美容・健康

30代とは違う!40代になって衰えたなぁと感じる5つの瞬間

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。現在4歳の年中さんの娘と、1歳8か月のやんちゃな息子をもつママライターです。

前期アラフォーからジャストフォーティとなり、ついにとうとう後期アラフォーとなり久しいこの頃、

衰えを感じない方がある意味おかしい!と思ってしまったり…。

実際に、30代と40代でどう衰えが違うと感じますか?



衰えを感じる事、感じる時って?

体力の持続時間

今までだったら「朝から夕方まで予定びっちりでも晩御飯の準備まで辛うじて頑張れる」だったのが、

「朝から外出だと帰ったら…チーンって感じ。晩御飯?お弁当でも買って帰ろ」となり、

体力が夜まで持続できなくなって来たり。

脂っこいものが胃もたれの原因に

今までは遅い時間帯に少しくらい脂っこいものを食べても翌日響くようなこと、なかったのに

この頃は夜寝る前に少しスナック菓子をつまんだだけでも翌朝胃がムカつくような…

認めたくないけど、やはりこってりしたもの、フライものがキツくなってきたような。

化粧ノリ

日々の化粧ノリそのものは正直、さほど大きくは差がないのかもしれません。

しかし例えばフェイシャルエステをした翌日の化粧ノリときたらビックリするほど違うと感じたりして。

ちなみに、エステ直後の自分の顔のみずみずしさ、白さが今まで気付かなかったくらい差がある…

これってやはり、肌の衰えによりエステの効果を見事に引き出してるってことですよね??



記憶力

これは30代突入の頃くらいからでしょうか…比較的多く感じる方が多いようです、が。

40代に入るとますますひどくなり、

「この話、誰にしたんだっけ?」

「この話、誰から聞いたんだっけ?」

「あの芸能人の名前…えーっと何て言うんだっけ」がドッカーンと増えてきます。

悲しいったらないこと、極まりないです。

同じ世代のお友達との会話も、

「あれ、あれよね」「そうそう、あれあれ…なんだっけ」

こう言ったものが妙に増え、お友達同士でも「あれ、それ」で会話が成り立つようになっていきます。

衰えた脳でも友情だけは深まっていく…数少ない、衰えを理由にしたプラス面でもあります(笑)

若いママ友たちとのギャップ

同じ年の子供がいても、ママの年齢は幅広いものです。

しかも近頃は高齢出産のママも多いので、

ママ同士でも「下手したらあのママは自分の子供くらいじゃない?!」と言うケースも少なくありません。

それでも子供の同級生のママ、仲良くしていく必要があります。

普段の学校などでの子供たちの生活や行事に関しての会話のみであれば

さほどギャップを感じることも多くはないでしょうが、

もう少し踏み込んでママ同士もお友達になった時、

ジェネレーションギャップ的な感覚を覚える事もあるかもしれません。

近頃はもうみんな開き直って年齢も公表してしまうママが多かったり、

年齢を逆手にして笑い飛ばしてしまうようなママも多くいるので深刻になる必要はありません!

私もそんな1人です。

もう年齢をバラしてしまった方が逆に気持ちもスッキリするかもしれないですよ。

あ、もちろん、公表したくない方は無理にお話する必要はないのでご心配なく。

年齢なんてただの人間があみだした番号なだけだよ

「年齢なんてただの人間があみだした番号なだけだよ」ってお話してくれた知人がいました。

同時に「どれだけ色んな事に興味を示して気持ちを若くいられるか、それが一番大切なことだよ」とも。

確かにその通りかもしれませんね。

誰もが必ず歳をとる

年齢を重ねる事は仕方がないこと、無条件に誰もそうなのです。

衰えたことばかりを考えるのではなく、いかにこれから自分を若く保っていけるかが重要なのです。

外見からでもいいと思いますし、何か趣味をもつことでもいいと思います。

自分が無理なく楽しめる何かを見つけることによって、若さって変わってくるのかもしれません。

「年齢」なんて番号に負けないで、若くいられる方法を探してみましょう!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします