1歳~3歳児 生後0ヵ月~12ヵ月

寝かしつけに苦労しているママへ。赤ちゃんが眠くなるおすすめ音楽18選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

毎日の赤ちゃんの寝かし付けってとっても大変!そう感じているママは多いはず。

いつまでもグズってなかなか寝付いてくれなかったり、目をキラキラさせて、さっぱり寝る気配のない赤ちゃん。

抱っこし続けないと眠らない赤ちゃんもいますよね。そんな赤ちゃんの睡眠導入に、音楽を使ってみるのはいかがでしょう。昔から定番の子守唄や、ヒーリング効果のある音楽、動画やCDなど、バラエティ豊かにご紹介します!



ママの子守唄が一番!定番子守唄3選

赤ちゃんは、少しの不安や恐怖があると眠ることができません。小さな赤ちゃんほど眠りに入るのが上手ではなく、眠ることもまだまだ練習中。

そんな子供の気持ちをリラックスさせ、安心感を与えるのは、『ママの声』が最も効果的です。ここでは、子守唄として昔から馴染みのある曲をご紹介します。

1.揺籃(ゆりかご)のうた

北原白秋が作詞をした日本の童謡『ゆりかごのうた』。大正10年に発表されて以来、多くの母子の間で寝かし付けに使われてきました。

一度は耳にした方も多いのではないでしょうか。短くてわかりやすい歌詞、「ねんねこ ねんねこ ねんねこよ」という単調なリズムの繰り返し、この2つが相まって耳と心に残りやすく、幼少期の思い出として刻まれているパパ・ママもいると思います。

ゆりかごに揺られながらウトウトと眠くなる赤ちゃんを、動物や木の実、お月様が見守っている様子がとても穏やかで、歌うママの気持ちもきっと癒されることでしょう。

この『ゆりかごのうた』は、2010年に結婚された沖縄出身の歌手・夏川りみさんが、ママになって初めて出したシングル曲としても有名です。胎教にも良いとされる、夏川りみさんの美しい歌声も、ぜひご覧ください。

2.シューベルトの子守唄

『シューベルトの子守唄』は、シューベルトが15歳のときに亡くなってしまった母への思いを込め、19歳で作曲した曲です。

シューベルトはオーストリアの作曲家ですが、この曲は世界的に有名で、日本には2人の作詞家が訳詞した2つの曲が存在します。

「眠れ 眠れ 母の胸に」という歌詞で始まる、訳詞:内藤濯の『シューベルトの子守唄』。

そして、「眠れ 眠れ 愛(めぐ)し緑子(わくご)」で始まる、訳詞:近藤朔風の『美(うま)し夢』。

どちらもとても有名な子守唄で、どちらかが記憶の奥深くに刻まれているママも多いことでしょう。

3.江戸の子守唄

「ねんねん ころりよ おころりよ」で始まる子守唄は、題名の通り、江戸時代から伝わる日本の伝統的な子守唄です。

歌詞の冒頭は知っているけれど、題名はわからないという方も多いかもしれません。しかし、昔、母親におんぶされながらこの歌を聞いた、テレビの一場面で子供を寝かし付ける母親が歌っているのを聞いた等

日本ではそのメロディーが多くの方の記憶に深く浸透しているはずです。

上手下手より愛情

赤ちゃんにとって、子守唄は『ママの声』であることがとても重要。上手下手は全く影響がないので、歌に自信がないママでも、気持ちを込めて優しく歌ってあげてください。

上手に歌おう、歌詞は何だっけ…と一生懸命頑張る必要はありません。歌詞がわからなければ鼻歌でも良いですし、自分なりにアレンジしても良いのです。

愛情たっぷりのママの声が赤ちゃんの心に優しく響き、穏やかな眠気を誘ってくれるはずです。そして、赤ちゃんが大きく成長したときには、きっと、子供の頃に聞いた子守唄として心に深く刻まれることでしょう。

子守唄に限らなくてOK!自由な音楽5選

一般的に子守唄として有名な曲を選ばなくてもOK。ママが好きな曲、何となく思いついた曲などでも、ママの歌声に耳を傾けて安心する赤ちゃんが多いようです。

童謡から歌謡曲まで様々!

「実際にこんな曲を歌っています!」というママたちのエピソードを集めてみました。

私の息子には何故か「大きな古時計」です。これを歌ってやると、スヤスヤと寝てくれます。

出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

おかあさんといっしょでやっている、「ドコノコノキノコ」を延々と・・・・
不思議なフレーズとテンポで眠ってくれます。

出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

唄なしじゃ寝ないくらいです。はじめは、童謡を歌っていましたが、今は娘専用の子守唄を替え歌にしてうたっていますよ。

出典: oshiete.goo.ne.jp

「アニメソング」でしたね。
子供の頃から好きだったのを片っ端から歌ってました。子守唄ぽくないのもありますが、小さな声でそれっぽく歌うとちゃんと寝たり。

出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

夜泣きしていた娘を落ち着かすためにダンナは「水戸黄門」を唄ってました。不思議と泣きやんでたんですよ、これが。(笑)

出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

我が子に合った子守唄を!

「歌を歌いながらトントンと背中をたたいてあげると寝つきが良いみたい…」反対に「トントンすると嫌がって寝てくれない…。」「童謡が好き。」「歌謡曲が好き!」「ママが楽しそうに歌っている表情をじーっと見ながら目がトロトロに…」

子守唄のエピソードには、家庭によって本当に様々。音楽の内容だけでなく、環境や歌う人がパパかママかでも寝付き方は違うようです。

一概に、静かな曲やゆったりした曲が良いとも言えないのかもしれません。我が子がなかなか寝てくれないというママは、子守唄のジャンルを180度変えてみるのも良いかもしれませんね!



睡眠を誘うと話題の音楽動画3選

布団に入る前には、眠気を誘う音楽を聞かせて赤ちゃんの心を穏やかにさせることも効果的。「寝る時間だよ」と意識づけるためにも、毎日決まった時間に決まった音楽を流してあげると良いでしょう。

ここでは、YOU TUBEで人気の高い、赤ちゃん向けの睡眠音楽動画をご紹介します。

1.シタールとピアノの睡眠音楽

北インド発祥の弦楽器シタールと、ピアノのシンプルで優しい音、途中に入るあくびの音が、赤ちゃんを眠りの世界へいざないます。

赤ちゃんとって、様々な楽器が使われた複雑な曲は聴覚や脳に強すぎる刺激を与えてしまいます。簡単で単純な曲の方がすんなりと心に響くため、このような音楽は睡眠導入にぴったりです。

2.オルゴールと心地良い水の音

川のせせらぎ音には、心をリラックスさせるヒーリング効果があります。

「水はすべての命の源である」とも言われるように、水の音を聞くことで自然とストレスが和らぎ、心が癒されるものですよね。

特に赤ちゃんの場合、ママのお腹の中にいたときの羊水の音と重なり、安心感に包まれて眠りやすい状況を作ることができるかもしれません。

3.定番『ゆりかごのうた』をオルゴールで

赤ちゃんの子守唄としては定番中の定番ともいえる『ゆりかごのうた』。ゆったりとしたリズムで優しく赤ちゃんの心を包み込む素敵な音楽です。

オルゴールの音には、自律神経を整えたり、全身の血行を促し体を温める効果があります。(※1)睡眠導入とともに、浅い眠りが多い赤ちゃんでも、しっかり眠ることのできる脳や心の状態を作ると言えそうです。

睡眠導入用のおすすめCD2選

旅行先や車の中にも持ち運びやすく、1枚あると重宝するCD。寝る前の授乳中に流してあげると、すんなりと眠りに付けるような気持ちの安定感を生み出せそうです。

1.スリーピング・ベイビー~おやすみ赤ちゃん~


¥ 1,404
アマゾンボタン

オルゴール音のリラクゼーション効果をさらに高めるために、a波のゆらぎ信号が入ったCDです。

クラシック、子守唄、ディズニーやジブリなど、馴染みのある曲ばかりですが、すべての曲がゆったりとしたテンポにアレンジされています。赤ちゃんがスムーズに睡眠に入れるのはもちろん、育児で気持ちに疲れを感じやすいママの心も穏やかにしてくれる、そんな素敵なCDです。

a波のゆらぎ信号とは?

人の脳が、どのような状態にあるかを数値で表す『脳波』。心と体にストレスを感じず、リラックスしている状態のときに出るのが『a波』です。

『1/fゆらぎ』とよばれる「一定の周波数や振動」を含む音楽には、脳から自然とa波が出るように導く効果があります。テンポや音程などを調節し、a波が出るよう1/fゆらぎを含ませた音楽、それが上記のようなヒーリング音楽なのです。

2.よいこのおやすみCD


¥ 1,891
アマゾンボタン

ハープやストリングス(弦楽器の総称)の柔らかく温かみのある優しい音で作られた音楽が7曲収録されています。

赤ちゃんと関わりの深い保育士や小児科医が携わり、赤ちゃんの眠りを誘うように構成された音楽が、赤ちゃんの心を癒しながら、徐々に眠りの世界へと導きます。

ハープにある癒し効果

ハープには、感情を落ち着かせ心を癒す効果があると言われます。ハープは世界最古の楽器ではないかとも言われるほど、古い歴史を持つ楽器です。

昔からヒーリングや魔除けとして使われてきたハープですが、現代では『ハープ・セラピー』と呼ばれる音楽療法にも用いられ、心拍数や呼吸数を落ち着かせたり、催眠効果があることも実証されています。

赤ちゃんの気持ちが落ち着く魔法の音5選

赤ちゃんの心を落ち着かせることができるのは、曲だけではありません。『音』もまた、赤ちゃんにとっては素敵な音楽になります。

赤ちゃんにとっての安心感。それは、ママのお腹の中にいたときに聞いていた音。赤ちゃんは、お腹の中でどのような音を聞いて過ごしていたのでしょう。

ママの声・ママの音

産まれる前の赤ちゃんが、最もよく聞いている音と言えば、ママの声。そしてママの音です。

心臓の音、血流の音、羊水の音。腸が動く音や脈の音。それらの音に対し、赤ちゃんは一番の安らぎを感じます。そのため、『曲』にこだわらずとも、実際にママが赤ちゃんを抱きしめながら、優しい歌声で子守唄を歌ってあげるのが、最も眠りを誘うとも言われます。ママの声によるママの歌声は『魔法の音楽』なのかもしれませんね。

胎内音に似ている4つの音

赤ちゃんが安心として、胎内音に似ている次の音が代表的です。

・ビニール袋のカサカサ音
・テレビの砂嵐音
・ドライヤーの音
・掃除機の音
・新聞紙のカサカサ音

これらの音が赤ちゃんを落ち着かせたいときに効果がある!というママもいます。寝るときにドライヤーや掃除機で音を出すわけにはいかないので、予め録音しておき、小さな音で聞かせてみるのも良いかもしれませんね。

胎内音を表した動画やCD、ぬいぐるみも!

赤ちゃんが最も安らぐと言われる『胎内音』を集めてみました。

胎内音動画

外の世界に臆病になっている赤ちゃんを、胎内にいたときの音で優しく包み込んでくれます。一緒に聞いているママも、懐かしいような気持ちになり、ついウトウトと一緒に寝入ってしまいそう。

ママの心音CDブック

赤ちゃんが胎内で聞いていたママの心臓の拍動音。その音が、なぜ生まれた後をも赤ちゃんを癒してくれるのかを分かりやすく解説した本です。

付録の心音CDは、3000人ものママの心拍数や周波数を分析したうえで作られたもの。とても高いリラックス効果に、多くのママが感銘を受けています。


¥ 1,440
アマゾンボタン

デュズニーいっしょにねんね すやすやメロディ

可愛いぬいぐるみに、赤ちゃんを癒す胎内音や子守唄、鳥のさえずり等の音楽が収録されています。

寝る前にはゆったり、日中の遊ぶ時間には通常と、2種類のテンポで楽しむことができます。このぬいぐるみを、産後の赤ちゃんの枕元に置いて活用している産院もあります。


¥ 3,054
アマゾンボタン

寝かせるときは母子共に穏やかな気持ちで…

赤ちゃんがなかなか眠ってくれないと、ついイライラしてしまうママも多いと思います。早く眠らせるために音楽を取り入れるのではなく、リラックスするために、そう考えてみてください。

コミュニケーションタイム

子守唄を歌って赤ちゃんをどうにかして早く寝かせたい、そう考えると、歌にもその気持ちが表れてしまいます。

赤ちゃんは、歌ってくれるママの声だけでなく、表情をもよく見ています。CDを使うときも同じ。隣にいるママがどんな気持ちでいるのかを、赤ちゃんはしっかり感じています。

一緒に布団に入る時間は、親子の大切なコミュニケーションタイム。赤ちゃんを寝かせるためだけでなく、ママが穏やかになれるような音楽を取り入れましょう。気持ちが癒されママが先に眠ってしまったとしたら、赤ちゃんはより安心してすんなりと眠りにつくことができるかもしれません。

参考:※1“赤ちゃんの夜泣きとオルゴール健康法”「日本オルゴール療法研究所」(2017/2/30アクセス)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします