命名・名前

女の子でひらがなの名前50選〜日本史由来の素晴らしいひらがな名前〜

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こどもの名付けは嬉しい悩み事ですね。

とは言えいくら嬉しい悩み事でも、漢字の画数や意味など、気にしはじめるときりがないものです。

そこで、提案です。ひらがなの名前なんていかがでしょうか。



優美な表音文字、ひらがな

flower-877466_1280

日本特有の文字であるひらがなは、かつて紀貫之(きのつらゆき)が女性に扮して「土佐日記」を書いたことでも知られるように、昔は女性の文字であり、優美な印象を受けます。

表音文字(ひょうおんもじ)ですので、意味や音についても融通がききます。

これらの特長をふまえ、女の子にぴったりなひらがなの名前を50個集めてみました。

日本的な名前

kitadake-1352353_1280

ひらがなは、万葉仮名をもとに生まれた日本の文字。

ひらがなが使われている名前は、一目で日本人だとわかります。これからのグローバル化社会において、この日本人としてのアイデンティティを感じさせるひらがなの名前は、もしかしたら大きな強みになるかもしれませんよ。

日本を表す美称(びしょう:褒めていう呼び名)や、雅語(がご:平安時代の上品な言葉)、万葉言葉から選んだひらがなの名前をまとめました。

日本の歴史から

  • 「まほろ」・・・古事記「倭は国のまほろば~」から。
  • 「みずほ」・・・日本の美称である「瑞穂の国」から。
  • 「やえ」・・・素戔嗚尊「八雲立つ 出雲八重垣~」から。

雅語、万葉言葉から

  • 「あかね」・・・「あかねさす~」をはじめ万葉集で11首に詠まれている。
  • 「ちとせ」・・・千歳。長い年月のこと。
  • 「ちはや」・・・枕詞の「ちはやぶる」から。
  • 「みぎわ」・・・汀。渚。汀優り。

日本の文化から

  • 「かのこ」・・・鹿の子文様から。
  • 「ちづる」・・・丹頂鶴は日本を象徴する鳥。
  • 「ともえ」・・・巴紋から。

女性の美徳を感じさせる名前

japan-1604873_1280

平安時代、ひらがなは「女手」と呼ばれていて、貴族社会では女性の使う文字でした。

ひらがなの字形は優しさ、柔らかさ、あたたかみがあり、女性らしい美しさを自然に感じさせます。

そんな、美しいひらがなを使った女性の美徳にちなんだ名前をまとめました。

美しさ、上品さ

  • 「うらら」・・・麗。気品があり美しい、魅力的であること。
  • かれん・・・可憐。愛らしい、かわいらしい、いじらしいこと。
  • 「みやび」・・・雅。気高く、上品で、美しいこと。

強さ、淑やかさ

  • 「しずか」・・・静。淑やかで清い様子と同時に静御前から。
  • 「しのぶ」・・・忍=忍耐、恕=思いやり、信=信じるなど。
  • 「なでしこ」・・・大和撫子から。
  • 「みさお」・・・操。貞淑なこと。
  • 「ゆり」・・・百合は純潔を表すことから。

母として

  • 「かおる」・・・薫陶・薫育・躾などから。
  • 「ときわ」・・・常盤。繁栄を表す伝統色・常盤色から。


ランキング上位の名前

chess-1483735_1280

好きな名前の響きは決まっていても、どの漢字を使うか迷ってしまうこともあるでしょう。
でしたら、人気の名前を表音文字のひらがなにしてみては。

2015年の女の子の名前人気ランキング上位10個をまとめました。

  • 第一位 「めい・・・芽生、芽衣、五月、萌衣 など
  • 第二位 「ゆい・・・結衣、由衣、唯、結 など
  • 第三位 「はな・・・花、華、英、波南 など
  • 第四位 「あおい・・・葵、碧、蒼、碧衣 など
  • 第五位 「ひまり・・・陽葵、日真理、陽茉里、雛鞠 など
  • 第六位 「こはる」・・・心春、心陽、小春、小遥 など
  • 第七位 「さくら・・・桜、咲良、咲夢、沙久良 など
  • 第八位 「りん」・・・凛、鈴、鈴音、倫 など
  • 第九位 「あかり・・・朱莉、明里、明梨、燈 など
  • 第十位 「ほのか・・・穂香、穂乃花、暖、歩歌 など
  • (『たまひよ 2015年人気読みランキング』より)

ダブルミーニングの名前

balls-1786430_1280

ひらがなの名前は名前の由来や意味が感じられない?

そんなことはありません。

ひらがなは表音文字なのでダブルミーミングも可能です。
むしろ、ひとつの名前にたくさんの意味が込められます。

異なるもの同士で

  • 「かりん」・・・花梨(植物)と火輪(太陽)。
  • 「しおん」・・・紫苑(花)と師恩(師恩友益)とシオン山。
  • 「ゆかり」・・・紫(高貴な色)と縁(巡り合わせ)。

名前によく使われる同音異議の漢字で

  • 「じゅん」・・・純、順、惇。
  • 「ふみ」・・・文、郁、史。
  • 「れい」・・・麗、玲、礼。

外国語と日本語で

  • あい・・・愛、藍、AI(人工知能)。
  • えま・・・絵馬とEmma。
  • まい・・・舞とmy。
  • 「まり」・・・真理と鞠とMarie。

漢字を使うのが難しい名前

wende-court-1542271_1280

漢字をあてるのが難しい濁音の名前・・・
人名として受理されない漢字の名前・・・
いかめしい字面になってしまう名前・・・

そんな名前もひらがなで解決です。

漢字があてにくい濁音

  • 「あがた」・・・「シチリアのアガタ」から。
  • 「あぐり」・・・元は女の子の留め名。最近は農業の意味にも。
  • 「いぶき」・・・息吹、伊吹山から。
  • 「たばさ」・・・聖書の女性名から。

人名に使用できない漢字

  • 「あざみ」・・・薊。「祝福された薊」などから。
  • 「かがり」・・・篝。篝火、あかりから。
  • 「なつめ」・・・棗。茶道具から。
  • 「はなだ」・・・縹。「延喜式」にも登場する伝統色から。

いかめしい、重い字面

  • 「いすず」・・・五十鈴または五十五。神器の名前から。
  • 「うてな」・・・台。蓮のうてなから。
  • 「つづみ」・・・鼓。和楽器から。

良いお名前が見つかりますように

kid-1636313_1280

難読名がたびたび話題になりますが、ひらがなならそんな心配がないのは確かです。

ちょっと凝った名前を希望していて、読みや字面の印象に不安がある場合、ひらがなにしてみると案外落ち着くこともあるかもしれません。

良い名前が見つかりますように。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします