美容・健康

意外なメリット!?主婦の早寝早起き合計8つのメリット

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!2年生と4年生の子供を育てているママライターです。

小さな子供を育てている間は、自分の時間がない!とストレスを感じてしまうママも多いのではないでしょうか。

そこで私がおすすめするのは、『早寝早起き』で自分の時間を作るという方法です。

今回は、早寝と早起き、それぞれ4つずつのメリットについてお話ししましょう!



早寝のメリット

早起きをするために早寝をするのは基本ですが、早寝には、早起き以外のメリットもあります。

早寝メリットⅠ 子供が安心する

夜、子供と一緒に布団に入り、一緒に眠りにつくことで、子供はとても安心します。

眠りのメカニズムに“レム睡眠”と“ノンレム睡眠”があるのはご存じですね?!

その周期は90分毎とされています。

つまり、眠りについてから90分起きに、浅い眠りの時間がやってくるのです。

レム睡眠の時間に目を覚ます子供もいますので、その時にママが隣りで眠っていると、子供は安心して、また深い眠りにつくことができます。

早寝メリットⅡ 肌質が整えられる

夜10時~2時の間を“シンデレラタイム”と言うように、その時間にしっかり眠っておくことで、老化を防ぐ成長ホルモンが多く分泌され、肌の質が整えられます。

早寝メリットⅢ ダイエット効果

夜遅くまで起きていると、小腹がすいて、ついつい間食をしてしまうことはありませんか?早寝は間食を防ぐだけではありません。

10時~2時にねむることで活性化される成長ホルモンには、疲労回復、脂肪の燃焼を促す性質もあります。

早寝メリットⅣ 早起きできる体質になる

次に、早起きのメリットを紹介していきますが、早起きするためには早寝することが大切です。

早起きには、メリットが沢山詰まっていますので、早寝して、早起きできる体質になりましょう!

理想の早起き時間

早寝をすれば体の疲れも取れやすくなり、早起きもしやすくなります。

でも、いくら早起きと言っても0時や1時では、理想の早起き時間とは言えません。

先に説明した通り、2時まではしっかり眠ることが大切です。

早起きは、早くでも2時以降が理想的です。



早起きのメリット

では、早起きをすると、どのようなメリットがあるのかをご説明しましょう。

早起きメリットⅠ 自分の時間が出来る

子供と一緒には出来ない、自分の趣味に費やす時間が出来ます。

例えば、ゆっくり読書やDVD鑑賞も良いでしょう。

手芸やパソコンに向かうことも出来ます。資格の勉強や、在宅ワークもゆっくり出来ますね。

私はよく、お菓子作りやパン作りをしていました。

子供がいると、キッチンに立つ時間も限られてしまいますからね。

突然の来客も考えられませんし、本当に誰にも邪魔されない貴重な時間なのです!

早起きメリットⅡ 自律神経が整えられる

朝陽が昇る時間に起きていると、体がしっかりと“朝”であることを認識します。

太陽の光を浴びることで、夜は自然と眠くなり、自律神経が整えられます。

特に育児中において、自律神経が整っていることはストレスを溜まりにくくするに繋がります。

早起きメリットⅢ 朝食が美味しい!

夜に間食をして朝起きると、胃がもたれて朝食を食べたくない…と感じたことはありませんか?

早起きをし、朝食の前に時間が空くことで、適度にお腹も空き、胃も働き始めるため、朝食が美味しく感じます。

早起きメリットⅣ 余裕が出来る

子供や夫が起きてくる前に、自分の時間を作ることで、体調や気持ちに余裕が出来ます。

朝からバタバタ忙しい!!というストレスも感じずにすみます。

また、気持ちに余裕が出来ることで、子供にも優しく出来、夫も笑顔で仕事へ送り出すことができるでしょう。

早寝早起きを習慣付けましょう!

早寝早起きを習慣づける事でこれだけのメリットがあります。

子育てがひと段落しても…

「早寝早起きをしよう!」と考えるのは、“子育てに追われる中でも自分の時間を作りたい!”と思った時ではないでしょうか。

体調面・精神面で非常に良いメリットがある事ですから、これを機会に早寝早起き体質になりませんか?

子育てがひと段落した後も若々しい女性であり続けるために、早寝早起きは、ぜひ習慣付けましょう!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします