女性の健康

更年期ってなに?更年期障害の症状の原因となりやすいタイプ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

40代に入ると、そろそろママ友の中でも「更年期」の話題が出てくることです。私のまわりにも、早い人でもうすでに更年期に入っているママもいます。

「急に汗が出る」「イライラする」「体がだるい」など更年期にあらわれる症状を聞くと、何だか不安になってしまいますが、女性なら大なり小なりの更年期の症状があらわれるものです。いたずらに不安がるだけでなく、きちんと更年期に向き合いましょう。

更年期とは何か、どうして起きるのか、どんなことに気をつければいいのかなど、今からきちんとした心構えを持つことが大切です。



更年期ってなに?

女性のからだは、年齢とともにさまざまな変化をとげていきます。初潮に始まり、思春期、妊娠、出産と徐々に成熟していきます。

そしてさらに年を重ねると卵巣機能が衰えて、やがて閉経。更年期とは、閉経から老年期に向かうまでの移行期です。

女性なら誰でもある移行期

この移行期に体の中では、今までにないような劇的な変化を起こしています。それが思春期からずっと一緒だった女性ホルモンの「エストロゲン」とお別れすることです。

エストロゲンは女性の体調に大きく影響を及ぼすホルモンですから、その分泌量が減ることで、さまざまな不調があらわれてきます。

いつごろから始まるの?

更年期の始まりは、初潮と同じように非常に個人差があります。早い人で30代後半という人もいれば、50代後半で迎えるという人もいます。

そのためいつからが更年期とはいいきれませんが、日本人の閉経年齢は平均して50歳前後といわれています。

更年期は閉経の前後10年間をいいますから、50歳で閉経した場合、45歳~55歳までが更年期です。

しかし更年期の期間が短い人も長い人もいるので、閉経から5年経ったからといって、更年期卒業というわけではありません。

月経があるうちは心配しなくていいの?

「月経があるうちは更年期ではない」と思っている人が多いようですが、今まで順調だった月経周期が乱れてきたら「そろそろ更年期かも」と思いましょう。

一般的に更年期による月経の乱れは、最初に周期が25日以下と短くなり始めます。出血量も多くなったり、少なくなったりと変化し始めます。

しばらくすると周期が長くなり、40日以上のことも。そして出血量だけでなく、出血日数も変化し始めます。そのうち不定期になって、2ヶ月も月経がなかったり、逆に月に2回もあったりと、いつ訪れるのかわからなくなってやがて閉経となります。



更年期に不快な症状が出るのはなぜ?

更年期に不快な症状が出ることを「更年期障害」と呼びます。更年期障害が起こる原因は、女性ホルモンの急激な現象によるものです。

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類ありますが、更年期に特に影響を及ぼすのはエストロゲンです。

エストロゲンの急激な現象で自律神経が乱れる

エストロゲンの働きはまさに「女性らしい美しさ」を維持するためのもの。

精神を安定させ気分を明るくしたり、皮膚を潤わせ、髪をつややかにしたり、骨からカルシウムの流出を防ぐ働きもあります。

そんなエストロゲンが急に少なくなってしまうため、体がその変化についていけず、自律神経が乱れてからだだけでなく、心にもさまざまな不具合を引き起こします。

症状のあらわれ方には個人差が

更年期は女性なら必ず誰にでも訪れるものです。しかしそれに伴う不快な症状の大小に関しては、受け止め方によってはほとんど感じない人がいる一方で、日常生活に支障をきたすほど重症の人もいます。

つまり症状のあらわれ方には個人差があり、誰かの体験談で「更年期は怖い」と思い込むのはかえってよくありません。

むやみに不安がることは、更年期をさらにつらいものにするかもしれません。更年期の正しい知識を身につけることで、早めに対応することが大切です。

更年期の症状は十人十色

更年期の代表的な症状に「ホットフラッシュ」があります。上半身、特に顔が何の前触れもなく熱くなって、汗が見る見るうちに噴き出すという不快な症状です。

しかしこの症状も誰でも起こるとは限りません。つまり、更年期の症状は「コレ」というものはないのです。

更年期には、さまざまなからだの不調や気持ちの不安定さが出ることを覚えておきましょう。

更年期障害になりやすいタイプは?

更年期障害になる原因として、女性ホルモンの急激な減少があげられますが、単にそれだけなら、誰でも更年期障害を起こすことになります。

ところが重度の更年期障害を起こす人と、それほどでもない人がいるということは、そこにさまざまな心因性の問題がからんでいることが多く、原因を複雑にしています。

環境の変化や人間関係が症状を重くする

更年期にさしかかって、実のまわりに起こるさまざまな環境の変化に気持ちや体が付いていけず、悪化させてしまうことがあります。

夢中で子育てしてきた人も、子どもが親離れしたことで、急に孤独感に襲われる「空(から)の巣症候群」。

今まで仕事一筋で家庭などかえりみなかった夫が定年で毎日家にいることで、ストレスを感じる「濡れ落ち葉症候群」。

夫と自分の親の介護問題で、女性にだけ負担がかかり、心身の疲労が蓄積していく「介護問題」など、精神的な負担も更年期の症状を悪化させる原因になります。

きまじめな人ほど更年期障害が重くなる?

更年期障害が出やすい性格というものがあります。

・何事にもがんばり屋さん
・完璧主義者
・いつまでもクヨクヨする
・責任感が強い

このように今まで何でも完璧にやってきた人や責任感が強いといったきまじめな人ほど、それまでできたことができなくなったことへの苛立ちや焦燥感がかえってストレスとなって、自律神経の働きが乱れるため症状が重くなりがちです。

働いている人の方が更年期障害になりにくい?

よく「専業主婦よりも、働いている女性の方が更年期障害になりにくい」とわれてきましたが、決して症状の出方に差があるわけではありません。

むしろ仕事上のストレスがきっかけで、更年期障害が出る働く女性が多いのです。

さらに働く女性は働いている女性辛くても、仕事に支障を出すまいと見た目元気に装っているだけです。症状に気が付いても忙しさに紛れて、なかなか病院に行かずに、症状をどんどん悪化させてしまうことも。

少しでもおかしいと思ったら、早期に適切な治療を受けることが大切です。

更年期を迎えるにあたって

更年期は誰にでも必ずくるもの。そしてそれをサラリと受け止めるためには、体が辛いとき、無理をせずに周りの理解を得て協力してもらうことが大切です。そして何よりも「何とかなる」とポジティブな心構えで乗り切りましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします