スキンケア

何もしないスキンケア!肌断食の方法とその効果とは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!9ヶ月の息子の子育て真っ最中のママライターです。

ママになるとどうしても子どもが中心の生活になって、自分のことにかける時間ってぐんと減っちゃいますよね。

毎日お風呂上がりもバタバタして、スキンケアなんてさっと塗っておしまい。

でもそんな現状を逆手にとって、いっそのこと肌断食をやってみるのはいかがでしょうか?

有名人やモデルの間でも効果は抜群と評判なんですよ。



肌断食?

お肌の断食、という言葉通り、今まで顔に塗っていたスキンケアやファンデーションを一切やめることを言います。

できることならば一切合財、お肌に何も塗らずにずっと過ごすのが本当の肌断食ですが、さすがにそれは…という方には、

夜寝る前だけの肌断食や、週末などの数日間を利用しての肌断食もあります。

基本的な考え方として、お肌に塗るものはたとえ化粧水だろうとも≪害≫になるからそれを排除して、お肌が本来持っている力を使いましょう、ということ。

肌断食を行うと、お肌は本来持っているはずの力でその再生を試みていきます。

その結果として、新陳代謝も活発になり、古い角質・老廃物は除去され、健康的なお肌を手に入れることができるんです!

やり方は簡単!

特に準備は必要ありませんが、夜だけ肌断食、週末肌断食、ずっと肌断食、といくつかあるので、それぞれの生活に取り入れやすいものを選んでみてください。

●夜だけ肌断食

夜の洗顔後のスキンケアを何もしないで過ごすのが夜だけ肌断食。

毎日行っているという人もいるようですし、ママにとってはこのタイプが取り入れやすいかもですね。

昼間のお化粧については、クレンジングを使わずにおとせる程度に抑えておくといいでしょう。

ファンデーションをパウダータイプにしたり、ポイントメイクだけにしたり、といった工夫が必要です。

●週末肌断食

平日はしっかりメイクをしていたい、という働いている方が多く行っているのがこのタイプ。

金曜の夜から月曜の朝までの丸3日間、肌断食を行います。

この期間はファンデーションをはじめ日焼け止めも塗らずに過ごすのが理想なので、家に引きこもって過ごすのが1番。

そして平日のメイクも、なるべくお肌に刺激の少ない化粧品を使うようにしましょう。

●ずっと肌断食

夜だけ→週末、と段階を経て最終的にずっと肌断食を行えるまでになるのが本当の理想。

洗顔もぬるま湯で行い、どうしても皮脂が気になるところだけ泡立てた石鹸を使うくらいです。

肌断食を続けていくとお肌のキメも細かくなるので、この頃にはファンデーションなしでも過ごせるようになることも。



やってびっくり!こんな効果!

肌に対するスキンケアがなくなると、本来持っている力でその再生を試みるようになります。

その結果として、産まれたての赤ちゃんのようなお肌を手に入れることも夢ではないようですよ。

・お肌のキメが整う

・肌つやが良くなった

・毛穴が目立たなくなる

・ニキビができにくくなる

・化粧のりが良くなった

こういった効果も期待できます。

こんなところに気を付けて!

洗顔料は石鹸をチョイス

洗顔フォームなどは、化学的に合成されたもの。

お肌にとってはあまり良くないので、無添加の石鹸や純石鹸を、よく泡立ててから使いましょう。

その時には決してこすりすぎないこと。そして水・もしくはぬるま湯(34~37度)を使うこと。

もし乾燥が気になる時には…

肌断食を始めた最初のうちは、頬などがつっぱり気になってしまうことも。

どうしても気になる、という時には市販のワセリンを少量伸ばして、つっぱる部分にだけ塗りましょう。

一時的な肌荒れも起こります

肌断食を始めてすぐのころは、一時的に肌荒れが起こり、その後段々と良くなっていく、というパターンがいいようです。

成功した方は大体このパターンだとか。

ただし、あまりにもひどい肌荒れの場合は肌断食自体が向いていない可能性も。

元々お肌に何かトラブルのある方などは、皮膚科の指導を仰ぐなどしたほうが良いでしょう。

いかがだったでしょうか?

ママになって、美容に割く時間はなかなか作れずにいますが、それを逆手にとってできるのが肌断食。

時間をかけずに、きれいなお肌が手に入るならまさに一石二鳥ですね。

気軽に始められる夜だけ肌断食から、チャレンジしてみてもいいかもですよ♪


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします