幼稚園・保育園

幼稚園!私立と公立の違いとは?失敗しない幼稚園の選び方

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

幼稚園を選ぶ時、まず、私立か公立で迷いますね。

でもどこが違うのか?具体的に言える方は少ないでしょう。

そこで今回は幼稚園の私立と公立の違いをまとめてみました。これから幼稚園選びをするママ達、ぜひ参考にしてください。



幼稚園!私立と公立の違いとは?

kinder

http://www.dallajapa.com

私立幼稚園の特徴は、お勉強重視な保育が多いことです。私立は園バスが利用できることで、少し離れた幼稚園を選ぶことができ、幼稚園の選択肢が増えます。

1、私立と公立の「運営」の違い

【私立の場合】
民間が運営。社会福祉法人、学校法人、キリスト教、仏教寺院など様々。方針もそれぞれ違う。

【公立の場合】
各市町村の自治体が運営。文部科学省による指導要領により教育方針はどの公立幼稚園も大体同じ。

2、私立と公立の「先生」の違い

【私立の場合】

園での活動がハードで先生の入れ替わりも多いため、若い先生が多い。

【公立の場合】

先生は公務員で経験のあるベテラン先生。

3、私立と公立の「通園方法」の違い

【私立の場合】

通園バスを利用できる園が多く、少し離れた地域からも通うことができる。

【公立の場合】

バスが運行されている幼稚園は少なく、基本は徒歩や自転車での送迎。

4、私立と公立の「昼食」の違い

【私立の場合】
給食の日が多い。お弁当の日を設けて、給食と曜日で分けてある場合もある。

【公立の場合】
給食がない幼稚園が多い。お弁当を作って持っていく。

5、私立と公立の「保育内容」の違い

【私立の場合】
年間の行事は公立よりも多く、子供には良い経験が増えます。その分、保護者の負担も多く、役員にもなると、行事前は準備で大忙し。また、教育に力を入れる園も多く、音楽、英語、体育などを保育に取り入れられている。

【公立の場合】
年間行事は比較的に少なめ。教育ものびのびしていて、子供にとって、なじみやすい環境。

6、私立と公立の「保育期間」の違い

【私立の場合】
3年保育が多く、ほとんどが、年少児からの募集。

【公立の場合】
年中からの2年保育が中心。

7、私立と公立の「1カ月の保育料」の違い

【私立の場合】
設備が充実しているので公立より費用はかかる。1カ月にかかる費用は、平均30,000円。公立より2倍以上かかると言われている。

【公立の場合】
平均12,000円くらい。

8、私立と公立の「保育時間後の教室」の違い

【私立の場合】
保育料とは別に料金はかかるが、保育終了後の延長保育時間に、講師の方がきて、そのまま各教室に参加することが可能。教室の種類は、スイミング、体操、絵画など、園により異なる。習いごとの送迎がないことが魅力。

【公立の場合】
ありませんので、習い事をする場合は個々で通う。



私立と公立ともに共通する費用

Typical Kindergarten Classroom

http://belinder.smsd.org

私立・公立ともに共通する費用についてご紹介します。

【入園時の入園金】

私立→3万円〜10万円。
公立→1万円〜2万円。

【入園時に購入が必要な物】

園指定の制服
体操服
通園帽子
通園バック

【入園後にかかる費用】

バス代
給食費
冷暖房費
教材費
PTA会費
園の行事費用

幼稚園の選び方

testphoto1-620x279

http://brownschool.ca

我が子の将来に影響する大切な学び舎。どう選べばいいのでしょう?ポイントを3つご紹介します。

幼稚園の選び方1、幼稚園の特徴を見る

私立、公立に関係なく、各幼稚園の特徴を重視して検討すると、お子さんにとっての最適な幼稚園が見つかるはずです。

以下のどのタイプの保育園に通わせたいですか?

幼稚園の特徴は、知育、文字、数、英語、漢字、計算を学ぶ「お勉強に力を入れた保育」

子供の個性を伸ばす「のびのびした保育」

体を元気に動かす「外遊び中心の保育」

お子様がどんな子に育って欲しいか?ご家庭の教育方針と重なる園を選ぶことが何より重要なポイントです。

幼稚園の選び方2、園長先生のお話を聞いてみて

園長先生の「幼稚園運営の考え」を聞くことが大切です。園長先生の考え方は幼稚園に大きく影響します。

見学に行って、この考え方が、ご家庭の教育方針と同じ方向かどうかを判断してください。

また園長先生の考えが、主任先生や他の先生方に、きちんと伝わっているかどうかも大切です。

幼稚園も社会のような組織です。園長先生がリーダーとなり指揮をとり、問題のない組織であれば、子供を安心して預けられます。

幼稚園の選び方3、幼稚園にいる子供たちは楽しそう?

集団生活をしている子供たちは、元気いっぱい楽しんでいるかどうか。子供らしさがなく、笑顔がないと「何か問題があるのでは?」と思ってしまいます。幼稚園を見て、先生や子供たちの表情を見てください。

幼稚園入園までのスケジュール

Closeup calendar page with drawing-pins

http://www.esgallegos.com

幼稚園入園までのスケジュールを紹介します。スケジュールを頭に入れて納得のいく保育園を選びましょう。

【入園までのスケジュール】
幼稚園の見学(8月から9月)
↓↓
幼稚園説明会・願書配布(9月から10月)
↓↓
入園願書受付(10月から11月)
↓↓
入園選考(面接、試験)・結果(10月から11月)
↓↓
入園手続き、制服採寸(10月から11月)
↓↓
入園説明会、制服、教材の受け渡し(12月から2月)
↓↓
1日体験入園(2月から3月)
↓↓
入園式(4月)

と言う順です。慌てることがないように流れを把握しておきましょう。各幼稚園、日程は異なりますので、日にちはお間違えの無いようご注意ください。

まとめ

preschool-1

http://destinationksa.com

ご紹介した通り、私立と公立の違いは費用の面から、食事、期間、保育内容など様々な違いがあります。

また、私立・公立問わず各幼稚園の保育方針などそれぞれ独特のカラーがあります。

どこの幼稚園がいいか?特に初めてのお子さんであれば、大いに悩まれることでしょう。

お子さんにとって初めての教育の場所となる幼稚園。「我が子はこんな風に育って欲しい」そんな気持ちを込めて後悔のない幼稚園を選ばれてくださいね。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)



トップ画像出典: https://blog.pinterest.com

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします