1歳~3歳児 4歳~6歳 幼稚園・保育園

不器用でも大丈夫!入園グッズのオーダーメイドサービス10選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

そろそろお子さんの幼稚園や保育園が決まる時期ですね。入園が決まったら、すぐに取りかかりたいのが、入園グッズの準備です。

もちろん、既製品でも十分なのですが、園指定のサイズがあったり、園の方針としてハンドメイドを推奨している場合もあります。

裁縫が得意な人なら、簡単に手作りできるでしょうが、「作り方がちっとも分からない!」「直線縫いなら出来るかも・・・?!」と不安に思っているママも多いことでしょう。

そこで、ぶきっちょさんの強い味方が、入園グッズのオーダーメイドサービスです。

手芸店なら、実際に店頭で好みの生地を選び、仕立代をお支払いして、園指定サイズのものをオーダーしましょう。

手芸店に足を運ぶ時間がない人は、ネット注文がおすすめです。ネット注文OKな手芸店や、入園グッズ専門のネットショップを上手に利用してもよいでしょう。

筆者は、昨年、幼稚園の入園グッズを一通り手作りしたのですが、ミシンを新調し、生地や糸、手芸用品を購入したら、想像以上に出費がかさみ、コスパの悪い品々が出来上がりました。

しかも素人の縫製なので、たった1年でほつれてしまった物もあります。

既製品とは違う、ハンドメイドの良さがありながら、素人縫製よりもしっかりと丈夫なプロのオーダーメイド入園グッズ、おすすめの10選をご紹介します。



リーズナブルに注文したいなら【ユザワヤ】

昨年、テレビ番組『マツコの知らない世界』で紹介されたユザワヤ。ハンドメイドユーザー御用達のこのお店は、全国60店舗を展開。約30万点ものアイテムが揃います。

ユザワヤの良さは、なんといっても生地の種類が豊富で、全体的にリーズナブルなこと。子供用のキャラ物はもちろん、北欧系やハワイアン、人気ファブリックブランドなど、豊富な生地の中から好きなものを選び、店頭でオーダーメイドの注文をしましょう。

ユザワヤ各店舗(千葉店・草加店を除く)で、オーダーメイドできる入園グッズは、10種類。

《レッスンバッグ、シューズケース、コップ入れ、スモック、体操着入れ、お弁当袋、掛け布団カバー、敷き布団カバー、ポケットバッグ、ランチョンマット》

園の指定通りのサイズで作れるフリーサイズのオーダーと、一般的な規定サイズのオーダーがあります。
納期は30日〜40日程度。
1月〜2月中は注文が殺到するので、いち早く注文するのが肝心です。

インターネットでオーダーメイド注文はできませんが、店頭にあるほぼ全ての生地をチェックできるので、好みの生地があるかどうか、一度ユザワヤのサイトをご覧下さい。

入園グッズをなんでもオーダーできてオプション充実!【クラフトグループ】

『クラフトハートトーカイ』や『クラフトパーク』など、全国497店舗を展開する、有名手芸店のクラフトグループ。
入園グッズのオーダーメイドは、店頭のみで受け付けていますが、イオンやイトーヨーカドーといったショッピングモールや、デパートなどにも出店しているので、皆さんも足を運びやすいのではないでしょうか。
こちらも、店頭で生地を選び、フリーサイズか規定サイズで、注文をします。

クラフトグループの良さは、幼稚園や保育園、小学校で必要になる学用品のほとんどを、オーダーメイドできること。
ありとあらゆるアイテムを注文できるので、ぶきっちょさんにとっては大助かりです。

《レッスンバッグ、シューズケース、体操着袋、お弁当袋、布団カバー、スモックやピアニカケース、リコーダーカバー等》

さらに、オプションも充実。「ここにポケットがあれば便利だな」を叶える、ポケットやファスナーの取り付け。「おしゃれに可愛く(格好良く)したい!」という人は、ワッペンやレースなどの飾りもつけてみては。
世界にひとつだけのオリジナルグッズで、お友達に差をつけましょう。

納期は約2週間。2月3月は混み合うので、納期が遅くなる可能性があります。
クラフトグループの入園グッズのオーダーメイドについては、こちらをご覧下さい。 

CLASSY.ママ注目!ネット&店舗で注文できる【横浜コットンハリウッド】

横浜を中心に4店舗ある『横浜コットンハリウッド』は、店頭注文はもちろん、ネットからもオーダーメイドできるのが魅力。
「お店に行く時間がない」「近くに手芸店がない」という人の強い味方になることでしょう。

しかもオーダーメイドできるアイテム数は、なんと23種類!

《レッスンバッグ、シューズケース、体操着袋、お弁当袋、布団カバー、スモック、通園バッグ、ピアニカケース、ナフキン、マチ付レッスンバッグ、ファスナー付レッスンバッグ、お昼寝布団入れ、リュックサック、ランドセルカバー、ポシェット、チェアポケット、座布団カバー、リコーダーケース、お昼寝枕カバ−、ハサミケース、ティッシュケース、エプロンと三角巾のセット》

バリエーションの豊富さが心強いですね。
価格など、オーダーメイドについては、こちらをご覧下さい。

これらのアイテムを、店頭やインターネットで選んだ好きな生地を使って、学校の指定サイズに合わせて注文できます。オプションで、ポケットやお名前シールの取り付けもできます。

納期は約2週間。3月上旬になると、品切れの生地が出てくるので、早めの注文がおすすめです。

さらに手作りにチャレンジしてみたい貴方には、オリジナルキットを試してみてはいかがでしょう。生地と副資材を必要な分だけセットされているので、縫い糸だけ用意すれば、無駄なく、すぐに作ることができます。

オリジナルキット(レッスンバッグ、シューズケース、体操服、お弁当袋、コップ袋)は、こちらで購入できます。

明朗会計&納期1週間のお急ぎプランあり【手芸センタードリーム】

中四国を中心に、全国78店舗で手芸用品を扱う『手芸センタードリーム』は、仕立代が明朗会計でわかりやすい!

通常の手芸店では、サイズや生地によって、仕立代が多少変わり「レッスンバッグ1,944円〜」となるところ、『手芸センタードリーム』では、「レッスンバッグ1,944円、体操服入れ1,188円」など、仕立代に追加料金がないので安心です。

アイテム数は、10種類。

《レッスンバッグ、シューズケース、体操着袋、お弁当袋、布団カバー、布団袋、スモック、ランチョンマット、ポケットバッグ》

店頭のみの受付で、学校指定のサイズに合わせて制作してくれます。
オプションで、裏地をつけたり、切り替え仕様にできるのも嬉しいですね。

納期は通常15日。1月〜3月の繁忙期には、21日程度で出来上がります。
「どうしても間に合わない!」という方は、1週間のお急ぎプラン(別途540円)をご利用くださいね。

オーダーメイドの料金やオプション加工については、こちらをご覧ください。



質の良いリネンやコットン生地が揃う【木綿屋こっとんちゃっく】

つくばを中心に3店舗ある『木綿屋こっとんちゃっく』は、店頭注文はもちろん、自宅にいながら、ネットでオーダーメイドの入園グッズを注文できるのが、有り難いですね。オーダーメイドについてはこちらをご覧ください。

基本的な入園グッズはもちろん、作り方に迷ってしまう入園グッズを、園の指定サイズ通りに作ってもらえます。

《レッスンバッグ、シューズケース、体操着袋はもちろん、お布団カバー、防災頭巾カバー、ピアニカ入れ、連絡帳入れなど》

1月〜3月は繁忙期なので、まずは、メールかFAXで園指定サイズの要綱や、寸法入りの絵を書いて送りましょう。3〜5日で見積もりが届きます。
納期は、3〜4週間程度。余裕を持って注文したいですね。

園の指定サイズが特になく、なるべく早くハンドメイドの入園グッズを手に入れたいなら、リーズナブルな完成品もおすすめです。
レッスンバッグ、シューズケース、体操着袋、お弁当袋、ランチョンマット、お箸入れ等が、こちらで販売中です。

そしてなんといっても、『木綿屋こっとんちゃっく』の魅力は、木綿生地が豊富なこと!
良質安全な【国産リネン】や、ふっくら柔らかな【キルト生地】、手触りがよい【綿麻】、肌に優しい【ダブルガーゼ】など、子供には、ナチュラルな素材のグッズを持たせたいママにとっては、嬉しい品揃えです。

木綿屋こっとんちゃっくのサイトに、店頭にあるほとんどの生地が載っているので、好みの生地を探してみてください。

ハンドメイド作家のオリジナル入園グッズがオーダーできる【りんごの木】

「オーダーメイドには憧れるけれど、どんな生地を選べば良いか、見当もつかない」そんな貴方は、センス自慢のショップを利用してみてはいかがでしょう。

『入園グッズ専門店 りんごの木』は、ハンドメイド作家・水上里美さんが、一点ずつオーダーメイドの入園グッズを制作してくれる人気のネットショップです。

オーダー待ち多数の理由は、イメージ通りに仕上げられるよう、丁寧なメールのやりとりでリクエストを聞いてくれるから。
届いた時に「わぁ!可愛い♥こんなの欲しかった!」と、ときめく入園グッズを手作りしてもらえます。

基本アイテムは9種類。

《レッスンバッグ、シューズケース、体操着袋、お弁当袋、コップ袋、ループ付タオル3枚セット、お食事エプロン3枚セット、ランチョンマット、スモック》

メインになる生地を、28種類の中から1種類選べば、裏地や底布、持ち手などの付属品をセレクトして、見積もり(生地代+仕立代)と一緒に提案してくれます。生地は北欧系の花柄や、キュートな乗り物柄、個性的な動物柄など、子供ゴコロをくすぐるセレクトです。

さらに、生地の持ち込みもOK!その場合は、商品代金の80%で、お気に入りの生地を使った入園グッズを作ってくれます。
通常、手芸店の場合、生地の持ち込みは不可で、個人のネットショップでも、生地の持ち込みに対応してくれる所は、ほとんどないので、有り難いサービスですね。

納期は、入園シーズン以外は2週間程度。入園シーズンはオーダーを受け付けた順番で、出来上がり次第、順次届きます。
1月上旬現在、納期は2月末予定。4月入園に間に合わせたいなら、急いで注文をしましょう。
注文の流れは、こちらをご覧ください。

北欧系の生地を使った入園グッズに一目惚れ♥【子供は宝ドットコム】

「おしゃれすぎる!」と大人気なのが、『子供は宝ドットコム』の北欧系の生地を使った入園グッズ。
特にスモックレッスンバッグは、お店で見たことのないこだわりのデザインで、幼稚園や保育園でもお友達とかぶることがありません。

基本アイテムは、16種類。

《レッスンバッグ、シューズケース、体操着袋、お弁当袋、ランチョンマット、ポケットバッグ、スモック、通園バッグ、ピアニカケース、座布団カバー、子供用マスク、子供用ハンカチ、おしりふきケース、ゼッケン、防災頭巾カバー》

20種類前後の生地は、男女問わず使えるストライプ柄や、女の子が喜ぶ花柄、男の子にぴったりなマリン柄や乗り物柄など、目移りしてしまいそう。

オプションで、サイズの微調整をしたり、マジックテープやボタンの取り付け、ネームタグの取り付けもオーダーできて、自分仕様にできます。

納期は早い物で、2週間前後。2月〜3月の繁忙期には、2ヶ月ほどかかることも。3月中の注文では間に合わないことが多いので、早めの予約が肝心です。
『子供は宝ドットコム』のサイトはこちらからどうぞ。

個人サイトながら、年間数百個の丈夫なバッグ制作実績を誇る【IPPO】

ママ手作りの入園グッズは、愛情たっぷり、手作りのぬくもりがありますが、縫製が甘く、子供が使っているうちにほつれてしまうとも多々あります。

その点、年間、数百個のオーダーメイドバッグを制作している『IPPO』の入園グッズなら、おしゃれなのはもちろんのこと、頑丈な仕様が自慢!キルティング生地を使ったアイテムの場合、特に強度が求められる部分は二度縫いをしたり、ザブザブ洗濯してもへたれない丈夫な作りになっています。

基本アイテムは9種類。

《レッスンバッグ、シューズケース、体操着袋、体操着袋(取っ手付)コップ袋、お弁当袋、ランチョンマット、ティッシュケース、髪留め&コサージュ》

サイト内でセレクトされた9種類の生地の中から選びます。

1月上旬現在は、サイズオーダーは休止中で、完成品の入園グッズのみ販売中。
1月中旬〜1月末に、サイズオーダーの新規受付を開始して、出来上がり次第、届きます。納期の目安は約3週間。

サイズオーダー希望の方は、『IPPO』のサイトや、FacebookTwitterで受付開始情報をチェックしてくださいね。

男児ママ必見!シンプル格好いい!入園グッズ【Green Porter】

筆者には、娘と息子がいるのですが、男の子服を探していても、ワンパターンなデザインに飽き飽きして、いつの間にか、可愛い女の子服に目移りしてしまいます。

『Green Porter』を主宰するぐりんさんも、「息子に持たせたいバッグがない!」という思いがきっかけで、入園グッズの制作を行うようになりました。コンセプトは、「男の子だって、もっとおしゃれに、格好良く!」

シンプルスマートな【飛行機】や、子供ぽくない格好良さの【迷彩】、マリンテイストの【ボーダー】など、男の子ママが「こんなの持たせたかった!」と喜ぶデザインが盛りだくさん。

リバティ生地を使った【I♡Liberty】や、ヴィンテージ加工が施されて柔らかな風合いの【Let’s Enjoy】なら、女の子にもぴったりです。

基本アイテムは、5種類。

《レッスンバッグ、シューズケース、体操着袋、ランチグッズ、ママバッグ》

お得な3点セット(レッスンバッグ+シューズケース+体操服巾着/10,044円〜)もおすすめです。
サイズ変更や名前タグのオーダーは、別途見積もりをもらいましょう。

1月上旬現在は、サイトは休止中で、1月末に再開予定です。
再オープン直後に、人気アイテムは売り切れになる可能性があるので、1月末はサイトブログを要チェックです。

貴方だけの縫製工場【nutte】

ここまでは、手芸店や個人のハンドメイドのサイトを紹介してきました。
どのお店も、店頭やサイト内で生地を選んでオーダーするのが一般的で、『入園グッズ専門店 りんごの木』を除く、ほとんどのお店で、生地の持ち込みは不可でした。

すでに「入園グッズを手作りするぞ!」と意気込んで、生地を買ってしまった人はいませんか?裁縫をはじめたら上手くいかずに、途中でリタイアしちゃったぶきっちょさんや、こだわりの生地を取り寄せたけれど、上手に縫える自信のない人に朗報です!

入園グッズ1個からでもOK!貴方のためだけに縫ってもらえる『nutte』をご存じでしょうか。
テレビ番組『ガイアの夜明け』や日経ビジネス等でも注目を集めている、新しいマッチングサービスで、サイトに登録をして、依頼をすれば(例えばスクールバッグ1個など)1000人以上の縫製職人の中から、気に入った職人さんと契約をして、縫ってもらうことができます。

「入園グッズを縫製できる職人さん」で検索すると、約12名。
依頼内容によっては、もっと縫ってくれる職人さんが増えます。

生地はあるのに、縫える人がいない、縫う時間がないという時に、ぜひ利用してみてくださいね。

最後に

入園グッズのオーダーは、だいたい1月から受付がはじまり、2月は注文のピークに!2月中旬には、ほとんどのお店で注文の受付を終了しています。

3月中に受付はしてくれるものの、入園に間に合わない・・・そんな事態にならないように、早めに準備をはじめましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします