1歳~3歳児 ベビー用品 生後0ヵ月~12ヵ月

プレゼントにもOKなハンドメイドベビー小物レシピ7選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

赤ちゃんの可愛いグッズを自分の手で作りたい!

そんなママのために、簡単に出来るベビー小物の作り方をご紹介します。ママの手作りグッズは、赤ちゃんに愛情が伝わるだけでなく、思い出の品として大切に心に刻まれます。

また、素材選びから作る工程の全てを自分の手で行うため、アレンジを楽しむ等でお気に入りの小物に仕上げることができます。贈り物にしても喜ばれる素敵な小物作り、楽しんでくださいね!



①ベビースタイ

赤ちゃんのシンボルとも言える可愛らしいスタイ。手作り初心者のママでも簡単に作ることができます!

生後5カ月からの使用が多数!

よだれはまったく出ない赤ちゃんもいますが、早い場合は2~3カ月頃からなど個人差があります。一般的には5カ月頃から増え始める赤ちゃんが多いようです。

しかし、スタイを付けている赤ちゃんの姿はとっても可愛らしく、必要性に関係なく、おしゃれの一環としてスタイを付けたい!と考えるママもいますよね。マタニティ期間や赤ちゃんが新生児の頃に作っておくと重宝します。

形は様々♪使う布次第でオシャレにも!

スタイと言っても、丸い卵型やバンダナ型、大きめ小さめ、マジックテープで留めるタイプや紐で結ぶタイプなど様々あります。

どれも工程は難しくありません。手縫いでも短時間で仕上げることができるので、布を変えて色々なスタイ作りを楽しんでくださいね。

スタイの基本的な作り方

  • 1型紙に合わせて布を裁断する。
  • 2 中表に合わせてぐるりと縫い合わせる。(返し口は残して!)
  • 3 返し口からひっくり返し、周囲をぐるりと縫う。
  • 4 マジックテープやスナップボタンを付けて完成!

型紙・作り方サイト

◆きづクイーンとてづくり

http://ams-kizuqueen.blog.eonet.jp/tedukuri/cat3471132/index.html

3種類のスタイの型紙を無料ダウンロードできます。

◆CHIKUCHIKU HAPPY BLOG

http://chikuchikuhappy.seesaa.net/article/88245135.html

バンダナ型のスタイ型紙を無料ダウンロードできます。

◆無料型紙の赤ちゃん小物:福ぷく

http://ameblo.jp/fkupku/day-20100802.html

型紙なしで作れる簡単三角スタイの作り方が紹介されています。

②ブランケット(おくるみ)

お昼寝のときにかけてあげたり、外出時におくるみとして包んだり、寒い日にはベビーカーでの外出時にも大活躍のブランケット。少し大きめですが、縫うときは直線だけなので難しくありません!

四角く縫うだけ!季節に応じた布を選んで!

ブランケットは使う生地によって、風合いも肌触りも、そして温かさも異なります。夏にはダブルガーゼのような通気性の良い素材で、冬にはボア素材や起毛素材が良いでしょう。作り方はどれも同じですので、参考にしてくださいね。

ブランケットの基本的な作り方

  • 1布を裁断する。一般的な大きさは90cm×90cmの正方形(+縫い代3cm)
  • 2 中表に合わせて3辺を縫う。
  • 3 残した1辺から表に返す。
  • 4アイロンで形を整え、4辺をぐるりと縫う。

作り方サイト

◆ぎんがむちっく

http://ginghamtic.com/howto/post_9525.html

上記でご紹介した基本の作り方が、写真付きで紹介されています。

◆☆北の国から☆青森生まれが長崎に来たよ!

http://ameblo.jp/motomi-nagasaki/entry-11268328916.html

周囲をバイアスで包む作り方が紹介されています。

◆子育ては楽しい.com
http://子育ては楽しい.com/archives/7856
バスタオルを使って作るおくるみの作り方が紹介されています。

◆nunocoto
http://www.nunocoto.com/?mode=cate&cbid=1666476&csid=0

ふわふわ温かい4重ガーゼのキッドが販売されているサイトです。

③レッグウォーマー

冬は赤ちゃんの足元をしっかり温めてくれるレッグウォーマー。夏は、冷房対策だけでなく、ずり這いやハイハイの膝摩れ対策や、ベビーカーでの紫外線対策としても活躍します。

大人服をリメイクすると簡単!

レッグウォーマーは伸びの良い生地を使うのが基本です。手作り初心者のママにとって、伸びの良い生地をミシンで縫うのは至難の業。

でも、大人服を活用すれば縫う部分も少なく、とっても簡単に仕上げることができます。ママやパパの靴下や、着なくなった洋服の袖を活用すると経済的にも嬉しいですね。

布から作る本格的なレッグウォーマーであれば、プレゼントにしても喜ばれます。

    【基本の作り方(リメイク)】

  • 1 使えそうな服の袖やスパッツ、ハイソックスなどを赤ちゃんの足の長さに合わせてカットする。
  • 2 切り口を3つ折りにして縫う。

工程はたったの2つ。もともと柄が入った布はそのままでも可愛らしいですし、無地を使った場合はアップリケやレースを付けてあげても良いですね。

作り方サイト

◆おしゃママとゆかいな*nakamatachi*
http://nakamatachi.jugem.jp/?cid=31

スパッツを活用したレッグウォーマーの作り方が紹介されています。

◆アトリエ
http://atelier.woman.excite.co.jp/creation/51475.html

大人の靴下をリメイク!足首下部分をリブに使うレシピです。

◆キッズ雑貨ハンドメイド
http://ハンドメイド.seesaa.net/article/380212686.html
布から作る本格的なレッグウォーマーが紹介されています。キッズ・ベビー・大人用それぞれの大きさが明記されています。

にぎにぎ

『にぎにぎ』とは、赤ちゃんが手に持って遊ぶおもちゃのこと。素材や色柄、形などが様々で、月齢の小さな赤ちゃんから使うことができます。赤ちゃんが手に持てる程度の小さなおもちゃですので、手縫いでパパッと仕上げてしまいましょう!

好きな素材・形で自由に作れます!

コットンやガーゼ生地、古着の一部を使うなど、どのような素材でも作ることができます。赤ちゃんが口に入れても安心な素材、洗濯できる素材を選んであげましょう。

また、ドーナツ型や棒型だけでなく、好きな形で自由に作ることができます。色々な形で楽しみながら作りましょうね。

    【基本の作り方】

  • 1 作りたい大きさ、形の型紙を用意し、縫い代1cmくらいを足して裁断する。
  • 2 3~5cmくらいの返し口を残し、出来上がり線に合わせて中表に縫う。
  • 3中に綿を詰め、返し口を縫い合わせたら出来上がり!

音が鳴ると、より楽しい!

綿と一緒に、音がなる素材を入れるのもおすすめです。赤ちゃんが振ったときや握ったときに、視覚や触覚だけでなく、聴覚も刺激して、脳の発達も促します。

●プラ鈴…手芸店で手に入ります。

¥ 145
アマゾンボタン

●鳴き笛(押し笛)…手芸店で手に入ります。

¥ 233
アマゾンボタン

作り方サイト

◆マイペースにマイピース
http://blogs.yahoo.co.jp/sweethome1130y/22789119.html

ぞう、うさぎ、とり、くまの4種類のにぎにぎが紹介されています。

◆BLUE THROB

http://bluet.seesaa.net/article/170933327.html

猫の棒ニギニギとドーナツ型にぎにぎの型紙・作り方を無料ダウンロードできます。

◆nunocoto

http://www.nunocoto.com/?mode=cate&cbid=1666475&csid=0&_ga=1.166066877.2090286929.1485388949

素敵な動物型をしたにぎにぎのキットを販売されています。きれいに仕上げるコツや、作り方動画も紹介されています。

④マルチクリップ

おもちゃとベビーカーを繋げたり、ハンカチをスタイ代わりに使ったり、帽子を落とさないよう襟首に繋げたりするのに役立つマルチクリップ。購入すると1本800円~1000円するものが、部品さえあれば、自分の手で作ることができますよ!

まずは部品を用意しましょう。

マルチクリップに必要な部品は、『ワンタッチクリップ』『フィッシュクリップ』と呼ばれるものです。1つのマルチクリップに対し2つ必要ですので、用意してください。手芸店や、事務用品を扱うお店などで購入することができます。


¥ 650
アマゾンボタン

    【基本の作り方】

  • 1 約20cmくらいの布を用意。幅は用意したクリップの布差し込み口に合わせる。(注意1)
  • 2 クリップの差し込み口に用意した布を差し込み、クリップが落ちないように布端をしっかりと縫い付ける。
  • 3同じ要領でもう片側も縫ったら出来上がり。

(注意1)布の選び方

コットンをアイロンで織り、ミシンで縫って作る方法もありますが、仕上がりが細ければミシンで縫うのが大変!と感じるママもいると思います。

そのような場合は、クリップの幅に合わせた綾テープやチロリアンテープを使うと簡単です。チロリアンテープは色々な柄があり、ベビー小物らしい華やかさも楽しむことができます。

ミシンで縫うことのできるママは、長さを40cmにして、中に20cmの平ゴムを通せば、伸び縮みするマルチクリップになります。


¥ 640
アマゾンボタン

作り方サイト

◆アトリエ

http://atelier.woman.excite.co.jp/creation/9539.html

ゴムを入れるタイプのマルチクリップです。作り方が丁寧に紹介されています。

◆mano creare

http://staffblog.okadaya.co.jp

長さ調節できるマルチクリップの作り方が紹介されています。

◆ハンドフル

http://www.handful.jp/curation/2033

サスペンダーの金具を利用したマルチクリップの作り方が紹介されています。

⑤汗取りパッド

汗っかきな赤ちゃん。たくさん汗をかく新生児の頃に、寝ている間に背中に入れてあげると汗疹を予防できます。動きが活発になってからは、汗取りパッドを入れるだけで肌着の取り換えが必要なくなり、暑い夏でも、快適な毎日を過ごすことができます。

タオルやガーゼ生地がおすすめ!

赤ちゃんの肌に直接触れるものなので、素材にはこだわりたいですね。通気性が良く柔らかいガーゼ生地や、吸水性の高いタオルがおすすめです。

    【基本の作り方】

  • 1 型紙を用意し、1cmの縫い代を足して布を裁断する。
  • 2 3~5cmくらいの返し口を残し、出来上がり線に合わせて中表に縫う。
  • 3 角を切り落とし、凹み部分の角には切り込みを入れる。
  • 4 返し口から表に返し、アイロンで整えてから周囲を一周ぐるりと縫ったら完成!

首元からちらりと覗く部分の布はコットンでもOK!選ぶ柄次第で、セーラーカラーのおしゃれな洋服にも見えて、とっても可愛らしくなります!

作り方サイト

◆後悔したくないママのための子育て充実サイト
http://happy-ikuji.net/?p=998

出来上がりサイズの型紙が無料でダウンロードできます。

◆ラ・スーラ
http://la-suila.jp/?pid=47068674

Sサイズ・Mサイズの型紙と作り方説明書を無料ダウンロードできます。プリンターがない方等は購入することもできます。丸みを帯びたデザインの汗取りパッドです。

◆M serendipity
http://mserendipity.com/framepad.html

無料でダウンロードできる型紙と、とても丁寧な作り方が参考になります。

⑥ガーゼハンカチ

様々なシーンで大活躍するガーゼンハンカチは、手作りで簡単に作ることができます。気軽な贈り物としても最適です。

10枚くらい欲しい!

柔らかなガーゼンハンカチは使用頻度がとても高いベビー小物。毎日頻繁に洗濯するため、10枚くらいは用意してあげたいですね。洗濯を重ねる毎に柔らかさが増すガーゼ。毎日の赤ちゃんとの生活にどんどん取り入れて使ってくださいね!

【こんな場面で大活躍!】

・口元や手を拭くときに
・沐浴時に使用
・クリップで留めてスタイ代わりに
・生え始めの歯を拭いてあげるときに
・授乳後の吐き戻しに対応するためママの肩に乗せて

    【基本の作り方】

  • 1 20cm四方にカットしたダブルガーゼを2枚用意する。
  • 2 中表に合わせ、返し口5cmくらいを残して、端から1cmのところをぐるりと縫う。
  • 3 角を切り落とし、アイロンで縫い代を折ってから表に返す。
  • 4 再びアイロンで整えてから周囲を一周ぐるりと縫ったら完成!

タグを挟んだり、刺繍を施すとより可愛らしくなります。大きさは使いやすく変えてもOK。3重ガーゼや4重ガーゼを使うと、よりふっくらとしたハンカチになります。

作り方サイト

◆後悔したくないママのための子育て充実サイト
http://happy-ikuji.net/?p=828

基本的な作り方が写真付きで詳しく紹介されています。
◆picomamaのつれづれハンドメイド
http://plaza.rakuten.co.jp/picomama/diary/201301250000/

きれいに仕上げるためのコツが詳しく紹介されています。

◆無料型紙工房ことろ

http://www.cotoro.net/archives/65546153.html

色々なサイズの型紙をダウンロードすることができます。作り方も詳しく紹介されています。

⑦母子手帳ケース

妊娠がわかってから、赤ちゃんが成長するまでずっと使う母子手帳。

頻繁に使う間はもちろん、子供が成長するまで大切に保管しておきたい母子手帳を入れるケースも、可愛いものだと嬉しいですよね。愛情たっぷりの母子手帳ケースを、少し時間をかけてゆっくり作ってみませんか?

一生の時間?

    【基本の作り方】

  • 1 型紙を用意し、布を裁断する。
  • 2 カードポケットなどの入れ口を縫う。
  • 3 本体布とポケット布をすべて重ね、周囲をミシンで縫い固定する。
  • 4 パイピングで周囲を包み、ボタンなどの留め具を付けたら完成!

一番簡単なのは周囲をパイピングで囲む作り方ですが、手作りが得意なママはファスナーにすると利便性もありおすすめです。

ポケットの数やジャバラタイプなど様々なタイプがありますので、好みに合わせて作ってみてくださいね。

作り方サイト

◆あかり堂
http://acaridou.blog25.fc2.com/blog-entry-52.html#more

周囲をファスナーで囲むタイプの母子手帳ケース。型紙も無料でダウンロードできます。

◆アラサーとアラフォーのはざまで
http://handmademamachan.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

シンプルなパイピングタイプの作り方を、とても分かりやすく丁寧に紹介されています。

◆MM-KIT
http://mm-kit.com/

ふっくら綿入り母子手帳ケースのキットを販売されています。糸以外の材料がすべて揃うので、手作り初心者ママでも安心です。

初心者ママのために…失敗しないコツをご紹介!

ベビー小物はどれも小さく、少ない材料で仕上げることができます。まずは簡単なものから取り組んでみてくださいね。手作り初心者ママのために、失敗しないコツをご紹介します。

失敗しない5つのコツ

1.アイロンがけを丁寧に

布小物をきれいに仕上げるためには、アイロンが欠かせません。最初に布のシワを取るためだけでなく、縫い目を折ったり、表に返したときに整えたり、その都度丁寧にアイロンをかけてください。

2.扱いやすいのは伸縮性の低い布

ガーゼやコットンは伸縮性が低く、ミシンで縫っても伸びてしまう心配がありません。最初から難易度の高いニット地は避けた方が無難です。

3.四角いものから徐々にレベルアップ!

ご紹介したガーゼハンカチが最も簡単。次に、作り方は同じでサイズが大きくなるだけのブランケット。四角いものを最初に作ると失敗が少なく、次の作品への意欲にもつながります。慣れてから、徐々に難易度を上げていきましょうね。

4.急がずゆっくり丁寧に

焦りは失敗の原因です。必要な工程を抜かしてしまったり、雑な縫い目になると仕上がりもそれなりの物になってしまいます。時間に余裕を持って取り組みましょう。

5.キットが手軽で便利!

初心者の場合は、キットを使うと便利です。必要な材料が揃っており、丁寧な解説書も付いています。ネットで購入すると、途中でわからなくなった…という困りごとにもメール等で対応してくれるサイトがたくさんあります。

贈り物はラッピングにもこだわりたい!

上手にできたら、お友達ママや赤ちゃんにプレゼントすると喜ばれます。気軽な贈り物として、可愛らしくラッピングしてあげたいですね!

透明OPP袋

OPP袋に入れるだけで、まるで市販品のような贈り物になります。一緒にカードを入れたり、シールを貼ったり、リボンやタイで結ぶなど、アイディア次第で素敵なラッピングを楽しめます。

クラフト無地紙袋

クラフト紙でできた無地の紙袋は、華やかさがなく贈り物には…と思われるかもしれませんが、アレンジするのに最適!ハンコを押したり、レースや布を縫い付けることができます。

作ったベビー小物に使った生地のはぎれを少し縫い付けたり、両面テープで貼り付けることで、中身とマッチした素敵なラッピングになります!


¥ 615
アマゾンボタン

いかがでしたか?手作りにかける時間は、なかなか作ることができないママもいるかもしれません。

しかし、すきま時間を上手に活用して作るベビー小物は、赤ちゃんにとってもママにとっても、大きな思い出の品になることは間違いありません。ひと針ひと針愛情を込めて、ゆっくりと素敵なベビー小物を作ってあげてくださいね!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします