ママ友

ママ友どこで作ればいいの?と悩んでるママにおススメの作り方

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!9ヶ月の息子の子育て真っ最中のママライターです。

ママ友という言葉、よく耳にしますよね。

ドラマなんかでも取り上げられることもあり、妊娠・出産前は「なんだかドロドロしてめんどくさそう」なんて思っていました(笑)

けれど、実際に息子が産まれて思ったのは、「家の中に2人きりでいるとこの子の世界が狭まってしまうんじゃないか」、ということでした。

できることなら沢山の友だちと仲良く遊べる子になってほしい。

そんな想いから、息子の友だち作りと、おまけで私のママ友作りをスタートしました。

でもどこに行ったらできるの?それがわかりませんでした。

里帰り出産かつ個人病院での出産だった私は、残念ながらそこでのご縁には恵まれず…そんな時には私が参加したのが、

地域で開催されている赤ちゃん交流会と、地区センターでの育児相談の時間でした。



地域の赤ちゃん交流会

自宅に戻ってしばらくしてから、自治体からの派遣で保健師さんの家庭訪問がありました。

これはどこの自治体も行っているところが多いようですね。

そしてそれとは別に、地域の子育て支援員、という方もいらっしゃって、そちらの訪問もありました。

こうした方は地域に複数名いらっしゃって、地域全体で子育てを応援するためのサポートをしてくれる人とのこと。

その方に教えてもらったのが、この赤ちゃん交流会の存在です。

【1人目の赤ちゃんとそのママが対象で、その子が1歳になるまで】という会でした。

息子が4ヶ月のときに初めて参加しました。息子は何がなんだかわかってない様子で周りをきょろきょろ。

病院以外でたくさんの赤ちゃんと会う機会は、息子にとっても私にとってもそれが初めてでした。

隣にいたのがたまたま月齢の近い赤ちゃん&ママで、そこで色々お話をすることができました。

【1人目の赤ちゃん】といういい意味で縛りがあるので、悩んでいることや知りたいと思っていることも似ていましたね。

お互いに情報交換をしたりして、時間は過ぎていきました。

大体月に1回程度開催されていてそのたびに参加していますが、毎回保健師さんや助産師さん、歯科衛生士さんと色々な方がいらっしゃってお話を聞けるのでとても勉強にもなります。



地区センターでの育児相談

こちらは赤ちゃん交流会のときに存在を教えてもらって行ってみることに。

児童館がある地域もあるようですが、私の住んでいるところではそのかわりに地区センターがあります。

地区センター内に子ども向けのプレイルームがあり、育児相談はそこで行っています。

相談を聞いてくれる子育て支援員の方が週2回来ているほか、プレイルーム自体はいつでも開放されているので好きな時に来て遊べるようでした。

幼稚園に入る前の大きなお子さんも来ているようでした。

最初は同じくらいの月齢の赤ちゃん&ママと話していることが多かったのですが、

赤ちゃん交流会と違って1歳過ぎのお子さんもいるのでまた違った話ができるのが良かったです。

先輩ママたちの話は、毎日手探りで子育てをしている私にとって参考になることばかりでした。

今では育児相談以外のタイミングでもプレイルームに行っています。

ママ友と会えばそこで話ができて自分自身の気分転換にもなるし、

息子は息子で、家にはないおもちゃがたくさんあって、ハイハイもつかまり立ちもし放題!ということで、活発に動き回っています。

まだ赤ちゃん同士で遊ぶような月齢ではないようですが、お互い気になるようでたまに顔をじーっと見たり手を伸ばしたり、なんて姿も見れたりします。

地域の子育て支援がママ友作りもサポート♪

今では子育て支援を積極的に行っている自治体も多いですよね。何よりその多くが無料で受けられるのも助かります。

「ママ友ってめんどくさそう」なんて思ったこともある私ですが、実際にはその存在に助けられることが多いです。

家に閉じこもってばかりでは、自分がストレスで参ってしまいそうになること、子育てをしたことがある方は誰でも経験があると思います。

そんな時には外へ出て誰かと話して、ストレス発散するのが1番。

ママが集まれば自然と子どもが話題の中心になるので会話も続きやすいですし、肩ひじ張らずにまずはなにかに参加してみることをおすすめします。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします