女性の健康

お尻の冷えの原因と対策!お尻の冷えで引き起こされる症状とは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

小学館女性インサイト研究所(※1)の調査によると、82.5%の女性が自分は冷え性だと自覚しています。

女性は男性に比べると、ホルモンや筋肉量、身体の構造そのものが冷えやすい体質になっているといわれておりますが、その中でも”お尻”は特に冷えやすいと言われているのをご存知ですか?

さらにお尻の冷えをそのままにしておくと、婦人科系の病気につながってしまうこともあるのです。。。そこで今回はお尻の冷えの原因と、お尻の冷えが及ぼす影響、4つのお尻の冷え対策をまとめてみました。



お尻の冷えの正体

お尻が冷たいというのは、冷え症の症状の一つです。

お尻は筋肉だけではなく、脂肪もあるため温かいと思われるかもしれませんが、実は身体の中でも冷えやすい場所です。

女性は男性に比べると、皮下脂肪が多いため、お尻が冷えやすいといわれています。脂肪は冷えやすく、温まりにくいといった性質があるため、お尻は一度冷えてしまうとなかなか温まりにくいと考えられています。

お尻の冷えの原因

お尻は普段から体重によって圧迫されていて、意識して動かすということも少ないもの。お尻が冷えてしまうのは以下の様なことが考えられます。

①筋肉量よりも脂肪量が多い

お尻の皮膚のすぐ下は脂肪が蓄積されやすい(皮下脂肪)場所でもあります。日常生活でお尻を動かすことがないと、脂肪がドンドンついてきて冷えてしまいます。

②血のめぐりが悪い

立ちっぱなしだったり、デスクワークなどで長い時間座りっぱなしだったと同じ姿勢を取り続けていると、骨盤内がうっ血しやすくなり、血行が悪くなってしまいます。

③お尻の筋肉が硬い

お尻の周りには梨状筋(りじょうきん)という筋肉があって、そこが硬くなってしまうとお尻の下にある坐骨神経(ざこつしんけい)を圧迫。その結果、血のめぐりが悪くなってお尻だけではなく、下半身が冷えやすくなってしまいます。

④肌の露出度の高い下着

Tバックやローライズといった肌の露出度が高い下着を身に付けていると、お尻は冷えやすくなってしまいます。

子宮とお尻の関係

東洋医学では「冷え性は万病の元」といわれ、身体が冷えることで様々な影響をもたらすとされています。

身体の様々な器官の中でも、女性に備わっている子宮は、膀胱などの排泄臓器の近くにあって、膣によって外部につながっているため、冷えやすい作りになっています。

この子宮が冷えると、血のめぐりが悪くなるだけではなく、老廃物が溜まり、女性ホルモンの分泌にも影響し、身体の不調や病気にもつながってしまいます。子宮の近くにあるお尻が冷たいままだと、骨盤内の血流を悪化させて、子宮を冷やすことにもなります。

お尻が冷えてしまうことで引き起こされる症状

お尻のヒップラインは気になるけれど、お尻の冷たさは気にしていないという方も多いはず。お尻の冷えをそのままにしておくと、以下の様な症状を引き起こしてしまう可能性があるといわれています。

    ・太りやすくなる
    ・下痢
    ・生理痛
    ・生理不順
    ・不妊症
    ・肌荒れ
    ・頭痛
    ・膀胱炎
    ・倦怠感
    ・むくみ
    ・めまい
    ・ほてり
    ・肩コリ
    ・腰痛
    ・動悸
    ・息切れ
    ・自律神経の乱れ


お尻の冷えを防ぐための4つの対策

お尻の冷えを防ぐためには、日常生活にちょっとしたことを取り入れるだけでOK!お尻を冷やさないようにするための4つの対策をご紹介します。

1、外からの冷えを防ぐ

薄着は身体を冷やすことにつながるので、温かい恰好をするようにしましょう。

また、高すぎるヒールなどは血管を圧迫し、身体を冷やす原因にもなるので、長時間履き続けないようにしましょう。お尻のちょうど真ん中辺りにある仙骨部分をカイロなどで温めるのもおすすめです。

2、温かいものを食べる

アイスクリームや冷たい飲み物はなるべく避け、温かい食べ物を食べたり、飲み物はなるべく常温で飲むようにしましょう。しょうがや唐辛子など身体を温める効果のあるスパイスを上手に取り入れてもいいですね。

3、下半身を温める

オシャレがしたいとはいえ、冷え症を防ぐためには、下半身を冷やすようなミニスカートなどはあまりおすすめできません。“第二の心臓”とも呼ばれている足を温めるための「足湯」もおすすめ!お風呂はシャワーだけで済ませずに、きちんと湯船につかるようにしましょう。

4、適度な運動やマッサージをする

ウォーキングや10~30センチほどの高さの踏み台を昇り降りする「踏み台昇降運動」もお尻の冷えには効果的です。運動をする時は、お尻や太ももを意識して行うようにしましょう。お尻だけではなく、足や太ももをマッサージするのもおすすめです。あまりにもハードな運動だと逆にお尻の筋肉を硬くしてしまい、冷えにつながってしまうので注意が必要です。

冷えないお尻を目指して

たかが“お尻の冷え”とあなどることなかれ!お尻の冷えは、身体のあらゆる不調や婦人科系の病気を誘発したりするだけではなく、ダイエットにも悪影響を及ぼす女性にとっては決して嬉しくないもの。

手足の冷えに対しては何らかの対策をしていても、お尻の冷えに関しては何もケアしていない人も多いかもしれません。お尻の冷えを防ぐための対策をまずは出来ることから始めてみましょう。

※参考

※1、女性の冷えについての調査|小学館女性インサイト研究所(2017/2/2アクセス)


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします