女性の健康 美容法

セレブに人気!アーモンドミルクの効果7つと作り方

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

アーモンドミルクをご存知ですか?アメリカでは牛乳や豆乳を押さえてこのアーモンドミルクのシェアが伸びているそうです。

その人気の秘密は、美容とダイエット効果。日本でも美容や健康に敏感な女性たちから支持されています。

ようやく日本でもグリコなどがアーモンドミルクを販売し始めたので、手軽に飲めるようになりました。アーモンドミルクは自宅でも簡単に作れます。

できたてのアーモンドミルクはまた格別の香と甘みがあってとても美味しくいただけます。



アーモンドの効果7つ

とくにヘルシー志向が強いセレブに人気のアーモンドミルクは、なぜこれだけアメリカで人気なのか。

アーモンドは「太りそう」というイメージがありますが、その脂肪は良質なもの、さらに痩せる作用や健康への効果がわかっています。

1、ダイエット効果

アーモンドに含まれる食物繊維や良質の脂肪によって、便通がよくなります。さらに、アーモンドの成分が炭水化物や糖質、脂質を分解させずにそのまま排泄させることによって、体に余分なカロリーを摂らせないという作用があります。

2、アンチエイジング効果

老化の大きな一因にタンパク質が糖と結びついてできる「AGEs(終末糖化産物)」というものがあります。強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。

アーモンドはこのAGEsに対して然りと結びついて体にAGEsを吸収させない成分を含んでいます、

3、血行がよくなる効果

アーモンドに含まれる良質な油脂は、コレステロールを下げることがわかっています。

とくに悪玉コレステロールを下げてくれるので、血管の詰りを防ぎ、サラサラの血液にしてくれます。アーモンドに多く含まれるビタミンEは、血管を柔軟に強くする効果もあります。

4、活性酸素除去効果

老化や病気の原因となる活性酸素を除去する栄養素としてビタミンEが注目されています。

ビタミンEは、植物や魚などに多く含まれますが、食品の中で最も多くビタミンEを含むのがアーモンドです。このビタミンEは油とともに摂取すると腸から吸収されやすいという特徴を持っているので、アーモンドは吸収率でも優れています。

5、便秘解消効果

食物繊維が多い食品でイメージするのがサツマイモですが、アーモンドに含まれる食物繊維はサツマイモの約5倍もあります。

食物繊維は腸内で老廃物を便と一緒に体外に排出させ、便秘を解消してくれます。腸内環境を整え、悪玉菌を抑え善玉菌を増やす働きもあります。

6、ホルモンバランスを整える効果

ホルモンは体の調子を整える重要な物質です。ホルモンのバランスが崩れると女性の場合、更年期障害や月経不順など婦人科系のトラブルが発生します。

アーモンドにはホルモンの原料となるアミノ酸の一種である「トリプトファン」がたくさん含まれています。

7、美肌効果

脂肪は太ると思っていませんか?美しくダイエットしたいなら、脂肪はとても大切です。「良い脂肪」を摂ることがダイエットを成功させるカギ。

アーモンドに含まれる脂肪分のほとんどは「不飽和脂肪酸」です。そのなかでもオレイン酸を多く含み、肥満の原因である悪玉コレステロール値を下げ、加齢物質であるAGEsを抑える働きがあります。

アーモンドには美肌をつくる良質の脂肪がたくさん含まれています。



アーモンドミルクの作り方とレシピ

市販のアーモンドミルクもいいですが、糖分や香料、ビタミンEなどが添加されたものが多いようです。アーモンドミルクはミキサーがあれば簡単に作れます。自家製アーモンドミルクの風味を楽しんでみてください。

アーモンドミルクの作り方

材料

生アーモンド 100g
水      500ml

作り方

(1)生アーモンドを倍以上の水に約8時間浸します。
(2)アーモンドを浸した水を切って水洗いし、ミキサーに入れます。
(3)水500mlを加え、ミキサーに約1~2分かけます。
(4)ボウルにザルを重ね、布巾をかけて濾します。
(5)布巾の両端をねじるようにして、じっくり絞りましょう。
(6)出来上がったアーモンドミルクは、冷蔵庫に入れて保存。時間が経つと分離するので、使う時にはよく振ってから使いましょう。たくさん作っておいて、製氷皿で凍らせておけば長期保存も可能です。

小松菜のスムージー

葉野菜独特の苦みや青臭さがアーモンドミルクによってまろやかになるので、とても飲みやすくなります。カロリーも牛乳や豆乳の半分ですから、毎日飲みたいスムージーです。

材料(2人分)

・小松菜 2株
・リンゴ 1個
・バナナ 1/2本
・アーモンドミルク 200ml

作り方

材料はリンゴ→バナナ→小松菜の順番に入れて、最後にアーモンドミルクを入れます。低速、高速の順で回し攪拌しましょう。

アーモンドミルクの「カス」も有効利用しよう

アーモンドミルクを自宅で作ると必ず出る「絞りカス」。何だかそのまま捨てちゃうのはもったいない。もちろん絞りカスにも栄養がたっぷり含まれていますから、捨てずに有効利用しましょう。

下処理を

まず下処理を行います。アーモンドの絞りカスをオーブンの天板にできるだけ薄く広げます。180℃で5分ごとにかき混ぜながら、約15分加熱します。

アーモンドに含まれる水分によっても変わってきますが、仕上がりの目安は市販のアーモンドパウダーのようなしっとり感のある感じです。

甘いクランブルに

アイスクリームに添えたり、フルーツコンポートに添えたり、使い勝手のよいクランブルに仕上げてみましょう。

材料

・無塩バター 20g
・薄力粉 20g
・グラニュー糖 20g
・塩 ひとつまみ
・アーモンドミルクの絞りカス 20g

作り方

(1)バターを細かく切って、冷やしておきます。
(2)ボウルにふるった薄力粉、グラニュー糖、塩、アーモンドミルクの絞りカスを入れて混ぜ合わせます。
(3)無塩バターを加え、指ですりつぶすように混ぜます。ポロポロの状態になったら冷蔵庫で冷やします。
(4)クッキングシートを敷いた天板に生地を広げ、180℃のオーブンできつね色に色づくまで焼き上げたら出来上がり。

牛乳が苦手な人でも大丈夫

牛乳を飲むとお腹が痛くなる。これは「乳糖不耐症」と言われるもので、日本人の約8割近くが牛乳を飲むとゴロゴロしたり、トイレに駆け込んだりするそうです。

アーモンドミルクにはその原因となる乳糖は含まれていません。いろいろなお料理にも使えるので、美容と健康のために食生活に取り入れてみてください。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします