育児の悩み・疑問

ママが病気になった時の対処法7つ!一時保育、病児保育、ファミサポ、病児シッターetc.

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

冬は、感染症が猛威をふるう季節。

子どもが高熱を出したり、苦しそうにしていると、以前は「可哀想に・・・かわってあげたい」と思っていましたが、今年の冬、その認識を改めました。

というのも、昨年末から、幼稚園に通う娘が次々と病気を持ち帰り、未就学児の息子に感染。

看病している私や旦那も感染し、まさに家庭内パンデミック!マイコプラズマ肺炎、急性胃腸炎、溶連菌、インフルエンザと、ありとあらゆる病気に感染しました。

39〜40度の高熱でフラフラになりながら、子どもの嘔吐処理をしている時、「実親は遠方・・・義親は感染症をうつすとまずい・・・友人も子持ちだから来てもらえない・・・誰に助けを求めればいいの?!詰んだ・・・」と涙がにじんでいました。

核家族の場合、ママが体調を崩すと、途端に家庭はまわらなくなります。ママはおちおち病気になっていられないのが現状です。

それでも、ママが病気になってしまった時、どうやって対処しているのか。緊急時のセーフティーネットとして、どんな準備をしていればよいのか。子育て中のママ達にリサーチしました。



方法1、旦那にサポートしてもらう

子育て中ママへのリサーチの結果、圧倒的に多かったのは、旦那と協力して乗り切るというもの。

ママが病気で、子どもが元気なら、幼稚園や保育園の送迎を旦那が担当。子どもがいない間に、自宅で安静に寝ていることができます。

もし子どもとママが一緒に体調を崩しているなら、旦那に「子の看護休暇制度」を利用してもらうのも手です。

「子の看護休暇制度」は、小学校就学前の子が病気の時に、会社に申請すれば、1年のうち5日(2人以上の場合は10日)の看護休暇を取得できます。

1日または半日単位で取得できるので、1日休んでもらって子どもの看病をしてもらったり、半日休んで病院に付き添ってもらいましょう。

最近では、男性の働き方も見直されているので、男女問わず取得できる「子の看護休暇制度」を有効利用する男性も増えています。

ただし、雇用期間が6ヶ月未満では休暇を取得できない等、条件があります。詳しくは、厚生労働省の資料をご覧下さい。

また頼みの綱の旦那が、病気に感染しないように、次のことに気をつけましょう。

家庭内感染を防ぐ3つのこと

    ■馬鹿にできないマスクの威力!

    多くの感染症は、咳やくしゃみによる飛沫感染や、鼻水や嘔吐物、排便に含まれるウィルスが付着して感染する接触感染で広がります。特に子どもは、距離が近いので、病気をもらう可能性大。家庭内感染を防ぐために、必ずマスクは欠かさないようにしましょう。


    ■マスクを外す食事時が危険!

    食事の際には、マスクを外すため、感染の可能性が一気に高まります。病気の人と、看病する人は、食事の時間をずらした方が良いでしょう。


    ■手洗い・うがい・アルコール除菌は欠かさずに。

    病気の子どものオムツ替えや鼻水を拭いてあげた後には、必ず手洗いをしましょう。ドアの取っ手やトイレの洗浄ボタンなど、病気の子供が触った可能性のある場所を、徹底的にアルコール除菌するのも、感染率をグッと下げてくれます。

そのほか、「旦那に頼る!」と答えたママは、こんな風に旦那さんに協力してもらっているようです。

旦那に頼る派ママの体験談

【子供の送迎・付き添いをお願いした】

旦那の職場はフレックスタイム制。幼稚園や保育園の送迎や、病院への付き添いはお願いしちゃいます。

【子供を職場に連れて行ってもらった】

旦那の職場は、育児に理解があって助かっています。私が病気で、子どもが元気な時は、職場に連れて行ってもらうことも。今では、たまに来る小さな秘書さんとして、可愛がってもらっています。

【洗濯をしてもらった】

旦那以外の家族全員がノロに感染。旦那が汚れた洗濯物を次々と洗ってくれていました。幸運なことに旦那はノロをまぬがれましたが、洗濯のしすぎで風邪をひきました。

看病や簡単な家事はできても、料理が苦手という旦那なら、お粥やゼリー、総菜、弁当なども持ってきてもらえるネットスーパーを活用してもよいでしょう。

【関連記事】
ネットスーパー大手4社を徹底比較してみた!

方法2、実母・義母サポートしてもらう

続いて、結局頼れるのは親という声も多くありました。
親と近居の人は、病気の時ほど、有り難く感じることでしょう。
親と遠距離の人でも、ママが病気になって旦那も頼れなくなると、遠方から親を呼んで手助けしてもらっていました。
仲が良いのなら義両親に手助けを求めるのも良いでしょう。

ただし気をつけなければいけないのが、やはり二次感染です。
いつまでも元気で頼りになると思っていても、親世代が感染症にかかると、子どもや私達よりもずっと重い症状になったり、長く病気を患ってしまう可能性もあります。

先述の家庭内感染を防ぐための注意事項を守って手助けしてもらいましょう。

実親・義両親に手助けしてもらうママ達の体験談

【義母に来てもらった】

家族全員、マイコプラズマ肺炎に感染。背に腹はかえられないと、義母に来てもらいました。一生懸命看病してくれたのですが、マスクのつけ忘れが多くて、義母までマイコプラズマ肺炎に・・・!私達よりも咳がひどく、肺炎寸前まで悪化しました。申し訳ない・・・!

【実母に来てもらった】

私がインフルエンザに感染してしまい、5日間×ベビーシッター代よりは、実母の交通費(新幹線で片道4時間!)の方が安い!とお願いしました。信頼できるし、子どもも懐いているから安心。いざという時のために、母には元気でいてもらいたいです。

方法3、近所の人にサポートしてもらう

意外と多かったのが、近所の人を頼るというもの。

子どもが元気なら、近所のママ友に、保育園や幼稚園の送迎をお願いしたり、降園後にママ友のおうちで過ごさせてもらえると、とても有り難いですよね。

ママ友が困っている時は、積極的に手伝いを申し出て、困った時はお互い様の関係を築けていれば、心強いでしょう。

けれども、母子ともに体調を崩している時は、感染の不安もあるので、ママ友に力を借りるのは難しいかもしれません。
そんな時のために、子育ての先輩・年配の方と、日頃から繋がりを持つことも大事です。

今回、「近所の人を頼る」と答えてくれたママは、偶然、お隣の方が元児童館の館長さんで、日頃からおすそわけをしたり、育児の相談をしたりと密な関係を築いています。
「実親も義両親も遠方で助けてもらえない。お隣さんが世話好きな人で良かった!」と、子どもの習い事の送迎や、一時預かってもらったりと親子共々お世話になっているそうです。

ご近所のつながりが希薄になっていると言われていますが、子育て中は味方がいればいるほど心強いはず。隣近所のつながりも大事にしたいですね。



方法4、一時保育にサポートしてもらう

保育園や保育所は、ママが働いてないと預けられない・・・そう思っていませんか?

すべての保育園ではありませんが、一部の認可保育園や認可外保育園・子育て支援施設では、ママが急用の時や病気の時、そしてママのリフレッシュのために、短時間〜一日預けることができます。

まず、お住まいの市区町村のホームページで、一時保育を検索してみましょう。受け入れ可能な年齢や、利用方法、料金などが紹介されています。

一時保育の場合、電話をして当日にすぐ預けられるわけではありません。まず利用する前に、保育園に出向き、登録や面談が必要になります。
ママが体調を崩した時に、子どもを預けられるように、早めに登録だけ行うと良いでしょう。

料金は施設によりますが、認可保育園では1時間500円程度。認可外保育園では1時間1000円以上が目安です。

特にリーズナブルな認可保育園の一時保育は、大人気ですぐに予約がうまってしまうので、登録や面談の際に、予約受付時間などを確認するとよいでしょう。

一時保育を利用しているママの体験談

【数時間預けたい時に一時保育を利用した】

ママ友が、事故で入院。旦那は単身赴任。実親と義両親が交代で子どもの面倒をみていましたが、体力の限界に・・・。日中の数時間だけでも預けたいということで、一時保育を利用していました。

【体調不良の場合は一時保育を利用している】

私の利用している保育園の一時保育は、1日10人までの少人数しか預かってくれないので、予約をとるのは大変です。預けたい日の前日に連絡すると、お子さんが病気になってキャンセルしている場合があるので、いつも前日狙いで利用しています。

子供が元気で、私は風邪気味。明日はゆっくり休みたい・・・という時は、「キャンセル出て〜!」と願いながら、問い合わせの電話をしています。

【体調を崩した時・一人になりたい時に一時保育を活用している】

市区町村によっては、一時保育の費用を負担してくれたり、一時保育に利用できる子育て支援券が配られます。私も体調を崩した時や、一人になりたい時に、一時保育を活用させてもらいました!

方法5、病児保育にサポートしてもらう

さきほどの一時保育は、子どもが元気な場合のみ、預けることができました。

もし子どもが体調を崩していたら・・・そんな時は、病児保育を利用しましょう。

病児保育は、「医療機関併設型」「保育施設(保育園、乳児院、児童養護施設)併設型」「単独型」の3種類があります。

国から病児保育には、補助金が出るので、利用料は1日2000円〜と割安なのは有り難いですね。

『一般社団法人 全国病児保育協議会 』の一覧表(2017年1月27日更新)で、お近くの病児保育の施設を調べてみましょう。

ただし病児保育は、基本的に日頃から保育園に通っている子供が対象なので、働いていないママが病気になった時に預けられないのは残念なところ。
子供が病気なのにママが仕事を休めない場合や、日頃保育園に行っている子供とママが一緒に病気になってしまった場合のみ利用できます。

また病児保育の施設は、まだまだ少ない状態です。というのも、全体の8割以上が「医療機関併設型」の病児保育で、小児科の数が限られるため、病児保育が広がっていかないのです。

1人の先生が何人もの子供を預かる保育園と違い、病児保育で預かれる子供の数には上限があり、1施設で5名程度のところがほとんどです。

働いているママ達は、復職前にセーフティーネットとして、病児保育の登録を行いますが、実際に予約をとって利用するのは大変なのだと言います。

予約受付時間前から電話の前で待機し、旦那と協力して電話をかけ、ようやく予約をとれる状態。まるで、人気ライブのチケット争奪戦!

病気の子が、慣れない場所に預けられると精神的に不安定になることもあって、実際に病児保育を利用しているママは、少ないように感じました。

方法6、ファミサポにサポートしてもらう

病児保育はなかなか予約がとれない。日頃から慣れている相手に預かって欲しい・・・。

そんな時は、ファミリーサポートセンター(以下ファミサポ)を利用してみてはいかがでしょう。

ファミサポは市区町村(または市区町村からの委託)が運営し、育児で手助けしてもらいたい人(利用会員)と、手助けしたい人(提供会員)が会員登録をして、地域の中で助け合う仕組みです。

ファミサポの仕組みについては、『一般財団法人 女性労働協会 』のサイトをご覧下さい。

保育園や幼稚園の送迎や、登園前・降園後・学校の放課後の預かり、習い事への送迎など、幅広く対応してくれます。

ファミサポがはじまった当初は、病気の子供を預かることはできませんでしたが、平成21年度から、病児と病後児を預かることができるようになりました。

現在では、ファミサポ全体の3割程度の運営施設で、病児の預かりを行っています。※平成26年度全国ファミリーサポートセンター活動実態調査結果(平成27年3月)

まずは、こちらから、お近くのファミサポを調べてみましょう。

利用できるファミサポがあれば、まず説明会に参加して、登録を行います。利用料は、地域によって異なりますが、1時間800円前後。病児保育の場合は、1時間1000円程度になります。

無事に登録できたら、ファミサポのアドバイザーが、提供会員を紹介してくれるので、実際にファミサポを利用する前に、事前に提供会員に会って、子供との相性をチェックします。また基本的には、提供会員のおうちで預かってもらうので、ご自宅を拝見するのも良いでしょう。

「ファミサポを利用中」と答えたママ達の体験談

【習い事の送迎で利用している】

日頃から、習い事の送迎でファミサポを利用しています。子育てが一段落した年配の方で、子供に慣れているから、病気の時でも安心。

【事前の面談は必須】

提携会員になるために、特に資格はいらないので(病児預かりの場合は、研修が必須)、「この人なら預けたい!」という人と「ちょっと不安・・・」という人がいます。子供との相性もあるので、事前の面談は必須です。

【提携会員つかまらない時もある】

ファミサポは、提携会員1人につき、1人の子供の面倒しかみてくれないので、子供が2人以上いる場合は、2人提携会員を見つけなくてはいけません。人気の方は、予約でいっぱいのことも多く、母子が病気というような緊急時には、なかなか提携会員がつかまらないのがネックです。

【病児預かりをメインでお願いするなら事前に確認を!】

子供がインフルエンザや水疱瘡などの感染症にかかった場合は、提携会員さんにうつる可能性があるので、頼めない場合もあります。病児預かりをメインでお願いしたい場合は、その辺りも要チェックだと思います。

方法7、病児OKベビーシッターにサポートしてもらう

病気の子を慣れない場所につれていくのは可哀想。できれば自宅に来てもらいたい。ママが病気で寝ている間に、家で子供の面倒を見てくれたら助かる・・・。

そんな融通がきくのが、病児OKなベビーシッターです。

ドラマ化された病児保育漫画『37.5℃の涙』のモデルになった『認定NPO法人フローレンス』では、保育スタッフが自宅に訪問して、病気の子供の面倒をみてくれるサービスが好評で、2005年のサービス開始当初より、会員数は激増。現在約5000名の会員が利用しています。

フローレンスでは、当日朝8時までに依頼すれば、保育スタッフがかけつけて、自宅で子供のお世話をしてくれます。万が一、体調が悪化した場合は、提携医師の往診も可能。かかりつけの小児科に、連れて行ってもらうこともできます。

病気は、はしか以外のすべての感染症でも利用可能。

利用料金は、子供1人あたりの入会金が30,000円(税抜)2人目以降は入会金が50%オフ。

月会費は、利用頻度によって増減し、4,800円〜上限25,000円(税抜)
保育料は、毎月初回は無料(9時間)で、その後は1時間2,000円がかかります。

対象エリアは、東京・千葉・神奈川・埼玉
詳しくは、フローレンスのサイトから対象エリアを確認してみてください。

ほかにもベビーシッターで病児保育OKなところもあります。

利用者とベビーシッターをオンラインでマッチングするサービス『キッズライン』は、保育士や小児看護師経験のあるシッターさんが多数登録。病児保育可能なシッターを探せます。

当日予約や1時間だけの短時間シッター利用もOK!
利用料金は、入会金や月会費は0円で、保育料は1時間1000円〜3000円程度。
シッターによって、保育料は異なります。
対象エリアは、東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・群馬・長野・愛知・京都・大阪・兵庫・福岡。
お近くに希望するシッターがいるか、こちらからご覧下さい。

また『ハニークローバー』は、15分ほどの無料ウェブ登録で、すぐにシッターを派遣してもらうことができます。
インフルエンザやノロ・ロタ・風疹など、ほぼすべての感染症に対応。
利用料金は、頻繁に利用するボリューム会員なら、入会金が21,600円。月会費972円。10時間パック16,000円(税抜)
病児の時だけ利用したい場合は、入会金や月会費は0円。10時間パックが21,000円(税抜)。
対象エリアは、 東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城
詳しくは、こちらのサイトをご覧下さい。

シッター利用中ママが教える、良いシッターに出逢えるポイント2つ

 【料金が高いほど良いシッターさんに出会いやすい】

ベビーシッターを何社か利用してみた感想ですが、ある程度の料金を払うほうが、きちんとした質の良いシッターさんに出逢える感じがします。安い保育料のシッターさんは、「あれはできませんこれはできません」ということが後から分かってがっかりすることも。大事な子供を預けるので、費用が高くても安心して預けられる方がいいです。

 【利用者の口コミを要チェック】

オンラインのシッターマッチングサービスを利用中。シッターさんの保育経験人数や、利用した人の口コミもじっくり見てから、どの人を呼ぶか決めています。

最後に

ママが病気になった時、親や夫以外にも、頼れる先は様々ありましたね。
現在、在宅で仕事をしている筆者は、病児の際、スポット的にシッターを利用することを検討中です。

いざ病気になってから慌てて探しても、思ったように手助けしてもらえない可能性もあるので、元気な時に、ライフスタイルや条件にあったセーフティーネットを確保しましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします