出産

3児のママの体験談!出産時旦那は立ち会うべきか?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、小・中学生を育てている3児のママライターです。

出産は女性のみが体験することができる貴重で神秘的な体験です。

今回はそんな出産時に旦那様に立ち会ってもらうべきか、もらわないべきか、私の経験も折り込みつつお話したいと思います。



夫婦で出産を共有すること

私が初めて出産を経験したのは13年前。私は妊娠当初から主人に立ち会い出産を希望していました。

そして子どもを心待ちにしていた主人も絶対立ち会いたいと…。

私が立ち会ってもらいたかった理由はただひとつ!出産する姿を見て欲しかったからです。

出産は壮絶ですから、「あんな姿を見て欲しくない」とか、「女性として見てもらえなくなる」など耳にしますよね。

出産は女性!でも二人の赤ちゃん

出産をするのは女性だけど、生まれてくる赤ちゃんは二人の子どもです。

そんな大事な瞬間逃してほしくないと思いました。

そして同時に、「私はあなたの子どもを命がけで産むのよ」という思いを込めて…。

とは言っても分娩室の中ではいろんな事が行われているので、そういうのが苦手な男性もいるのでその辺りはじっくり夫婦間で話し合って下さいね☆

妊婦の本音!旦那様には励まして欲しい

出産って本当に痛くて辛いんです。時間がかかればそれだけママの体力は消耗します。

そんな時は是非そばで見守って、励ましてもらってください。

凄く辛そうな姿を見て何もできない…なんてことはありません。

背中をさすってもらったり、飲み物を飲ませてもらったり、サポートしてもらえることはたくさんあります。

ですから是非旦那様に甘えましょう!辛さも共有です。

母親・父親学級を利用して

病院や保健センターで行われている母親学級。近年では父親学級もあるそうです。

この母親・父親学級で妊娠中の食べ物から出産時の備え、生まれてきた赤ちゃんのお世話の話など、数回に分けてお話を聞く機会があります。



出産時のビデオがとても勉強になる

出産時のビデオ等も見ることがあるので、とても勉強になります。

ママは自分の体の変化で徐々に実感がわきますが、男性の体は変化をしないので父になる気持ちも少し薄いのが現実です。

ですからこのような機会も是非ご夫婦で参加してみてください。そうすることで旦那様も出産に対する気持ちが変わってくるはずです。

父親になる実感がわく瞬間かもしれませんよ。

我が家の旦那様も立ち会い出産に向けてもちろん参加しましたよ!

立ち合いができないこともある!?

ちなみに母親・父親学級に参加していないと立ち会い出産ができない病院もありますから事前に確認してくださいね。

出産直後の流れ!赤ちゃんと旦那と私と

無事に出産を終えたら、赤ちゃんは体を綺麗にしてまだ分娩台にいるママの元に戻ってきます。

そこで初乳をあげる場合もありますし、パパが初抱っこもできます。

親子共々初対面ですね!家族になった瞬間ですね。

そんな瞬間は是非ともパパに一緒にいてほしいと思いませんか?

私の初産では、綺麗にされて戻ってきた赤ちゃんをパパが一番にチュウしちゃったんです!!私は分娩台の上であんぐりですよ。

私的には「うわぁぁ。先に越されたぁぁ」って感じでしたが、それができるのも立ち会い出産ならではかもしれません。

出産秘話を子どもにツタエテ

そして、大きくなった我が子にぜひ、出産秘話を教えてあげて下さい。

「あの時パパがね…」とか「そうしたらママが…」とかお話してあげて下さい。

すごく愛されて生まれてきた事が子どもに伝わります。

パパとママで一緒にお話しすることで子どもはとても喜びますよ!

子どもって自分の話をされるのが大好きですから、凄く嬉しそうに聞いてきます。

立ち合い出産でしか味わえない幸せがある

いかがだったでしょうか?

出産にはたくさんの想いが込められると思います。

その素敵な想いを一緒に共有してみて下さい。

私は立ち会い出産をすることを是非オススメしたいです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします