保育園・幼稚園・小学校の行事

入園式ってどんな感じ?感動する?入園式の一日の流れと現実的感想

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。現在4歳の年中さんの娘と、1歳8か月の息子をもつママライターです。

お子さんの初めての晴れ舞台、それが「入園式」の方もきっと多いと思います。

今までずっと終日ママと共に過ごしていたのが、集団生活が開始となり、社会での生活が始まるのです。

「ママがいないと何も出来なかったのに…」と、

ママっ子だったお子さんが少しだけ親離れする事に、親の立場の方が寂しく感じたりして。

「入園式は絶対泣いちゃうー!」なんて会話もあちこちで交わしたりして、

ママたちの方が気を紛らわせたりしてるものです。

そして実際の入園式は…さて、どんな感じで終わるのでしょうか?

ちょっとした体験談を交えながらお話していきましょう。



入園式ってどんなもの?

入園式は、幼稚園により少しの違いがあるとは思いますが、

「クラス発表」、「お教室での先生やお友達たちとのお顔合わせ」、「式典」、「写真撮影」などがメインとなると思います。

1番の涙ポイントと思われるのが「式典」です。

小さな体に大きめの真新しい園服を着て、お椅子に座ってみんなで並んで園長先生やその他先生方のお話を聞く…

その姿を見てパパやママたちは「赤ちゃんだったあの子があんなに大きくなっちゃって…」と言う形でグッとくる予定。

ですよね?きっと。

お教室に入って、新しいお友達たちとのドキドキの初対面、ママたちも初めてのママたちに緊張気味。

そして先生からのお話で実生活が変化していく事に気づかされ…と言う流れ、てなイメージ、ではないですか?



現実の入園式とは?

流れはおおよそイメージ通りだと思います。

私も上の子で経験して、おおよそ1日の流れ的な面では驚きはありませんでした。

しかし。

そのひとつひとつの流れが慌ただしくて異様に早く過ぎていきました…。

娘の幼稚園では、1年前から幼稚園独自のプレスクールがあったこともあり、

ある程度知ってるお友達がいたこと、近所のお友達もいたりしたので、

私自身も極端なドキドキ感はなかったのですがそれでも「涙の予定」だけはしていたので、

マスカラもウォータープルーフにてばっちり準備できていたのですが(笑)

入園式の流れ

そして実際に幼稚園到着すると、

クラスの発表 → 
すぐにお教室へ向かうように指示 → 
持ち物、お道具にクラス名、名前を明記 → 
アワアワしながら式典へ誘導 →
式典 → 
お教室へ戻り、諸説明 → 
写真撮影 → 
お教室にて解散

こんな流れです。

あれ? 涙じゃなくて汗が出る??

この一部始終の合間、子供たちはワチャワチャ動き回り、時にはケンカが始まり、

静かに椅子に座ってお話をみんなが聞いてるなんてことまずない…。

そう、よぉーく考えてみたらそうでしょう、だって3歳4歳ですものね。

しかも今日が初めての幼稚園…いくらプレスクール行ってたとしても。

そんなワサワサした中で、ママたちは中腰で名前やクラス名を書いたり、子供たちを追い掛け回したりで、

涙ではなく汗が出てきましたもの。

あるママ友は「入園式なんてジーンズで行きたいくらいだったよ」と経験談を話してくれたのですが、

その時にその意味がよぉーく分かりました。

まとめ

いかがでしたか?

ある意味、「夢を粉々に砕いてくれた」と言われても仕方がないことをお話してしまいましたね(笑)

しかし、入園式はそんなものですが、その後入園後には涙ポイントが結構あります!

私は娘が1学期の間の登園時に苦労した思い出があるので、

1学期は毎日頑張ってお教室に入っていく娘を見て日々泣きそうになっていました。

そう、入園式より日々の方が涙は誘います!

1日1日成長を重ねていくお子さん、これからますます楽しみですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします