料理・レシピ

カレーに入れると意外とおいしい!定番じゃない具4選!

みなさんはカレーがお好きですか?

日本人の中にはあまりカレーライスが嫌いという方はいらっしゃらないと思われます。

今やカレーライスは日本の「ソウルフード」と言っても過言ではないでしょう。

では、そのカレーは今やどのように愛されているかみなさんご存知ですか?

現代では信じられない組み合わせでカレーライスとのコラボレーションが完成しつつあるのです。

そんなカレーライス事情をまとめてみました。

[co-7]

トマトやナスなどの夏野菜

現代では「夏カレー」という名称で、

夏にカレーライスを食べているという風習も多くみられるようになりました。

夏カレーとしては、主に夏野菜であるナスなどが多く含まれたものが提供されます。

しかし夏野菜といったらもう一つ・・・それがトマトなんです。

カレーとトマトという組み合わせなんて想像できないという方もいらっしゃいますが、

実際にトマトカレーとして提供しているお店も多く実在しているのです。

夏カレーはもはや定番!大人気の献立レシピ!

このような夏野菜を使って作られている夏カレーは

カレーライス愛好家には定番商品となりつつあるようです。

特にトマトなんて酸味のきいたカレーをミックスする感覚がわからない

といった方も多くらっしゃるとおもいますが、ぜひ、試してみてください。

納豆は意外にも相性が抜群!

和食のお供「納豆」。じつはカレーライスにも相性が抜群なのです。

納豆は大豆を発行した商品です。

その発酵食品をスパイスの効いたカレーライスに入れるというびっくりな献立が存在するのでしょうか。

じつは、存在するのです。

以外にも、カレーライスと納豆は相性抜群だということが判明されました。

様々なレシピを見てみると、カレーを煮込んでいる所に入れる人もいれば、

カレーライスをよそっているところに納豆をかけている人もいるようで、

様々な楽しみ方があるようです。

[co-8]

納豆をそのまま食べるとは言わせません。

カレーライスに納豆を入れることで、

ふんわりとした大豆の味がカレーライスとマッチングするそうです。

そんな味と出会ってしまっては、納豆はもうそのままでは食べることができませんよね。

なかなか想像しにくい組み合わせですが、試してみる価値はありそうですね。

乳製品のカレー社会進出

カレーライスに乳製品が相性が良いのはご存じですか?

じつはスパイスのきいたカレーに、マイルドな乳製品は非常に相性が良いことがわかったのです。

乳製品といったら牛乳、チーズ、ヨーグルト・・・

ちょっと想像したくはないですが、これがまた相性の良いものなのです。

チーズ、ヨーグルト…えっ?「乳製品革命」

みなさんがたぶん相性が良いと思えるのは「チーズ」ですよね。

「チーズカレー」といった名称で、カレーライスが出されているところもあります。

しかしここで想像できないのがヨーグルト、牛乳・・・。想像できませんよね。

ですが、これがなかなか相性が良いことがわかりました。

カレーのルゥの中に、牛乳やヨーグルトを適度に入れると、まろやかな味になるそうです。

甘いカレーがお好きな方にはおすすめの献立のようです。

もはやカレーではない…「ドライカレー」

みなさんが想像するカレーライスは、ドロドロのカレーのルゥがご飯にかかっているカレーだと思うのですが、

近年人気が高まっているのが「ドライカレー」です。

ドライカレーは、ドロドロのカレーと違い、

肉の食感などがしっかりしているぱらぱらとしたカレーなのです。

エスニック料理が定番となりつつある近年では、人気が沸騰中の献立なのです。

じつはこれが本場のカレーに近い

カレーの本場は東南アジアの近辺にある国々であることはご存知かとおもいます。

その国々では、じつは日本のカレーの形よりも、

ドライカレーの形のほうが主流であることはご存じでしょうか。

ドロドロとした食感と違い、ぱさぱさとした触感が味わえます。

ぜひ、試してみてください。

まとめ

カレーが様々な食べ物とマッチングするということを簡単に紹介させていただきました。

また、カレーの形も違った形で味わえるということも紹介させていただきましたがいかがでしょうか。

怖がらずに、ぜひお試しください!

[co-9]

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします