の力” という意味を持ちます。

素直に「元気に育ってほしい」という由来を持って名付けるのにおすすめの漢字です。

『祁』という漢字は、勢いが良く盛んである様子を示す漢字であり、元気・活発さを表したい名前に使うことができます。

『逸』と書いて読みは『いつ』。

“ルールに捕らわれず枠を超えること”、“ひと際優れていること”を意味する漢字です。

「自分らしい道を意気揚々と進む」「自分の可能性を広げて自由に伸び伸び育ってほしい」そんなイメージで使ってみてはいかがでしょう。

力強さ、逞しさを表す名前

一毅・五毅・乙毅・伍毅・厳・厳毅・厳気・壱厳・厳示・乙厳・唯厳・五厳・ 偉月・偉毅・偉厳・偉貴・五貴・一貴・逸貴・音貴・依貴・意貴・以貴・敬貴・敬毅・敬厳・一基・五基・乙基・厳基・敬基・斎基・斎貴・斎厳・斎毅

『毅』は「たけし」という読みで昔から男の子の名前によく使われてきました。

“心が強く動じない”という、内面の力強さを表す素敵な漢字です。

『厳』は一文字で「いつき」と読ませることができます。

“ぬかりなく厳しい、容赦がない”という、とても強い意味がある漢字です。

近寄りがたく固いイメージがありますが、他人ではなく“自分に対しての厳しさ”という意味を込めると、「自分を信じて真っすぐ進む心の強さ」「常に成長し続ける子に」「芯が強く周囲から信頼される子に」等の由来で名付けることができます。

“大きくて立派であること”を意味する『偉』

“大切であること”“位の高さ”を意味する『貴』

も男の子の名前に相応しい漢字です。

未来をイメージする『いつき』35選

子供の将来を想像しながら考える名前をご紹介します。

楽しい未来を想像する名前

集喜・集来・一喜・一来・行喜・行来・行來・集來・一來・逸来・壱来・壱來・壱來・集絆・斎喜・斎来・斎來

末来という熟語に使われる『来』。その旧字体である『來』
どちらも輝かしい未来を想像させる漢字としてぴったりです。
これから訪れる、まだ見ぬ未来に期待を込めたり、未来の成功を想像しながら名付けることができます。

未来に思いを寄せる名前

一希・伊希・五希・逸希・稜希・今希・色希・一己・集己・稜己・壱稀・一稀・五稀・逸稀・斎稀・乙稀・伊都稀・唯稀

自分自身を意味する『己』は、自分の意思で未来を切り開いてほしいと願って使うことができそうですね。

また、『希』『稀』には、「まれ」「めったにない」「薄い」「少ない」という意味から名付けには相応しくないのでは?という方もいるかもしれません。

しかし、その意味を良い方向で捉え、「貴重な存在」「大切な存在」と意味付けて使うことができます。

子供の人生はたった一度きりの貴重なもの。

人生を大いに楽しみながらも命を大切に生きて欲しい」「大切なものを探しながら未来へ向かって歩み続けてほしい」等、素敵な願いを込めることができます。

誠実なイメージの『いつき』17選

誠実で真っすぐなイメージの、男の子らしい名前を集めてみました。

誠実さを表す漢字の名前

一紀・乙紀・伍紀・生紀・伊紀・一規・伊規・伍規・五規・乙軌・壱軌・一軌・衣軌・逸軌・斎紀・斎規・斎軌

『紀』は男女ともに名付けに相応しい漢字で、“秩序を正す”ことや“筋道を立てる”という意味があります。

規則や規律など、決まり事を意味する熟語に使われる『規』には“正しく決めたこと”という意味が、『軌』には“定まった道のり”という意味があります。

どの漢字を使っても、真っすぐで誠実な様子を感じとることのできる名前になりますね。

「嘘偽りのない誠実な男の子に」「正しい行いができる子に」という願いを込めて名付けることができます。

さらに、その誠実さから「周囲からの信頼感の厚い子に」「たくさんの人に愛される子に」との由来で名付けるのも素敵ですね。

個性的な『いつき』に名付けたい!?

『いつき』という読みの名前は、毎年の名付けランキングに入るほど人気がある名前です。

漢字の組み合わせ方は様々!

中でも人気があるのは、定番と言っても過言ではない『樹』

一文字で『いつき』と読ませる名前です。

『樹』の漢字は、大樹・翔樹・篤樹など、「き」と読む止め字にもよく使われます。

乙樹・稜樹など、好きな漢字と『樹』を組み合わせながらも、あえて『いつき』と読ませる名前には個性が感じられますね。

他にも使える漢字はたくさんあります。

『樹』の漢字にこだわりすぎず、幅広い方面から漢字を検討して、素敵な思いを込めた名前を考えてあげてくださいね!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします