ママ友

あなたはどう?好かれるママの共通点5つ!嫌われるママの共通点4つ!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

学校でも会社でも好かれる人、嫌われる人はそれぞれにいるものです。子どもが生まれるまでは自分だけの人間関係でよく、苦手な人とは付き合わずにすみました。

しかし、子どもの成長につれ、子どもを通した付き合いも必要になります。特にママ友とのトラブルはこども同士の関係にも影響をあたえてしまうことにもなりかねないので注意したいものです。

ここでは好かれるママと嫌われるママの特徴を紹介していきます。あなたにも当てはまることがあるかチェックしてみてくださね!



好かれるママの共通点5つ

魅力的なママ友の周りには不思議といつも和やかな空気が流れています。そこにはどんな共通点があるのでしょう?

(ママ友から慕われるノウハウをまとめたママ友に慕われる人の5つの特徴も参考にされてください。)

1 子どもたちの名前をすぐに覚えて呼んでくれる

相手の名前を覚えるのは仲良くなる第一歩。 知り合ったママがこどもの名前をすぐに覚えて「〇〇ちゃん!」「〇〇くん!」と呼んでくれると一気に親近感が沸くものです。そういう人の名前は自然と周りの人も名前を覚えるので友達の輪がどんどん広がるようです。

しかしながら子育てサークルや教室など大勢の親子が集まる場だと覚えるのも大変。その時は顔だけでもしっかり覚えるようにしましょう。

次に会ったときに名前が思い出せなかったら、素直に「ごめんなさい!お名前なんとおっしゃるんでしたっけ?」と聞いても大丈夫。

何度も聞くのはさすがに失礼なので、教えてもらったらその場で何度か声に出して呼びかけてみると覚えられるかもしれませんね。

2 子どもと遊ぶのが上手・子どもから目を離さない

こどもと一緒になって楽しく遊んでいるママのところには自然と他の子どもたちも集まってきます。

ママたちとおしゃべりしていてもこどもの話に耳を傾けたり、一旦会話を抜けて子どもの相手をしてあげられるママには、気持ちに余裕を感じるので安心して遊べます。

ただ、子どもたちに人気が出すぎると、ママ友との集まりなのに一人で子守をしなければならないような事態になるので要注意!

子どもたちの相手をしてくれているママがいたら一緒に輪に入ったり、私が変わるよと声をかけられる人もやはり好かれるママです。

3 ランチ会のリサーチもおもちゃの片付けもテキパキ!手際がいい

ランチが決まったらお店のリサーチや予約が早い、おうちにお邪魔したら散らかしたおもちゃなどをさりげなく片づけるなど、 できるママは手際がいいのが特徴です。

他にもみんなで集まる日程や内容を相談していると、どうしようか~となかなか話が進まないことがあります。

そんな時にも上手にみんなの意見をくみ取ってまとめてくれるので、幹事的なポジションになることが多いよう。おうちでもテキパキ家事をこなしてるんだろうな~という印象です。

4 子どもやママ友の変化にすぐ気づいて褒める

変化に気づいてもらえると誰でもうれしいものです。 「〇〇くん背が伸びた?」「〇〇ちゃんおしゃべり上手になったね!」など、自分のこどもを褒められて嫌な人はいません。こどもの成長を感じてくれると「そうなんだよ~」と話も弾みます。

もちろん子どもだけでなくママの変化にも。髪形やネイルを変えた、痩せたなどは気づいてほしいところですよね。

5 子育てに関する知識が豊富で頼れる

ママ友との会話の中では様々な情報交換が行われます。こどもの成長具合や病気・しつけ、幼稚園や小学校の評判などみんな知りたいことはたくさん!

そういう話題になった時に、知識が豊富なママ友はいろんな情報を教えてくれます。しかもそれが押しつけがましくないので、みんな何か気になることがあると「あのママに相談してみよう!」と一番に思いつきます。



嫌われるママの共通点4つ

ママ友から苦手意識を持たれたり避けられたりする原因になる4つの共通点。当てはまることがあったら要注意です!!

(体験談あり。嫌われるママ友の驚きの行動をまとめたママ友怖い!嫌われるママ友の信じられない行動ランキング ベスト12も参考にされてください。)

1 愚痴が多い

誰にでも愚痴のひとつやふたつありますよね。それを言ってはダメというわけはありません。でもいつも愚痴ばかりでは聞かされる方も参ってしまいます。

愚痴りたいときは笑いを交えて話したり、「ちょっと愚痴きいてくれない?」と前置きをして話すと聞く方も「すっきりするまで愚痴って」と聞く態勢を作ってくれます。

そして愚痴を聞いてもらったら相手の愚痴も聞く。うまくいくとより仲良くなるきっかけになりますよ!

2 人の話をきかない・押しつけがましい

一方的に自分の話ばかりしたり、人の意見を否定する人とは一緒にいても面白くありませんよね。

相手と違う意見を持っていたとしてもそれを否定するのではなく「そういう考え方もあるんだね!」「こういうやり方もあるみたいだよ」と相手を肯定した上で自分の意見を紹介したいものです。

3 自分の子供をけなす

我が子自慢ばかりされてもうんざりですが、それと同じくらい自分の子どもをけなすような話も聞く方をげんなりさせます。

筆者のママ友にぽっちゃりの娘のことを「ぶたさん」「こぶたちゃん」と呼んでいたり、「うちの子ブサイク~」といつも言ってくる人がいます。

冗談ならいいのですが、毎回だとこちらとしてはリアクションにも困るし、子どもがかわいそうに思えてきます。

4 学歴や職業などしつこく詮索してくる

ママやパパの学歴や職業、交友関係やお金のことなど、相手が話をにごしてもそのままどんどん追及してくる人がいます。

会話の自然な流れで聞いてみるのはいいのですが、話したくなさそうにしていたら別の話題へ。

それもせずにしつこくしていると「この人はうちのことをそんなに聞いてどうするつもりなんだろう」と恐怖心まで与えかねません。

いかがでしたか?好かれるママと嫌われるママのそれぞれの共通点を紹介しました。みなさんの周りに当てはまるママ友はいましたか?

ママ友親子との良いお付き合いが充実すると、子どもたちは毎日を楽しく安全に過ごせたり、ママ自身もおしゃべりを楽しんで子育ての不安やストレスを解消できたりと、メリットがたくさんあります。

身近に素敵なママ友を見つけたら、ぜひその方のいいところを盗んで、自然に人の集まる好かれるママを目指してみてくださいね!

(ママ友がいてよかったことをまとめたママ友はいらない…と思っている人に捧ぐママ友の重要性)も参考にされてください。)


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします