ママ・主婦

それ入れるの?カレーの隠し味ランキングBEST5

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!9ヶ月の息子の子育て真っ最中のママライターです。

ママにとってカレーって、とっても助かる料理じゃないですか?

失敗も少なくお手軽に作れちゃう、時間がない時にもぴったり。

また、お子さんが大きくってお手伝いしてほしい時にも、カレーならお願いするポイントが多くていいですよね。

でもたまにはちょっと本格的なカレーが食べたい…なんてときにおすすめの隠し味ベスト5をご紹介しちゃいます!

第5位 インスタントコーヒー

実はこれは我が家の隠し味でもあります。

元々実家が大のコーヒー党で、豆もインスタントも常にありました。

そんな中で、いつの頃からかカレーを作る時にもコーヒーが欠かせなくなっていました。

コーヒーの苦みが、隠し味としてコクを出してくれます。

インスタントコーヒーをそのまま入れるか、少量のお湯で溶かしてから加えてみてください。

あまりいれすぎるとやはり苦くなってしまうので、一鍋に小さじ1くらいがいいでしょう。

第4位 トマト

夏野菜の代表・トマトとカレーの相性は抜群。

いれることによって、甘みと酸味がプラスされます。

生のトマトを角切りにしていれてもいいですし、トマト缶を使うのもお手軽でいいですね。

あとはトマトケチャップを調味料として加えるのも1つの手ですよ。

第3位 りんご

お子さんのいる家庭では定番中の定番、りんご。

すりおろしてくわえることで、甘みとまろやかさが出ます。

特にポークカレーと相性がいいですよ。

半分から1個程度が目安なようですが、甘めがお好みであれば多めにしてもいいかも知れないですね。

第2位 ソース

カレーにウスターソースをかけるという方もいますよね。

ウスターソース、もしくはオイスターソースが隠し味としてはおすすめ。

オイスターソースは意外かも知れませんが、牡蠣の栄養やうまみ・こくがたっぷり詰まっていて、プロの料理人もおすすめする隠し味。

一晩寝かせるとさらにコクが出ておいしくなります。

一鍋に大さじ1くらいがいいようですが、味見しながら調整していれましょう。

第1位 にんにく

王道ではありますが、やはりにんにくは外せない!という方は多いと思います。

具材を炒める段階で、油にスライスしたにんにくを入れて香りを出すのが一般的ですが、カレールーをいれて煮込む段階になってから、

すりおろしたにんにくを入れるのもいいとか。

食欲の増すにんにくのいいにおいは、カレーに欠かせない隠し味ですよ。



調べてびっくり!こんな隠し味

カレーは簡単に作れる分だけ、家庭ごとに様々な隠し味があるのも面白いところ。

他にもこんな隠し味がありました。

チョコ

コクと甘さが出るので、コーヒーと同じように人気だとか。

仕上げの段階でいれるのがおすすめ。

器にチョコを割り入れ、そこにおたまでカレーをいれて溶かしてからお鍋にいれると、きれいに溶けてくれるのでいいですよ。

バナナ

特に完熟バナナを使うことで、味に深みが出てまろやかな美味しさに。

りんご同様、お子さんにもおすすめですね。

大きめのぶつ切りにして、具材を炒める最後にいれて角が丸くなるまで炒めましょう。



ココア

コクがアップ!お肉の下味として、カレーパウダーと一緒にすりこんで30分ほど置いておくのもいいですよ。

甘みと苦味のバランスがぴったり。

しょうゆ

ウスターソース同様、カレーにかけるという方もいるしょうゆ。

味が引き締まって美味しくなりますよ。

和の素材かと思いきや、洋のカレーにも使える万能調味料ですね。

塩辛

シーフードカレーの時に加えると、塩辛がアクセントになりじっくり煮込んだような味になってくれます。

カレーを作りすぎてしまったときの、翌日のアレンジに使うのもありですよ。

味噌

私はスープカレーを作る時に味噌を使います。

少量いれるだけでお店の味になるので最初は驚きました。

中でも、コクとまろやかさが加わる白味噌がおすすめです。

色々試してご家庭の味を♪

いかがでしたか?定番から意外なものまでご紹介してきましたが、

皆さんのおすすめの隠し味はありましたか?

ぜひお気に入りの隠し味を楽しみながら探してみてくださいね♪


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします