1歳~3歳児 4歳~6歳 子供の教育・成長・遊び

そろそろチャレンジ!幼児用ハサミの選び方とオススメ5選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

成長とともに色々なことに興味を持ち、大人が手にする物を何でも真似て持ちたがる子供。

絵を描いたり、折り紙を折ったりといった工作も大好きですよね。手先が器用な子供も、そうでない子供も、2~3歳頃になると『ハサミ』に興味を持ち始めるのではないでしょうか。

危ないからと遠ざけてしまわず、子供に適したハサミを選んで、上手に教えてあげたいですね。今回はハサミの選び方や適する時期、練習にぴったりの教材などをご紹介します。



いつから使える!?教える時期の目安と教え方

小さな子供にはその扱いに危険を感じてしまうハサミですが、使い方を上手に教えてあげれば大丈夫です。2歳頃を過ぎたら、教えることを検討してみると良いでしょう。

手の大きさ+興味を持ったとき!

ハサミに興味を持ち、子供が「使ってみたい!」「やりたい!」と言ったときはチャンスです。興味を持つ時期に教えると、子供はその好奇心からグングン吸収します。

「危ないから」と避けるだけでなく、上手に扱う方法を教えてあげましょう。ただし、ハサミを扱うためには、そのハサミと手の大きさが合っていなければ上手に使うことができません。チャンスはいつ来るかわかりませんので、予め幼児用ハサミを購入しておき、子供の興味に合わせて持たせてあげてみてください。

大人用ハサミVS幼児用ハサミ その違いとは?

幼児用ハサミと一般的なハサミの違いは、大きさだけではありません。

扱いやすさの違い

幼児用のハサミは刃渡りが短く作られており、子供の弱い力でも切りやすくなっています。大人の私たちでも、ハサミはメーカーや質によって、力の入れ具合や切れ味に違いを感じますよね。

また、刃渡りが必要以上に長い場合、使いにくくなることは明らかです。グリップの形状や質、穴の大きさも、子供の手に負担がかからず、扱いやすいようにと工夫されている物が、幼児用ハサミの特徴です。※1

幼児用ハサミとして売られているものの中には、手を切らない(切れない)ことを目的とされ作られたものもあります。

しかし、そのようなハサミは紙にすれば1枚しか切ることができません。画用紙のように厚みのある紙が切れず、また子供の力の入れ加減によっては、紙1枚でさえ切ることが難しい場合もあります。

安全性は高くなりますが、子供が不満に感じてしまっては意欲も薄れてしまう可能性があります。切れ味よりも、葉先が丸くなっているという点が、子供用ハサミの安全性だと言えるでしょう。

従い、切る作業を教えるときには、正しく使わなければ手まで切れてしまうことを教えることが大切です。また、使わないときには、刃をしまっておくカバーが付いているものもあります。

どれがいい?子供におすすめの幼児用ハサミ5選

ひとことに幼児用ハサミと言っても、各メーカーから様々なものが売られています。選ぶ際の参考にしてください。

コクヨ エアロフィットサクサ キッズ

アーチ状の刃が特徴で、軽い力でも簡単に切ることのできるハサミです。ハンドルの中が空洞になっているので、長時間使っても手に負担をかけません。また、テープ等の粘着性のあるものも切りやすく、切っても刃がべたつかないので、紙を切ることから様々な工作へと発展させるのにピッタリです。


¥ 354
アマゾンボタン

こどもちゃれんじ はじめてのハサミ

指を入れる穴を間違えないよう、持ち手の色が左右で異なっています。

また、ハサミを上手に立てて使えば、切る部分に△印のガードが付いているため、切りたいラインに沿って切ることができます。せっかく切ったのに曲がっている…上手に切れない!ということなく、子供が切ることに自信を持てるようになるのが早いかもれいません。


¥ 1,480
アマゾンボタン

プラス フィットカットカーブJr

刃の開き具合がその都度違っても、必ず角度が30度になる設計に作られており、直線からカーブまで、どんな線でも切りやすいハサミです。薄い紙から厚い紙まで、紙を選ばず切りやすいので、子供の工作の幅が広がります。裏表を選ばずにはめられるキャップ付きなので、お片付がしやすいのも嬉しいですね。


¥ 338
アマゾンボタン

ソニック ハサミ メガサク

握った力が刃先までしっかり伝わる設計で、弱い力でも切れ味は抜群!牛乳パックのような厚みのある紙でも、刃先だけを使って簡単に切ることができ、細かい工作にも適応します。

その切れ味と、切り始めでも滑らない特殊な『喰イツキ刃』で、ハサミの扱いが上達すればするほど満足できそうです。


¥ 418
アマゾンボタン

3Mスコッチ 安全設計キッズハサミ

切れ味は良いのに、切れすぎる感じもなく、小さな子供にも安心して使わせられると人気のハサミです。刃の形状が刃先に向かってやや内側に湾曲しているため、刃同士がかみ合って、落としても刃が開きにくいという設計になっています。

ただし、この商品の扱いやすさは、右利きのお子様が基本。多くのメーカーにはある『左利き用』がありません。パッケージ台紙には「左ききでも切れる」と表示されていますが、刃の構造等、基本は右利き用に作られています。左利きのお子様の場合、刃の嚙み合い方が反対向きになってしまいますので、切ることはできても『切りやすさ』という観点では注意しなければなりません。


¥ 348
アマゾンボタン

正しい扱い方と上手な教え方

ハサミは、決して安心して子供任せにできる物ではありません。危険を伴うからこそ、大人がその正しい扱い方を教えることが大切です。どのような点に注意・配慮しながら、どのように教えたら良いか、わかりやすくご説明します。

ハサミを扱うときの注意点

子供には、使う前に必ず、次のことを約束させてください。

切って良いものを決める

ちらし・新聞紙・折り紙など、切って良いものを教えなければ、大切な書類まで切られてしまう可能性があります!自由に切って良い工作用の紙を、子供にわかりやすくまとめておくと良いでしょう。

置き場所を決める。

ハサミを普段収納しておく場所はもちろんですが、工作しながらでも、置く場所を決めてください

そうしなければ、切ったら床にポイッと置いてしまうことが多くなり、歩く人にとっては大変危険です。「手から離したら置く場所はここ!」と決めましょう。

わかりやすく、ハサミ用のトレイや倒れないペン立てのような、ハサミ専用の場所を用意してあげるのも良い方法ですね。また、ハサミを閉じた状態でなければ置けないよう、ジャストサイズの場所にすると、その都度先を閉じる癖が付きます。

使う場所を決める(持って歩かない)

子供は夢中になると、周囲のことが見えなくなりがちです。ハサミを持ったまま、興味が向いた方に移動することもあると思います。持ち歩いてしまうと、他のおもちゃと紛れたり、どこに置いたかわからなくなってしまうことも!ハサミを使う場所を決め、持ち歩かないように注意して見てあげてくださいね。

人に渡すときは刃先を握って!

兄弟姉妹など、子供同士で1つのハサミを使うときには、貸し借りする場面が出てきますね。その場合、刃先を人に向けると大変危険であることは、しっかり教えてください。

大人がいない場所で使わない。
ハサミの扱い方が上手になるまでは、必ず見守ってあげてください。同時に、勝手に使わないことを約束させましょう。普段は子供の目に届かない場所に収納しておくなどの工夫をしましょうね。

ハサミの上手な教え方

ハサミの基本的な使い方~ママも一緒に!

ハサミを使うときは、紙は水平に持ち、ハサミは垂直に持ちます。子供にとっては意外と難しく、隣でやって見せてもなかなか真似できないものです。一緒に紙を持ち、ハサミを持つ手を支えながら、その形をゆっくり教えていきましょう。一度覚えてしまうと、あっという間にマスターしてくれますよ!

切る紙を選ぶ!

最初は1回で簡単に切り落としやすい、1cm幅程度の細長い紙を用意してあげましょう。薄い紙はクタクタとなりやすく、子供には扱いにくいものです。

かといって、厚みのある紙は力がいりますよね。色画用紙くらいの厚みの紙がおすすめです。1回でサクッと切れるようになったら、紙の幅を広げるなどして、何度かサクサクと続けて切る練習に進めます。上手に切れるようになったら、徐々に薄い紙や厚い紙に挑戦させてあげてくださいね。

横から口を出しすぎない!

目の前でハサミを使う子供の手はたどたどしく、怖くてついつい口を出してしまうママは多いですよね。あまり口うるさくすると、子供の集中力が切れてしまいます。

「ハサミを使うとママが怖くなる…」と、せっかくの好奇心が損なわれてしまったり、影で使うようになる可能性も…!必要以上に口を出し過ぎないよう、注意したいですね。

ハサミの練習に!おすすめ教材6選

子供に適するハサミを選んでも、すぐに使えるようになるとは限りません。練習用にぴったりの教材がありますのでご紹介します。

くもんのすくすくノート きりえシリーズ

くもんのきりえシリーズは、とても簡単な直線から難しいラインへと、ハサミの練習を徐々に進めることのできる教材です。

2~3歳で初めてハサミを使う子供には『はじめてのきりえ』、ハサミに慣れて切ったり貼ったりする工作が大好きな子供には『がんばりきりえ』もあります。ただ切るだけでなく、切ったものの絵合わせをするなど、その後まで楽しむことのできる工夫された教材です。


¥ 282
アマゾンボタン



くもん はじめてのハサミ

はじめはごくごく短い直線からスタート。徐々に線の長さが長くなっていき、長い線に慣れたら、曲線、円、混ざった線へとステップアップしていきます。

子供の上達に見合う内容で、無理なく、『いつの間にかすんなりと上達』できる教材です。可愛いイラストに見やすい太目の線が入っているので、楽しみながらハサミの練習ができるでしょう。


¥ 713
アマゾンボタン

七田式 ハサミであそぼう

ハサミを取り入れた簡単な工作遊び教材です。切ることはもちろん、切って貼って作り上げ、遊び感覚で楽しむことができます。

七田式教育では、2歳~3歳は楽しむことで天才的に伸びる時期とされています。ハサミや糊を使って手先の運動をすることで脳に刺激を与え、楽しみながら取り組むことで創造性が養われます。ハサミの練習で脳を育てる、そのような意識で使ってみると良いかもしれません。


 ¥401
楽天ボタン

講談社 きってはってこうさくブック

適度な厚みのある紙で、太すぎず細すぎずのラインなど、ハサミに慣れない小さな子供が扱いやすいことを考えられた教材です。

充実したオールカラー80ページを、最初から最後まで飽きることなく楽しめます。大きなケーキやおかずを切ってお皿やお弁当箱に貼り付けたり、お花を切って花壇に咲かせたり等、考えながら作業することで、ハサミの練習はもちろん知育に役立つ教材です。


¥ 918
アマゾンボタン

Lazoo はじめてきるほん

多くのハサミ用教材は、ラインに沿ってきちんと切るという練習が多いのですが、このシリーズは、子供が自由なラインで自由な大きさで切ることのできる、まさに創造性を目的に作られている教材です。

好きなように切ってオリジナルの絵を完成させることができるので、まだハサミが上手に使えない子供でも、思い切り楽しむことができるでしょう。


¥ 918
アマゾンボタン

ちびむすドリル

はさみの練習教材は、子供が夢中になるとあっという間に使い切ってしまいますよね。値段も決して安くはありません。

オンライン教材であれば、無料でダウンロードして気兼ねなく楽しませてあげることができます!『ちびむすドリル』は直線から曲線、様々なラインの教材がとにかく豊富です。成長に応じてステップアップさせることはもちろん、季節に見合う素材を選びながら取り組むのも良いでしょう。

http://happylilac.net/mu1610211337.html

親子でチャレンジ!失敗を恐れないで!

ハサミを扱うことには、危険も伴います。子供のやる気と同時に、教える側のママのやる気も必要かもしれませんね。だからと言って、先伸ばしにすることは勿体ない!子供が興味を持ったときが教え時。失敗を恐れずに、ぜひチャレンジしてくださいね!

怪我はつきもの!?

ハサミを切りながら、一緒に手を切ってしまう…そのような怪我をする子供は少なくないかもしれません。しかし、あまりに丁寧に教えすぎると、かえってハサミが危険であることを軽視してしまう可能性も否めません。

子供用ハサミで指を切り、命を落とすことはありません。そのくらい大らかな気持ちで、ゆったりと見守りながら、上達に付き合っていけると良いですね。『失敗してこそ学ぶこともある』ハサミは小さな子供にとって、その代表的な道具かもしれません。

参考:※1”【コラム】子供用はさみと大人用はさみの違い”「文房具生活.com」(2017/1/17アクセス)


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします