妊娠初期 妊婦の健康・食事

神経管閉鎖障害とは?予防に葉酸が効果的な理由

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

妊娠中や妊活中の女性が積極的に取った方が良いとされる「葉酸」。

この葉酸は神経管閉鎖障害の予防に効果があるとされている成分です。ところで、神経管閉鎖障害ってどのような病気かご存じですか?



神経管閉鎖障害は神経管に起こる先天異常

神経管閉鎖障害とは、字のとおり「神経管が閉じでしまう」障害です。

この障害は、脳や脊髄など中枢神経系の元となる神経管が形成される妊娠4~5週目に起こる先天異常です。

神経管がうまく形成されないと、脳や脊髄がきちんとくっついていない状態になってしまい四肢や脳に異常が現れてしまいます。

また、神経管のどの部分が塞がっているかで障害の現れ方が変わり、主に「二分脊椎(にぶんせきつい)」と「無脳症」の2種類に分かれます。それぞれどんな障害なのか?見ていきましょう。

主な障害その① 二分脊椎

神経管閉鎖障害で神経管が塞がった位置が下部の場合は二分脊椎という病気が発症します。

この病気になってしまうと、脊椎や脊柱が正常に作られずに一部が分断されてしまい、脳からの司令が身体の下部にうまく伝達されなくなってしまいます。

具体的な症状としては、下半身の神経麻痺による歩行障害や運動障害、膀胱や直腸を動かす筋肉麻痺による排尿・排便障害などが挙げられます。

二分脊椎の中でも「神経管の塞がった位置」次第でその症状は大きく変わってきます。

仙骨(せんこつ)に異常がある場合の症状

排尿・排便障害のみで足の麻痺は無いか、あっても軽症であるケースが多いです。

腰椎(ようつい)に異常がある場合の症状

排尿・排便障害にプラスして歩行障害や運動障害が発症してしまいます。ちなみに、日本における発症の割合は1万人に5人前後とのことです。

無症状なケースもある!二分脊椎の種類2つ

二分脊椎には「開放性二分脊椎」と「閉鎖性二分脊椎」があります。

【開放性二分脊椎の場合】

出生時に脊椎の一部が皮膚から露出した開放性二分脊椎は、水頭症やキアリ奇形を併発していることも多く、基本的に症状が重いです。

【閉鎖性二分脊椎の場合】

一方で脊椎が正常な皮膚に覆われている閉鎖性二分脊椎は症状が軽く無症状なケースも多いのだとか。

一般的に「二分脊椎」と言うと、開放性二分脊椎のことを指しています。

主な障害その② 無脳症

神経管の塞がった位置が上部の場合は無脳症という病気が発症。

これは神経管の閉鎖により脳や脊髄がうまく形成されず、脳が全く無いか大部分が欠損した状態になってしまう病気です。

頭蓋骨や皮膚がなく脳が露出していることや、眼球の欠損や突出、唇の異常である口唇口蓋裂を併発していることもあります。

臓器には異常がないケースが多いですが、生命維持に重要な脳幹を欠損していることが多いので残念ながらほとんどの赤ちゃんは死産になってしまいます。

出産まで辿りつけたとしても1週間以内に無くなってしまうことが多く、基本的には生存不可能な病気であると言えるでしょう。無脳症もまた、日本における発症の割合は1万人に5人前後だと言われています。

葉酸は脳や脊髄の形成に必要不可欠な栄養素

それでは何故、葉酸が神経管閉鎖障害の予防に効果があるのでしょうか?

実は葉酸は、胎児の細胞分裂を手助けする働きを持つ栄養素なんです。胎児の身体を作るためにはもちろんのこと、脳や脊髄を作るにあたり、なくてはならない存在なんですね。

つまり、脳や脊髄を形成する段階で葉酸が母体に十分にあれば、異常が起こりにくくなると言うわけなのです。

ただし、葉酸さえ摂取していればOKと言うわけではない

ただし、神経管閉鎖障害が起こる原因は葉酸不足以外にもあるんです!

妊娠中の環境(糖尿病やビタミンAの過剰摂取など)や遺伝などが原因で神経管閉鎖障害が発症する場合もあるため、葉酸を摂取していたからといって全ての神経管閉鎖障害を予防できるわけではないのです。

葉酸の摂取は、あくまで「神経閉鎖障害の発症リスクを軽減する」という効果があるに過ぎないので過信は禁物。

とはいえ、海外での研究結果によると葉酸を摂取した妊婦は神経管閉鎖障害の発症リスクを60~75%も軽減することができたのだそう。

やはり、葉酸はしっかり摂取しておくべき栄養素だと言えますね。

妊娠前から摂取するのがベスト!

妊娠したら葉酸を摂取したら良いと思っている人も多いかもしれませんが、できれば妊娠する前から葉酸を取っておくのがベスト

何故かと言うと、神経管閉鎖障害が発症するのは妊娠4~5週頃ですが、この時期に葉酸を摂取していれば良いというわけではなく、この時点で母体に葉酸が十分にあるという状態が望ましいからです。

神経管閉鎖障害の予防のためには、具体的には妊娠の1ヶ月以上前~妊娠3ヶ月目まで葉酸を摂取するといいでしょう。

妊娠を希望している女性は早めに葉酸の摂取を始めておくといいですね。

妊娠発覚後でも遅くない

しかし、妊娠前から葉酸を摂取していないと効果が無いというわけではなく、妊娠がわかってから葉酸を取り始めた場合も神経管閉鎖障害の発症リスクを軽減する効果はあります。

葉酸を取っていなかった人も、「今更遅いかも・・・」なんて思わずに妊娠発覚後からでもいいのでしっかり摂取するようにしましょう。

1日に必要な摂取量は1日400μg

神経管閉鎖障害の予防のためには、1日400μgの葉酸を摂取する必要があります。これは普段の食事だけでは難しい量なので、サプリメントを併用するのがオススメですよ。

ちなみに食事で撮ろうとすると、こんな感じになります。

納豆の場合

葉酸が多い食品の1つ納豆。納豆1パックあたり60μgの葉酸が含まれてます。つまり一日6.6パック納豆を食べる必要があります。

ほうれん草の場合

葉酸が摂れる代表的な食材。茹でた場合だと100gあたり110μgの葉酸が含まれています。つまり363gの茹でたほうれん草を食べる必要があります。



葉酸は妊娠時にとても大事な栄養素

葉酸は神経管閉鎖障害の発症リスクを軽減してくれるだけではありません。

妊娠しやすい身体作りや、精子の細胞分裂にも必須の栄養素なので男女問わず不妊に効果があります。

また、妊娠後は母体の貧血予防や赤ちゃんの成長にも欠かせません。更に出産後も、質の良い母乳を作るためには大事な栄養素なのです。

葉酸をしっかりと摂取して、心身ともに健やかなマタニティライフを送ってくださいね!

葉酸サプリの選び方については以下の記事で紹介してます。

【関連記事】
葉酸サプリの賢い選び方とおススメできるサプリBEST4

【電気代をもっと安くしませんか?】
業界初基本料0円の料金体系で年間1万円以上安くなるかも!(loopでんきPR)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします