赤ちゃんの行事・お祝い

お宮参りの写真はいつ撮影する?撮影時の服装は?値段の目安は?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

生後1か月すると、予防注射もスタートしますが、同じく赤ちゃんの記念行事も次々行われます。

赤ちゃんの初めての外出になることも多いお宮参り、是非良い思い出にしてくださいね!


\\家計に優しいコスパ最強クレンジングオイル//

お宮参りってそもそも何?

お宮参りは赤ちゃんが産まれたことを神様に報告するとともに、今後健やかに成長してほしいとお願いをする儀式です。

現代のお宮参りは、室町時代からすでにあったとされており、江戸時代になって武家社会の習わしとして浸透したとともに、一般市民にも普及していきました。

お宮参りはいつからいつまで行けば良いの?

実は私、お宮参りは生後1か月頃に行くものだという知識しかなかったんですが、詳しく知らべてみたら、

男の子が生後31日目、女の子が生後33日目(どちらかが32日目のことも多い)と日にちがずれているそうです。

元々は陰陽道の陰陽を男女に見立て、陽=奇数=男の子(31日目)、陰=偶数=女の子(32日目)と分けていたようですが、時代の移り変わりで、男の子と女の子の日にちに差を付ける風習だけが残っていったようです。

そして今現在は「お宮参りはだいたい一か月位の都合の良い日」という風習になっており、男女気にしない方が殆どです。

お宮参りの時期が真夏日でとても赤ちゃんを外に出せない時期であったり、厳冬の場合には一つ季節をずらしても大丈夫です。

中には、お宮参りとお食い初めを同時に行う家庭もありますよ。

お宮参りする神社の選び方は?

特に決まりはありません。

基本的には自分たちの住んでいる地域の氏神様の神社ですが、義実家の近くの神社でやっても良いし、住んでいる市町村の一番大きな神社でも構いません。

それから、安産祈願をした神社に、安産のお礼参りとともに行くこともありますよ。

お宮参りには誰と行くの?

昔からの習わしなら、両親、赤ちゃん、そして父方の両親と行きます。

赤ちゃんを抱っこする人は、夫の父という説と、夫の母という説、両方存在し、どちらが正解なのか定かではありません。

しかし、皆さんの経験談を聞いていると、夫の父が抱っこする説の方が浸透しているようですね。

ですが、今は核家族が増えて、赤ちゃんとその両親だけでお宮参りすることが多いです。

後は両家の両親が揃って大人数で・・・というケースも多いですね。

御祈祷は必要?初穂料は?

御祈祷は出来ればあった方が良いですが、氏神様の神社によってはお宮参りの御祈祷を行っていない場合もあります。

出産したママの厄落としでもあり、お食い初めの時に使うお箸などを貰えるので記念におすすめします。

初穂料は神社によって決められており、大きな神社だと1万円のことが多く、主流は5000円です。

お宮参りの写真はどうする?

お宮参りの記念写真、皆さんはどうるする決まりましたか?

せっかくの記念行事ですから写真は絶対に撮りたいですよね。

近くの神社では赤ちゃんとパパママの3人をおじいちゃんが撮影し、次におじいちゃん・おばあちゃん・赤ちゃんの3人をパパが撮影している様子を良く見かけます。

写真屋さんに頼むと料金はいくら?

お宮参りで写真屋さんを利用する方法は2種類あります。

スタジオで家族写真のように撮影する方法と、神社までカメラマンさんに来てもらって、出張撮影してもらう方法です。

手軽で料金が安いのは前者ですが、神社に来たことを記念にしたいという方には出張カメラマンが人気なんですよ。

写真スタジオのアリスなどを利用すると商品の購入数によって料金はバラバラですが、写真1枚なら撮影料3000円+写真代5000円前後で約1万円あれば足ります。

自分達で撮影するときは誰に頼む?

基本的には三脚が必要になります。

パパママ赤ちゃんの三人で行った場合には、パパが撮影してママと赤ちゃん、ママが撮影してパパと赤ちゃんと、一人抜けてしまいますね。

写真撮影のためにも、どちらかの両親が一緒に同伴してくれると助かるので、是非御両親を誘ってみてください



お宮参りの服装は?

お宮参りに家族揃っていく場合、男性の服装はスーツで統一されるため考える必要がありませんが、女性が着るものは皆で打ち合わせをし、ある程度揃える必要があります。

ママとパパ、祖父母の服装は?

服装は赤ちゃんに合わせるのが基本です。

赤ちゃんが正式なお宮参りのための祝い着で行くなら、ママとおばあちゃんも色留袖か訪問着にする必要があります。

気を付けることは、季節に合わせた柄を選ぶことですね。

赤ちゃんがセレモニードレスなら略式服になるため、家族もセレモニースーツや上品なワンピースを準備します。

色は黒、グレー、紺色やベージュ、淡いピンク等、派手すぎないものであれば制限はありません。

赤ちゃんの服装は?

お宮参りの時の服装はセレモニードレスか、祝い着(着物)が基本で、元々は母方の実家が赤ちゃんに祝い着を贈る習わしがありましたが、現代ではパパとママが着せたいものを着せることが多くなっています。

尚、祝い着は準備するもの大変なため、写真屋さんで撮影するときにレンタルするだけにし、お宮参りの時は脱ぎ着させやすいセレモニードレス(男の子用だと赤ちゃん用のセレモニータキシードもあります)や、ちょっと上品なカバーオールで済ませる方が多いです。

ドレスやカバーオールの色は基本は白ですが、薄い黄色、薄い青、薄いピンクなど、淡い色合いのものならOKです。

◆夏の場合

肌着の上にガーゼや綿で出来たセレモニードレスを着せます。

夏の場合は気温が高いこともあるので、出来るだけ薄くシンプルなものがおすすめです。

レースが多いとその分重ね着の状態になるので結構暑いんですよ。

着物の場合は、絽(ろ)と呼ばれる生地で作れた夏用の風通しの良いものがあります。

◆冬の場合

肌寒さを考えて、冬用のベビーニットで作れたセレモニードレスを着せたり、専用のケープで重ね着させるのがおすすめです。

ケープ以外にも、白のおくるみで包んであげると暖かいでしょう。

秋冬だと、保温性の高い祝い着の方が暖かくて、景色にも溶け込みやすいのでおすすめですよ。

赤ちゃんの服は買う?お下がり?

母方、父方の実家が準備してくれるという場合は遠慮せずに新しいものをお願いして良いと思います。

自分たちで準備する場合にはリサイクルショップで購入したり、家族・友人のお下がりを借りたり、レンタルショップで手配する方法があります。

一回限りの行事で、これから先の育児のために貯金したいと考える倹約ママが増えたことで、ひとりっ子予定の家庭は特に改めて購入しない傾向が強いです。

一緒に行く兄弟姉妹の服装は?

弟妹である赤ちゃんの服装に合わせて、決めますが、赤ちゃんが和装だからといって兄弟も和装にする必要はありません。

写真スタジオで撮影するときは衣装レンタルは無料なので、和装で合わせることが出来ますが、お宮参りのために用意するのは大変ですよね。

そのため、子ども用のフォーマルスーツや、可愛いワンピースがおすすめです。

簡易的な服装であれば上は白シャツに黒や紺のベスト、下は黒のズボンにするときっちりした感じに見えるので十分です。



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします