離乳食

離乳食はいつから始めるべき?離乳食期に多いママの悩みと対処法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

生後5か月くらいになると、そろそろ離乳食を考えてもいいころですね。でも、赤ちゃんによっては、全く食べ物に興味を示さなかったり、口に入れても、べ~っと出してしまったりして、なかなか離乳食のタイミングがわからないというママさんたちも多いようです。

私自身も上の子は、おっぱい大好きで離乳食のタイミングがわからず、このままだと大きくならないんじゃないかと心配しました。逆に下の子は、上の子が食べているものに興味津々で、スムーズに離乳食を始めることができました。

このように赤ちゃんにも個性があり、取り巻く環境も違ってくるので、あまりナイーブになることもありませんが、離乳食のステップアップするタイミングがわかれば安心できますね。



離乳食はいつごろから始めたらいいの?

%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9fno%ef%bc%93
http://www.healthyfoodsforinfants.com/
離乳食を始めるタイミングとしては、首の座りがしっかりしてきて、腰を支えてあげると座れるようになったくらいが目安になります。月齢でいうと5~6ヶ月ですが、個人差があるのであまりこだわらなくてもいいのではないでしょうか。

赤ちゃんが機嫌のいいタイミングを見計らってスタートしてみましょう。また嫌がって食べないときは、無理に与えるとさらに嫌がる可能性があるので、赤ちゃんのペースに合わせて進めることが大切です。

5~6ヶ月ころ

Young mother feeding adorable baby
http://babyfreebies4u.blogspot.jp/
赤ちゃんがママやパパが食事をしているときなど、食べ物に興味を示し、スプーンなどを口の中に入れても、舌で押し出すことが少なくなったときがちょうどいいタイミングです。

7~8カ月ころ

唇を閉じて食べ物をゴックンと飲み込むことができれば離乳食を1日2回にしてみましょう。さらに食べ物を下あごと上あごに押し付けてつぶして食べられるようになったら少し固くして、舌で押しつぶせるマッシュポテトなどを用意しましょう。

9~11カ月ころ

%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9fno%ef%bc%95
http://babyrina.jp/

食べ物を舌でつぶして、さらにモグモグと口を動かして食べられるようになったら、今度は歯ぐきでつぶせるような固さ、バナナくらいの固さのものを用意しましょう。噛むという練習を始めます。このころの離乳食の回数は1日3回を目安にしましょう。

1歳~1歳半

バナナくらいの固さのものを歯ぐきで噛んで食べられるようになったら、大人が食べているものの中で少し柔らかめのものを選んだりして、噛みつぶす練習をします。さらに前歯が生えそろってくる頃なので、前歯で食べ物をかじり取って食べる練習も始めましょう。



離乳食の進め方。よくあるママのお悩み

%e9%9b%a2%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9fno%ef%bc%92
http://www.babycenter.com.au/

「早く離乳食を始めないと、成長が遅れるのでは」「うちの子、食が細くて心配」「いつまでも、おっぱいを欲しがって、離乳食を食べない」などなど、いろいろな悩みが出てきます。でも、肝心なのは個人差があるということと、あせらずステップを踏んでいくということです。

7カ月で歯が生えてきたけど、離乳食は固めにするべき?

%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9fno%ef%bc%94
http://smilecare-food.net/

7か月くらいの赤ちゃんで、上下の歯が2本とも生えている子もいます。このころの月齢の赤ちゃんは食べ物が口に入ると、舌で上あごにこすりつけてつぶしながら飲み込むという動きが中心になります。

歯が生えているからといって、いきなり噛むということはなく、歯の生え方と口の動かし方はあまり関係がありません。そのため歯が生えていても、いきなり固いものを与えるのではなく離乳食の進め方は通常通りに進めましょう。

離乳食の食べる量が日によって極端に違う

%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9fno%ef%bc%97
http://www.step12magazine.com/

もしかすると離乳食の内容がワンパターンなのかもしれません。赤ちゃんも「またか」と思ってしまうんですね。そんな時には食材や調理法、味付けなどに変化をつけて、赤ちゃんの食欲を引き出してあげましょう。また毎回同じ量を食べるというのは、ミルクとの兼ね合いもあるので難しいでしょう。1週間のトータルで、だいたいの目安の量が摂れていればOKです。

うまく噛めていないようだけど、次のステップに移ってもだいじょうぶ?

歯ぐきでしっかりと噛めるようになる目安としてはだいたい1歳2ヶ月くらいです。この頃になると第一乳臼歯が生えてくるので、その頃までに歯ぐきでしっかりと噛めているようなら、無理に次のステップに移る必要はありません。

この時期に無理をして固いものを食べさせると、消化不良を起こしたり、食べること自体が嫌になってしまうことにも。段階を追って噛む練習をすることが大切です。食べさせる前に、指でつぶして固さを確認しましょう。

口からベーっと出して、なかなか食べない

%e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9fno6
http://thediva-dish.com/

離乳食を始めるのに少し早いのかもしれません。またスプーンの大きさが赤ちゃんに合っていないかも。スプーンの大きさは、赤ちゃんの口の3分の2くらいがちょうどいい幅です。できるだけ平たいものがおススメ。さらに金属性のものは、冷たさを嫌う赤ちゃんもいるので、メラニン樹脂製や木製のものにするといいでしょう。

スプーンで口の中に入れてしまいがちですが、これがベーっとなる原因です。赤ちゃんの下唇の上に置いて、赤ちゃん自身が口の中に取り込むのを待つくらいのスタンスでいたほうがいいでしょう。赤ちゃんも初めからスプーンで離乳食を食べることはできません。口から出さなくなるのは、始めてから1か月後くらいからです。根気よく続けましょう。

フォローアップミルクは必要?

フォローアップミルクは、ミルクよりもタンパク質が多く、脂肪が少なめというのが特徴です。牛乳に比べると鉄分が多く、ビタミンも加えられています。フォローアップミルクは牛乳の代わりに飲ませるものですから、もしおっぱいが出ているのであれば、わざわざフォローアップミルクにせず、そのまま与えていてもだいじょうぶです。

赤ちゃんは9か月くらいになると、いろいろな栄養が必要になります。特に鉄分の不足が心配になりますが、離乳食に赤味の魚やレバーなどを摂り入れることで解消できます。離乳食が順調に進んでいるようであれば、とくにフォローアップミルクを飲ませる必要はありません。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)



トップ画像出典: ttp://www.laxons.com/

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします