1歳~3歳児 子供の行事 生後0ヵ月~12ヵ月

初節句とは?端午の節句(男の子)桃の節句(女の子)それぞれのお祝いの仕方

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0



そもそも初節句とは?

初節句とは生まれて初めて迎える「桃の節句(3月3日:女の子のお祝い)」または「端午の節句(5月5日:男の子のお祝い)」のことで、こどもの成長を祝うものです。

初節句はいつになるの?

生まれて初めての桃の節句・端午の節句が初節句ですが、お宮参り以前にそれぞれの節句が来る場合はその限りではありません。

お宮参り>お正月>桃の節句・端午の節句の順番でお祝いします。

初節句のお祝の仕方・内祝いの仕方

一昔前まで初節句には、双方の祖父母や親しい親戚、名付け親や仲人を呼んでお祝いの席を持つのが習慣でありました。

しかし、核家族化の中で、お祝いの仕方はもっとシンプルになっているのが現代の初節句のようです。地域や家ごとのしきたりがあることと思いますので、身近な人に相談してみるのも良いでしょう。

内祝いはこどもの名前で

お祝いの席にいらっしゃらない方からお祝いをいただいたら、内祝いをお返ししましょう。桃の節句なら三月中、端午の節句なら五月中に。

名前はこどもの名前で。のしは「初節句内祝」や「内祝」などにします。

女の子の初節句(桃の節句)

女の子の節句は桃の節句で雛人形や桃の花を飾ってお祝いします。もともとは、けがれを流し清める流し雛がお雛様のはじまりでした。

桃の節句の習慣

女の子の初節句には赤いお被布を着せる習慣があります。赤という色には魔を祓う力があると言われているからです。

桃の節句のお祝いのお食事は?


よく知られる行事食として、はまぐりのお吸い物、菱餅、ひなあられ、白酒があります。

はまぐりのお吸い物のはまぐりは貝合わせなどに用いられ、子女としてのたしなみや良縁を願います。

菱餅、ひなあられの三色は、赤が魔除け、白が清浄、若草色が健康を表し、健やかに育つことを祈ります。

そして白酒は、長寿や魔除けのため。それぞれ意味のあるものです。

お雛様はいつ飾るの?

お雛様を飾る日程は、立春か雨水が良いと言われています。立春は春の始まり、つまり節分の翌日です。雨水は雪や氷が雨や水にかわる頃、だいたい立春から15日目くらい。良縁を望むなら雨水が良いのだそうです。

男の子の初節句(端午の節句)

男の子の節句は端午の節句、菖蒲の節句と呼ばれ、内飾りである五月人形、外飾りである鯉のぼり、菖蒲の花を飾ります。

鯉のぼりは川を登る鯉の勇ましい姿にあやかるものですが意外に新しく江戸時代の発明品なのだそう。それまでは外飾りとして武者のぼりを飾っていました。

端午の節句の習慣

かつての考えでは、跡取りとなる長男の初節句は特に大々的にお祝いをしたのだそうです。けれど、今では兄弟と差を付けることは少なくなっています。

初節句に限りませんが、端午の節句には菖蒲湯に入ったり、菖蒲の葉を枕の下に入れて寝たりします。凧揚げをする地域もあります。



端午の節句のお祝いの食事は?

代表的な行事食は、ちまき、柏餅です。ちまきは魔除け、柏餅の柏の葉には子孫繁栄の意味があります。そのほか、成長や成功を願って、たけのこや鯛、鰤などを食べます。

五月人形や鯉のぼりはいつ飾るの?

五月人形は春分の日前後、鯉のぼりはもう少し後、四月に入ってから飾りはじめるのが一般的なようです。

節句人形の相場

お祝いの節句人形を用意するのは女方か、男方か?その予算とは?

誰が用意するの?

これは地域差のあるものですが、雛人形、五月人形、鯉のぼりとも、女方の家が揃えるというのが一応の習慣のようです。

関東以北では女方の家が雛人形を、男方の家が五月人形・鯉のぼりを用意。関西以南では、どちらも女方が用意。このように言われています。

最近では、双方の家でお金を出し合うなど、いろいろなパターンがあるそうです。

雛人形の相場

雛人形は大きさ、人形の数、技法によって大きく値段が異なります。必ずしも高価なものが良いものとは限りません。

衣装着の場合

人気の親王飾りやケース飾り、収納飾りは、十万円から二十万円。三段飾りが二十万円から四十万円。昔ながらの段飾りは三十万円から百万円以上。

木目込みの場合

立雛、親王飾り、収納飾りは六万円から三十万円。段飾りは十五万円から百万円以上。

五月人形の相場

五月人形は金太郎、弁慶、鍾馗や、こども大将、武者をモチーフにしたもの。他に、甲冑や兜もあります。

鎧飾りは、二十万円から百万円。
兜飾りは、十五万円から五十万円。
五月人形は、十万円から三十万円。

それぞれケース飾りや収納飾りタイプのものは比較的リーズナブルで、平台飾りのもののほうが高額になる傾向です。

【関連知識】他にもある!代表的な5節句

そもそも節句とは、暦の上での季節の節目のこと。今回紹介した初節句以外にも色々とあります。

節目である節句には、それぞれ行事が執り行われていました。中でも代表的な節句は五節句と呼ばれ。

「人日(じんじつ)の節句」
「上巳(じょうし)の節句」
「端午(たんご)の節句」
「七夕(しちせき)の節句」
「重陽(ちょうよう)の節句」

があります。現在でもこの五節句は、以下のように文化が残っています。

人日の節句(1月7日)

人日の節句は、1月7日に七草がゆを食べて1年の豊作と無病息災を願う。

上巳の節句(3月3日)

・上巳の節句は、(桃の節句)3月3日に女の子の幸せや健やかな成長を願って雛人形を飾る。なぜ雛人形なのか?というと人に変わって災いを引き受けてくれる。という意味がある。

端午の節句(5月5日)

端午の節句は5月5日(こどもの日)に、男の子の健康・成長を祈って鯉のぼり(出世を願う)やかぶと(安全に暮らせるように願う)を飾る文化がある。

七夕の節句(7月7日)

七夕の節句は7月7日に、短冊に願いを書いて笹の葉に吊るす文化がある。

重陽の節句(9月9日)

重陽の節句は9月9日に、菊酒を飲んで長寿を願う文化」がある。なぜ菊なのか?というと古代中国では菊には邪気をはらい長生きする効能があるとされているため。

まとめ

このような行事を大切にすることは、こどもの自己肯定感を高めるのだそうです。お節句の風習の数々にこめられた先人たちのこどもへの思いを受け継いで、伝えていきたいものです。

【関連記事】
初節句とは?男の子の場合と女の子の場合

ひな祭りにピッタリな離乳食レシピ8つ

こどもの日の由来ってなに?兜とこいのぼりはどちらが人気?誰が買う?予算は?飾る場所は?処分の方法は?


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします