1歳~3歳児 子供の教育・成長・遊び

4歳のしつけ方ポイント4つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

4歳児は、大人と意思の疎通が出来るようになり、じっくり考えたり、実現させるために試行錯誤したりするようになる時期です。

自分で出来ることが増える一方で、分からないことや出来ないことへの疑問が沸き、「なんで?」と何でも聞いてきて、少し面倒に感じるママさんもいるかもしれませんね。

しっかりと子どもを見つめて気持ちに寄り添うことで、子どもはさらに自信を持って外の世界に飛び出し、どんどん能力を発揮するようになります。

今回は、そんな4歳児に対するしつけ方のポイントを4つ紹介します。



ポイント1 普段から話をしてコミュニケーションを取る

たくさんコミュニケーションを取ることで、子どもについて情報を得られるだけでなく、子どもの些細な変化に気づくことが出来ます。

見えない所まで見つめ、受け止める

4歳になった子どもは、相手の立場に立って考えることが出来るようになり、お友達とのやり取りも上手になってきます。

しかし、そんな時期だからこそ、「ママには言わないでおこう」と我慢したり嘘をついたりすることがあります。

分かりやすかった3歳までと比べ、親がしっかりと子どもの見えにくい部分も観察し、受け止めてあげましょう。

日常のことをいっぱい話す

4歳になるとたくさん話ができるようになり、聞いてほしいことが溢れるように出てきます。

ママやパパは、一緒にお出かけをした時に見たものについて話したり、また幼稚園や保育園での嬉しかったことや悲しかったことなどを伝え合ったりしましょう。

読み聞かせをする際に、絵本について感想を言い合うことも子どもの気持ちを知る良い機会になります。

ポイント2 なぜ?を出来るだけ解消する

じっくり考えることが出来るようになるこの時期の「なぜ?」という疑問は、自分で考える習慣をつけるチャンスです。

理由を説明する

出来る限り理由を丁寧に説明してあげることで、原因と結果の関係など、色々な物事のつながりを知り、だんだんと自分で考えられるようになってきます。

「なんでもいいでしょ!」と理由を説明することを面倒臭がり、いつも返事をないがしろにしていると、子どもは考えることをストップしてしまいます。

普段から、理由を付加して話す

「片付けなさい」を「大事なおもちゃや遊ぶ場所が無くならないよう、使わない時は片付けようね。」と理由を付けて話します。

また、「早く寝なさい」を「明日、幼稚園の時間に起きられなくなるから、早く寝て、早く起きられるようにしようね。」と日頃から理由を付け加えてあげます。

そうすることで、なぜ自分が今、そうしなければならないのかを、自分自身で考えることが出来るようになっていきます。



ポイント3 出来るだけ自分でやらせる

子どものチャレンジ精神を後押ししてあげられるよう、パパやママは出来るだけ手を出さずに見守ってあげましょう。

やりたい気持ちを後押しする

自分でやりたい気持ちが強くなるこの時期には、やりたいと意思表示したことには出来るだけ自分で取り組ませてあげましょう。

あまり意思表示が無い子どもには、大人から「これ、やってみる?」と声をかけ、出来た時には褒めて、チャレンジすることへの喜びを感じさせてあげてください。

少し困難なことに挑戦する

危険なことや物は事前に取り除き、段階を持ってスモールステップで成長出来るよう、少しだけ困難な環境を整えます。

例えば、この時期には、ボタンを自分で留めることが出来るようになってきますので、大きなボタンのついたパジャマなどを購入して挑戦させてあげます。
何度も失敗するでしょうが、手を出さず、子どもの力を信じて、応援してあげましょう。

焦らない

子どもの頑張りをしっかり見守るためには、時間に余裕を持って生活することが大事です。

時間に余裕があれば、心にもゆとりが生まれ、子どもの少しずつの成長をほほえましく見守ることが出来ます。

朝は時間がなくても、夜ならゆっくり時間を取れる場合が多いので、チャレンジするものは夜に持ってくることもお勧めです。

出来なくて当たり前と割り切る

まだまだ注意力が散漫な4歳児。

一度注意したから、すぐに出来るようになるわけではなく、何度もくりかえし注意する必要があります。
また、出来ていたことも、少し時間が経つと忘れて出来なくなることも、しばしばあります。

しかし、まだ生まれて4年しか経っていないのです。

出来なくて当たり前と寛容な心で受け入れてあげましょう。

ポイント4 甘えさせてあげる

4歳になると幼稚園などで親と離れている時間も増え、上手に一人遊びや友達と遊べるようになります。

知らないうちに出来ることが増え、成長が著しい時期ですが、まだまだ甘えたい年頃でもあります。

甘えで親の愛を確認している

本当は自分で出来ることでも、「出来ない」とママに代わりにやってもらうことを要求することもあります。

その時は、「自分で出来るでしょ!」と突き放さず、しっかり甘えさせてあげましょう。

パパやママが自分を愛し、理解してくれている「安全基地」だという安心感が、子どもの意欲をさらに高め、自立を促します。

園など外での頑張りを認める

幼稚園などでもしっかり者と言われる子どもは、その評価にしばられて、家でも「良い子」で過ごしてしまうことが少なくありません。

ちょっと頑張り屋さんな子どもには、家では「子どもらしく」過ごせるよう、わがままを言っても良い時間を作るなど、バランスを取ってあげましょう。

しつけと言っても、「叱って育てる」ということではありません。

この時期の子どもは、頭ごなしに叱られることを嫌い、反抗する傾向にあります。

叱るのではなく、教えるというスタンスで、子どもの個性をのびやかな気持ちで育てていってあげましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします