女性の健康

月経カップとは?メリットとデメリット

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

“生理の時にナプキンで蒸れて不快” “ナプキンを使っていたらかぶれた”という経験はありませんか?

こんな生理中の女性の悩みを解決してくれる、ナプキンやタンポンに代わる第3の生理用品としてここ最近注目されているのが「月経カップ」です。

今回は、月経カップとは一体どんなものなのか、月経カップのメリットとデメリット月経カップの選び方と使い方もご紹介します。


\\家計に優しいコスパ最強クレンジングオイル//

「月経カップ」とはどんなもの?

「月経カップ」とは、生理の時に子宮から出る経血を溜めるための生理用品です。

欧米ではなんと50年以上も前から使われています。

現在、主にアメリカ、イギリス、カナダで製造・販売されていて、アメリカでは“スクーンカップ”、“ソフトカップ”、“メンストラルカップ”、イギリスでは“ムーンカップ”、カナダでは“ディーバカップ”、“ルネットカップ”、フランスでは“フルールカップ”などと呼ばれています。

日本では、生理用品はナプキンやタンポンが主流ですが、海外では月経カップはポピュラーに使われています。

日本でもここ数年の間に知られるようになり、タンポンが毒素性ショック死症候群の危険性があることが明るみになり、ゴミが出ずにエコだという理由から月経カップを使う人が増えてきました。

月経カップユーザーさんの声

月経カップは何から作られているの?

月経カップは、主に天然ゴム(ラバー)、ラテックス(ゴム製)、医療用シリコンから作られています。

商品によって、素材、値段、大きさも異なります。

どこで買うことができるの??

日本ではまだ月経カップが製造されていないため、店頭で見掛けることはなかなかありません。

海外で製造された月経カップをインターネット通販大手のAmazonや楽天、海外通販サイト、個人輸入代行サービスを利用して購入することができます。

価格は商品によりますが、2000円から5000円ほどで販売されています。

月経カップのメリット

  • 1、最長12時間交換不要なので何回もトイレに行く必要がない
  • 2、ゴミが出なくてエコ
  • 3、気になる経血特有の臭いがない
  • 4、生理中の蒸れやかゆみ、かぶれなどがない
  • 5、生理用品を購入する必要がなく節約になる
  • 6、消毒をすれば繰り返し使え、長く持てば10年は使用できる
  • 7、経血の量や色を見て自分の健康状態がわかる
  • 8、多い日でも気にならなくなる
  • 9、生理中でもマリンスポーツを楽しむことができる
  • 10、お風呂に入ることが出来る
  • 11、個人差はあるが生理痛が軽くなる
  • 12、お肌に優しく、膣の自浄作用に悪影響がない
  • 13、化学物質による毒素性ショック症候群を引き起こす可能性が低い
  • 月経カップのデメリット

  • 1、装着にコツが要る
  • 2、使用後に取り出す際にコツが要る
  • 3、高い
  • 4、寝て起き上がる時など角度によってはこぼれてしまう
  • 5、取り出す際に指に血が付いてしまう
  • 6、爪が長いと装着や取り出す際に膣を傷付けてしまう
  • 7、溜まった経血を見なくてはならない
  • 8、出先で交換するのが難しい
  • 9、長時間使い続けてしまい不衛生になる
  • 10、排便の際いきんだりすると出てきそうになる
  • 11、入れ方によっては痛みを感じる
  • 12、使い捨てではないので、きちんと消毒などのお手入れをする必要がある
  • 13、日本国内では店頭で手に入れることができない


  • 月経カップの選び方

    素材

    現在、30種類以上の月経カップが販売されています。

    月経カップを購入する際に気を付けたいのが素材

    使用されている素材は商品によって様々ですが、素材のグレードの低い類似品もあるので、注意しましょう。

    また、医療用ラテックスはアレルギー反応が出る方もいるので注意が必要です。

    長さ

    月経カップのサイズはメーカーによってまちまちで、出産経験がない未経産婦用は小さく、出産経験のある経産婦用は大きいサイズとなっています。

    海外で製造されている月経カップは、日本人にとっては長すぎることが多く、長さは短めのものが使いやすいでしょう。

    また、月経カップ初心者さんならソフトなものがオススメです。

    月経カップはカラーが豊富にありますが、使用するなら半透明のものがオススメ

    濃い過ぎる月経カップは、子宮の状態を知ることのできる経血を確認しづらいため避けた方がいいでしょう。

    月経カップの使い方

    20160923-6
    http://www.loveat1stshine.com/

    月経カップは自分自身で膣内に挿入する必要があるので、恐怖心や不安もあるかもしれません。

    慣れるまでは大変ですが、コツを掴めばスムーズに装着することができます。

    月経カップを使用する際に大切なのはリラックスすること

    不安で緊張したり、身体に力が入っていると、挿入時に痛みを感じてしまいます。

    また、取り出す時も焦ってしまい時間が掛かってしまうことも。

    緊張感をほぐし、肩の力を抜いてから使うようにしましょう。

    • 1、装着する前に手をしっかり洗う
    • 2、親指を使って真ん中辺りからU字にたたむ
    • 3、2を内側に折り込む
    • 4、脚を開いてしゃがんだりするなどして膣に入れやすい体勢になる
    • 5、月経カップをつまんだまま膣に入れる
    • 6、指で月経カップの下を押し上げる

    月経カップを装着するのは、タンポンと同じ要領です。

    使用後、月経カップを取り出す時もきちんと手を洗い、いきむなどして腹圧をかけ、カップ下部をつまんで少し平らにしてから、膣内から引っ張り出しましょう。

    取り出したら、月経カップの空気穴に溜まった経血を水かぬるま湯で流しましょう。その際、ハンドソープや石鹸を使ってもOK!

    また、鍋やレンジなどを使用して定期的に煮沸消毒をしましょう。

    お手入れが済んだら、充分に乾かして布のポーチなどに入れ、通気性のいい場所で保管するようにしましょう。

    きちんと選んで正しく使おう!

    生理中の不快感から解放してくれる「月経カップ」を使用すれば、毎月憂鬱になりがちな生理も気にならなくなりそうですね。

    何度も交換する必要がないので、忙しいママにもピッタリ!

    繰り返し使うことができて、経済的なのも嬉しいですね。

    購入する時は、素材やサイズをきちんと選び、使用する際は正しく装着し、お手入れを忘れずにするようにしましょう。



    お気に入りリスト

    会員登録するとお気に入りリストが作れます

    Loading

    会員登録をするとお気に入りができます

    0

    このママの記事が参考になったらイイネしてね!
    最新記事をお届けします