1歳~3歳児 子供の健康・食事

3歳児の便秘が酷いなら病院がおススメ!分かりづらいけど重症のケースもある幼児の便秘

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。現在4歳年中さんの娘と、1歳8か月の息子をもつママライターです。

お子さんが体調がよくないと、ママとても心配になりますよね。

まだ正確に症状を伝えられない年齢だとなおさら。

「本当は想像以上に辛いんじゃないかな…」と思ってしまったり。

今回は、状況が非常に分かりづらい「子供の便秘」について、わが娘の体験談を交えながらお話していきましょう。



毎日の排便の様子を確認しましょう

まだ年齢的にも、うんちをした後は自分で上手にお尻を拭けないお子さんも多いかと思います。

であればむしろ好都合。

お尻を拭いてあげる時に少し注意して確認してほしい事があります。

注意すべき点とは?

・排便時にいきんでないか

・排便に相当の時間がかかっていないか

・便の形状が固いコロコロではないか

・排便時に痛がってないか

・お尻を拭くときに血が出ていないか

以上の事をよく気を付けて見てあげてください。

気になる点がいくつもあるようでしたら、一度小児科に相談するといいでしょう。

基本的には、子供の便秘に関しては小児科医が診てくれます。

また、以上の症状が見られなくとも、

何日も便通がない、毎日便通があっても出る量が非常に少ない場合、

便秘の可能性が高いので早めに相談してみるといいと思います。

ママも気付かない間に「便秘」に?!

我が家の娘の体験談を少しお話しますね。

娘が幼稚園に入園する半年ほど前、滅多に出さない熱を出し、しかも見たことがないほどの不機嫌。

何かに憑りつかれているようなくらいの、少し怖いくらいの暴れっぷりで、

夜間の緊急外来に連れて行ったのですが、ただの風邪ではないか、と言うことに…。

どうもおかしいと思ったので、翌朝かかりつけの小児科に連れて行くと、

「脱水の初期かもしれないので紹介状書くから(総合病院へ)」と言われ、そのまま総合病院へ行くと…まさかの結果。

便秘で病院に連れて行った時のエピソード

私たちはそもそも、熱が原因で脱水になったと思われるために総合病院に行ったのですが、「不機嫌な理由」に焦点を絞られ、先生は一言。

「お子さん、便は出てますか?」

そこからレントゲン撮影、触診、結果、

「私たちも今までに見たことがないくらいに便が体内に詰まっています」と。

こちらとしてみれば、熱で苦しくて不機嫌になっていると思っていたのでびっくりでした。

確かに、思えば小さい頃から、カーテンに隠れてしばらくきばっている姿が思い出されたり、

出したいのに出なくて泣きながら数時間頑張っていることもありました。

でもちゃんと便は出ていたので問題ないと勝手に判断してしまって…それがいけなかったのだと思います。

そうではなかったのです。

便はある程度スムーズに、苦しい思いをしないでちゃんとほどよい柔らかさのものが出るのが理想的なはず。

そこから幾つかの外れている点があれば、その時点で便秘を疑う必要があったのです。

娘の場合は、風邪から体調不良になり、水分をとる事も拒否したことにより脱水状態になったのです。

それではもちろん、排便にも影響が出ます、そして苦しいから不機嫌になっていたのでしょう。



治療はどのような感じ?

診察の流れ

まずはレントゲンと肛門からの触診、これで状況を把握します。

そして浣腸である程度の便を診察中に排出して、薬を処方されるのですが、便秘の治療は根気がいります。

娘は1年間、月に1度の通院で卒業できましたが、2~3年かかるケースもあるようです。

治療の流れ

薬は、最初の数日間は自宅での「浣腸」、

そして「下剤」と「酸化マグネシウム、整腸剤の混合薬」となります。

下剤と混合薬はその後の通院の都度、医師の判断で量が減らされて行き、

最終的には薬がなくても出るようになれば卒業、と言うことになるのです。

ポイントは排便日誌!

また、薬と同時に、「排便日誌」を付けるように言われました。

便の形状、回数、食事内容、水分内容などを簡単に記したものです。

それを次回の通院の時に医師に見せて話をしていったのですが、

医師からすれば食生活も分かるので、必要に応じて指導も出来るわけです。

親としては面倒な作業ですが、お子さんのため!試しに用意して医師に見せるのもいいかもしれません。

それと、子供は生活の変化や成長に合わせて体質も変化していきます。

娘の場合は、ちょうど治療を初めて半年したころから幼稚園や体を動かす習い事が始まり、それが大きく変化をもたらしたようにも感じます。

同時に、医師からも指示がありましたが、「朝コップ1杯のお水かお茶を飲むこと」。これは重要です。

この生活のサイクルの変化と朝の水分補給で大きく改善しました。

娘の場合、今では時には排便のない日もありますが、その後はどっさり出ているようです。

子供の便秘が気になるなら病院へ

いかがでしたか?

子供の便秘は案外そう珍しい事ではありません。

私も娘の話を友人にすると、「うちの子もそうだったよ」とよく耳にしました。

やみくもに怯える必要もないですし、気になった時点でお医者さんに相談に行くのが一番です。

大きくなってからの便秘も治療は大変なようなので、

気になるようでしたら早い段階でママもスッキリさせちゃいましょうね!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします