子供の教育・成長・遊び 旦那

育児にも旦那操作術にも使えるスモールステップメソッドって知ってる?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

足の踏み場がないほど、おもちゃで散らかった部屋に立ち尽くし、子どもに怒ってしまう。「いい加減に片付けなさい!」

もっと育児に参加して欲しいのに、いつまで経っても指示待ち状態の旦那にイライラ。「なんで言われるまでやらないの?!」

こんな気持ちになることは、ありませんか?
筆者の場合、出したおもちゃを片付ける幼稚園に間に合うように準備する、そんな些細なことを、毎日子どもに注意することに疲れ、苛立ってしまうことが、よくあります。

「こうして欲しい!」という生活の目標を、怒りや苛立ちで伝えても、子どもや旦那は「ママが怒っているから、やっておくか」とその場をやり過ごすだけで、根本的には変わりません。

もしも、貴方が、育児や旦那への接し方に行き詰まっているのなら、『スモールステップメソッド』を試してはいかがでしょう?



スモールステップメソッドってなに?

まずは、高い階段をイメージしてください。ヒョイヒョイッと簡単に階段を上がれる人もいれば、階段の高さに圧倒されて、立ち尽くしてしまう人もいることでしょう。
そこで、一段ずつの高さを低くして、上りやすくするのです。すると「のぼれた!できた!」という成功体験が、やる気や自信をつけて、次の一段へと進むことができます。
時間はかかっても、少しずつ上っていき、目標達成するのが、スモールステップメソッドの考え方です。

スモールステップメソッドは、20世紀にアメリカで活躍した心理学者、バラス・フレデリック・スキナーによって提唱され、教育現場や心理療法、人材育成において使われてきました。

最近では、2016年6月22日にNHKあさイチで放送された『ほめて伸ばす!子どもの発達障害』という特集で、家庭でできるスモールステップメソッドが紹介されて、さらに広く知られるようになっています。

では育児の場面で、どのようにスモールステップメソッドを取り入れればよいのか、具体例をあげてみましょう。

スモールステップメソッドで、子どもが片付け上手に変わる!

3acdeb81096dcea936b99efc41cb2f7a_s

「子育てブラック・ジャック」の異名をとる臨床心理士・奥田健次さん著書『叱りゼロで、「自分からやる子」に育てる本』を参考に、スモールステップメソッドを実践してみましょう。


¥ 1,512
アマゾンボタン

まずは、子どもが片付ける習慣を身につけるために、簡単な課題から、少しずつ難易度をあげていきます。

子どもが片付け上手になるスモールステップ

  • ①片付けなければいけない物が10個あるとします。まずはママが1、2、3・・・と順に片付けていきます。最初は、ほとんどをママが片付けてもOKです。

  • ②最後の3つ(8、9、10あたり)を子どものために残しておいて、片付け完了部分(スッキリ片付いた!)を経験させます。

  • ③最後の3つを片付けることができたら、必ず「上手にできたね」「えらいね」と誉めてあげましょう。
    ママが「もう誉めたからいいでしょ」という自己満足ではダメ。子どもの表情をしっかり観察して、「片付けたら、ママに喜んでもらえた!」と子どもが実感して、嬉しそうな顔をするまでほめるのがポイントです。

  • ④上記がうまくいったら、次の課題として、残り3つだった片付けるものを4つ、5つと増やしていき、最終的に子どもがひとりで全部片付けられるようにしていきます。
  • いかがでしょう?「こんな簡単な方法で、子どもが変わるの?」そう疑う方もいることでしょう。
    そこで筆者も、スモールステップメソッドで、子どもと片付けにチャレンジしてみました。

    4歳姉&2歳弟で、実践してみました!

    072a56c88d43caeaa4233da059f76173_s

    以前は、部屋を片付けても片付けても汚されることにイライラして、夕方には怒りがドッカーン!
    「はやくオモチャを片付けなさーい!」と雷を落としていたのですが、その時は渋々片付けても、自主的に片付けることはありませんでした。

    そこで、スモールステップメソッドで片付けを促したところ、まず4歳の姉がほめてもらえるのが嬉しくて、一緒に片付けるようになりました。そんな姉の様子を見て、2歳の弟も、片付けの真似っこをするように。

    「わー!すごい2人のお陰であっという間に片付いた!」と喜んでみせると、子ども達も大喜びで抱きついてきて、お片付けのラストは、親子でだんご状態になって笑っています。

    私も子どもにイライラをぶつけて、自己嫌悪になることがなく、ストレスなく過ごせるのが嬉しいです。

    スモールステップメソッドのポイント

  • ①最初から高い目標を掲げずに、子どもが少し頑張ればできそうなことを課題にしましょう。

  • ②一つの課題をクリアするごとに、ママはしっかり誉めましょう。子ども自身が小さな成功体験に喜びを感じて、やる気や自信をもって物事に取り組めるようにすることが、スモールステップメソッドの原則です。

  • ③誉める時は、抱きしめたり、拍手をしたり、笑顔で声かける等、ママも心から喜んでいれば、子どもに伝わります。

  • ④注意する場合は、叱ったり否定するのではなく、努力している点や頑張っている点を誉めた上で、「こうすればもっとうまくいくよ」と具体的に伝えていくとよいでしょう。
  • 旦那をイクメンに変えるスモールステップメソッド

    c2579c5c3a201ee4f03d92fd0027e541_s

    育児において長年効果ありと言われてきたスモールステップメソッドは、旦那に対しても有効です。
    なかでも、スモールステップ旦那操作術に長けている人物といえば・・・
    オリエンタルラジオ・中田敦彦さんの奥様で、ママタレントの福田萌さんではないでしょうか。

    アメーバブログの育児日記を一冊にまとめた『福田萌のママ一年生日記。』をヒントに、旦那に対して、どのようにスモールステップメソッドを使えばよいのか紐解いてみましょう。


    ¥ 1,404
    アマゾンボタン



    スモールステップ旦那操作術の使い手・福田萌に学べ!

    結婚当初から、中田さんは、専業主婦が理想だと譲らず、家事や育児は女性に任せたいと豪語していました。

    そのため、福田さんは、子どもができたら、母ひとりで育児を担う覚悟をしていたそう。

    ところが、実際に子どもが生まれてみると、ワンオペ育児は想像以上に辛く、売れっ子芸人としてバリバリと働いて、めったに帰ってこない旦那に不満が募っていきました。

    そこで、福田さんは、旦那をイクメンへと変えるべく、スモールステップ旦那操作術を繰り出します。

    第一段階は、正直に気持ちをぶつける

    まず、福田さんは、モヤモヤ、イライラと募っていた正直な気持ちを、中田さんにぶつけました。

    「子どもは可愛いけれど、しんどくて孤独な戦いだった。それを一番近くにいる旦那さんにわかってもらいたいし、ねぎらって欲しい」

    すると、中田さんは「これまで孤独な戦いだったんだね」と理解を示し、母親だけに子育てを押し付けてはいけないと考えを改めるきっかけになりました。

    第二段階は、新しい働き方を提案してみる

    続いて感情的に訴えかけるだけでなく、父親不在が家族に与える負担を客観的に理解できるように、「ワークライフバランス」という考え方を伝えることにしました。

    中田さんのコラムによると、ある時、福田さんから「この記事いいよね」という感じで見せられたのが、小室淑恵さんのワークライフバランスを提唱する記事でした。

    【ワークライフバランス社 代表取締役・小室淑恵】

    これまで900社以上の企業で、働き方をコンサルした経験を持つ社会起業家。
    仕事とプライベートをうまく調和させて、相乗効果を及ぼし合う好循環を生み出すことで、非効率な長時間労働を廃しながらも、売上げを伸ばすことができるという考えをもとに、休業職場復帰プログラム「armo」や介護と仕事の両立に特化した情報サイト「介護と仕事の両方ナビ」を提供する。
    小室さんが提唱する「ワークライフバランス」については、こちらをご覧下さい。

    小室淑恵さんは、夫の長時間労働が少子化の真の原因で、長時間労働をやめて、私生活を増やすことが、仕事も人生も豊かにするという、ワークライフバランスを提唱しており、この記事を読んで、中田さんは「自分の働き方に問題があったのか!」と目から鱗が落ちたそうです。

    働き方を変えてくれた旦那に感謝の気持ちを伝える

    そこから、約10年間、毎月の平均休日が1.5日だった中田さんの働き方が、週1回休みがとれるように変わり、貴重な休みはすべて家族のために使うようになりました。
    そして今、中田さんは休みを週2回にしてもらうか、労働時間を短くして、娘さんが起きている18時頃までには、帰れるようにしたいと思っているのだといいます。

    こうした旦那の変化を、当たり前と受け止めるのではなく、感謝や尊敬の気持ちをきちんと言葉に出して、伝え合うことで、さらに夫婦関係が良くなっているようです。


    ここで、スモールステップ旦那操作術を、「女性が家事や育児は全部やるべき!女性に命令されるのは心外!」という厄介な旦那を持つ友人に試してもらいました。

    スモールステップ旦那操作術を試してみました!

    9297bf598d9ae7db89befa74f24538fc_s

    夫婦げんかのきっかけは、いつも些細なこと。
    「子どものオムツを替えて」「食べ終わった食器を台所に運んで」
    そんなお願いで、すぐに不機嫌になり「女に命令されたくない!お前の仕事だろ!」とキレる旦那。

    そこで、義母が義父にお願いする時の言い方を、真似してみました。

    「申し訳ないけれど、子どものオムツを替えてもらえないかな?」
    「食べ終わった食器をさげてもらえたら、助かるなー」

    正直、面倒くさいなと思いながらも、言い方を変えるだけで、旦那がしぶしぶ手伝ってくれるようになりました。
    どんな簡単な手伝いでも「ありがとう!」「すごく助かったよ!」という感謝の言葉を伝えるようにすると、まんざらでもない様子。

    今は、育休中で家事全般を私が担当していますが、仕事復帰したら、スモールステップ旦那操作術で、家事の分担をしていきたいと思っています。

    最後に

    b70ba703361756440962525e1926cd53_s

    いかがでしたか?育児にも旦那にも使える、スモールステップメソッド

    私たちの中に「できて当然」「やって当たり前」という気持ちがあると、子どもを誉めることの大切さに気づけなかったり、旦那に感謝の気持ちを忘れがちになってしまいます。

    小さな一歩から変わる、スモールステップメソッドを試してみてくださいね。


    お気に入りリスト

    会員登録するとお気に入りリストが作れます

    Loading

    会員登録をするとお気に入りができます

    0

    このママの記事が参考になったらイイネしてね!
    最新記事をお届けします