1歳~3歳児 生後0ヵ月~12ヵ月 育児の悩み・疑問

使用済おむつのにおい対策!オムツ専用ゴミ箱のメリット・デメリットとおすすめ5選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

おむつで育児をするママなら、一度は経験のあるおむつの臭い。ゴミ箱にポイと捨ててしまえば、部屋中に臭いが…!蓋付のゴミ箱を使えば、他のゴミを捨てるたびに気になる…。そんなママたちのために、臭いが気にならなくなるおむつ処分に最適なゴミ箱をご紹介します。

また、特別なゴミ箱を使わななくても、臭いが気にならなくなる画期的な方法も!ご覧ください。



おむつ専用のゴミ箱って、どんなもの?

新しい育児グッズがどんどん開発され、『おむつ専用のゴミ箱』も、ここ数年で一般的に使われるようになりました。

数年前におむつ育児を終えたママたちの中には、「そんな物があるの?知らないわ!」という方も多いと思います。おむつを処分するためのゴミ箱。通常のゴミ箱とはどのように違うのでしょうか。

タイプ1、専用フィルムでおむつを包み、臭いをシャットアウト!

多くのおむつ専用ゴミ箱は、見た目には通常のゴミ箱と変わりません。少しの簡単操作で使用済みのおむつを1つ1つ袋に密封した状態にしてくれる画期的な商品。

それがおむつ専用のゴミ箱です。専用フィルムが必要なものほど臭いをシャットアウトする効果が高くなります。

タイプ2、しっかり密閉!気密性の高い蓋付ゴミ箱

もう1つのタイプは、通常の蓋付ゴミ箱よりも気密性の高い、オムツの臭いをシャットアウトすることを目的として作られたゴミ箱

蓋が二重構造になっていたり、蓋の内側に消臭剤を入れるポケットのついた物等があります。一般的に売られているゴミ袋やスーパーで貰えるレジフ袋をはめることができます。消臭効果は専用フィルムタイプより低くなりますが、コストがかかりません。

おむつ専用ゴミ箱の必要性

月齢が低い赤ちゃんは、頻繁におむつ替えが必要。

そのため、捨てるおむつの量がとても多く、通常のゴミと一緒にしてしまうと、あっとう間にゴミ箱がいっぱいになってしまいます。成長するとともにおむつ替えの回数は減りますが、今度は臭いが気になるように…。やはり、おむつ専用のゴミ箱は必要なのでしょうか。

おむつ専用ゴミ箱を使うメリット

【メリット1】
来客時でも臭いが気にならない。

【メリット2】
年末年始など、ゴミ回収の日数が空いても安心。

【メリット3】
赤ちゃんの行動範囲が広がっても、悪戯される心配がない。

特に『消臭』という点では、来客時のみならず、日常的に不快を感じることがなくなります。離乳食が始まった赤ちゃんのうんちは、大人のうんちと同じくらい臭いがきつくなるもの。

その臭いをゴミ箱ひとつでシャットアウトしてくれるのですから、一度使うと手放せなくなるかもしれません。また、自治体により異なりますが、ゴミ収集の日が週に2回という地域がほとんどではないでしょうか。

赤ちゃんの使用済みおむつは結構なボリュームがあり、ゴミ袋がすぐにいっぱいになってしまいがち。団地など、閉鎖された空間にゴミを置いておけるスペースがあると良いのですが、むやみに外に出しておけば猫や鳥に悪戯されるという事態にもなりかねません。

おむつ専用ゴミ箱を使うデメリット

【デメリット1】
種類によってはコストがかかる。1カ月700~800円前後が2~3年分…。

【デメリット2】
カートリッジをはめ込むタイプは大きさがある!設置場所や見た目の問題も…。

おむつ専用のゴミ箱は、とても使い勝手が良く便利なもの。しかし、デメリットもあります。それは、コストがかかること。おむつを包み込んでくれる専用フィルムカートリッジや、消臭剤等は、無くなるたびに新しく買う必要があります。

その価格は、通常のゴミ袋と比較し、2~3年使い続けることを考えると、決して安いものではありません。ネットで購入する場合は送料がかかることも…。

また、インテリアにこだわるママたちの中には、部屋の雰囲気に合わない…、部屋の印象がガラッと変わり落ち着けないなど、不満の声も耳にします。

最近は色やデザインも豊富になりました。しかし、好みに合うものを探すのは容易ではないかもしれませんね。



おむつ専用ゴミ箱 おすすめ5選

おむつ専用ゴミ箱は、各メーカーから様々なものが販売されています。使い勝手やデザインなども色々ありますので、参考にしてください。

Ubbi インテリアオムツペール

市販のゴミ袋をはめて使用するタイプのゴミ箱です。スライド式の蓋とダブルパッキンで、しっかり臭いを閉じ込めます。

ダイヤル式のチャイルドロックも付いているので、赤ちゃんの悪戯を防止することもできます。さらに、オムツ期間が終わってからは、通常のゴミ箱として長く使えるのも魅力。スタイリッシュなデザインで色柄も豊富。インテリアに馴染みやすいという点で人気を集めています!


¥ 6,980
アマゾンボタン

プーポット オムツペール

大容量のおむつ専用ゴミ箱ですが、見た目がスマートなのでリビングに置いても違和感がありません。市販のゴミ袋を取り付けて使うことができ、経済的です。

おむつはポイッと捨てるだけ。ラバーキャップでしっかり密閉され、臭い漏れを防ぎます。蓋を開けたときに中身が見えず、ラバーキャップで袋の口を抑え込んだ状態で結ぶことができ、後始末する際の臭いも気になりません。

また、大容量であるのに、処分するときはカバーを持ち上げることで下から中身を取り出せます。意外と重たい数日分のおむつを持ち上げる必要がないので、扱いが楽!という点で人気があります。


¥ 5,995
アマゾンボタン

コンビ クルルンポイ

蓋を開けておむつをポイッ!と捨て、レバーをクルクル回すことで、袋の口がひねられ密封状態になります。蓋を開けても臭わず、専用カッターで処分も楽!独自開発の抗菌衛星フィルムが袋内の菌の繁殖を防ぎ、数日間おむつを溜め込むことがあっても臭いが漏れて来ないことが実証されています。スペアカセットが必要です。


¥ 2,690
アマゾンボタン

コンビ 5層防臭おむつポット スマートポイ

おむつ専用ゴミ箱を使用したいけれど、不経済なのは…というママには、『スマートポイ』がおすすめです。蓋を開けておむつを捨て、蓋を閉める。一見、一般的な蓋付ゴミ箱と同じ仕様ですが、専用に取り付ける独自開発の5層防臭フィルムが、臭いを一切逃しません。カセット1つ(約1カ月分)で、180枚のおむつに対応でき、処分する際は専用カッターで楽に切ることができます。


¥ 1,270
アマゾンボタン

おむつごみ箱 オバケツ

見た目が気になるママは、いかにもゴミ箱!という雰囲気が一切ないオバケツがおすすめです。二重構造の密閉蓋で消臭するとともに、2枚の蓋の間に消臭剤を入れることができます。屋外の壁材に使われるトタン素材なので、耐久性に優れ、丸洗いも可能です。とても丈夫なので、オムツを卒業したら、子供のおもちゃを入れるなどで再活用できます。


¥ 5,184
アマゾンボタン

専用じゃなくても大丈夫!臭いを閉じ込める5つのアイディア!

いずれは使わなくなることが多いおむつ専用のゴミ箱。少しでも無駄を省きたいというママは、次の方法を試してみるのも良いでしょう。

1.その都度袋に!消臭袋で充分!

使うゴミ箱は通常のものでも、おむつ替えのたびに使用済みおむつを袋に入れて密閉することで、臭いが気にならなくなります。通常のビニール袋は時間とともに菌が繁殖し、臭いもきつくなりがちですが、袋を二重に重ねるなどで対応できます。また、おむつ専用の消臭袋『BOS』は、1枚でも臭いが気にならない!と定評があります。


¥ 1,512
アマゾンボタン

2.ちらし・新聞紙も消臭効果あり!

使用済みのおむつを、ちらしや新聞紙に包むだけでも、かなりの消臭効果があります。

どこの家にでもある廃材を活用するのは経済的に処分したいママにおすすめ。包む素材の分ゴミが大きくなるため、ゴミ袋がいっぱいになりやすいというデメリットはあります。

3.小さなゴミ箱でこまめに処分!

おむつは一切溜め込まない!と決めて、すぐにいっぱいになる小さなゴミ箱を使用する。のも方法のひとつです。通常のゴミ箱と一緒にすれば、なおいっぱいになるのは早くなります。ただし、ゴミ回収の日まで保管しておく場所は確保しなければなりません。

4.屋外にゴミ保管ボックスを設置

ゴミ回収の日まで、ベランダ等にゴミを出しておくことのできるマンション等であれば問題ありませんが、出しておく場所がない!というご家庭は、専用の保管ボックスを用意すると良いでしょう。プラスチック製はそれ自体に臭いが付きやすく、大きいものは洗うのも難しいですよね。ご紹介する網目状の保管ボックスであれば、臭いが付いてしまう心配がありません。


¥ 10,300
アマゾンボタン

5.捨てることを子供の仕事にする方法も!

歩けるようになった子供には、使用済みのオムツを自分で始末するお手伝いをさせてみたてはいかがでしょう。

トイレに蓋付のゴミ箱を用意しておき、捨てに行くことを子供の仕事とするのは、お手伝いに対する意識を高めることができます。また、トイレに慣れることで、先のトイレトレーニングにつなげることもできます。

おむつ専用ゴミ箱の必要性は家庭によって異なります!

絶対に必要!というママもいれば、なくても困らない…というママもいます。その必要性は家庭によって、ママによって異なります。

レンタルを活用してみては!?

毎日のおむつ替えのたびに、袋を用意して入れて結ぶ。その作業が苦にならないママは、通常のゴミ箱で充分かもしれません。しかし、手間をかけたくない、来客が多くて防臭は絶対に必要!というご家庭であれば、あるととても役立ちます。その必要性は、家庭によって異なります。迷ってしまう場合は、短期でレンタルを活用し、一度使い勝手を実感してみてはいかがでしょう。

ベビー用品レンタル・ショッピングショップ Nice Baby http://www.nicebaby.co.jp/


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします