幼稚園・保育園

マザー・ゲームの幼稚園にそっくり。息子の幼稚園は格差がヤバい!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。17歳と10歳の女の子、14歳と5歳の男の子、合計4人の子供を育てているママライターです。

木村文乃さん主演のテレビドラマ、マザー・ゲーム~彼女たちの階級~、見ていらっしゃいますか?

育児中のママなら、つい気になって見てしまう、という方が多いのではないでしょうか?

「あんな幼稚園本当にあるのかしら?所詮ドラマよね」

皆さんそう思ってはいませんか?実は本当にあるんです。

うちの5歳の息子が通っている幼稚園(ちなみに上の子も同じ幼稚園)が、まさしくマザー・ゲームの幼稚園にそっくりなのです。



セレブが集まるイングリッシュクラス

その幼稚園は各学年3クラスずつ、計9クラスあります。

そのうち各学年に1クラスずつが保育のすべてを英語で行うという、イングリッシュクラスになっています。

イングリッシュクラスは、日本人の先生のほかに、外国人の先生が2人担任でついていて、

月謝も普通クラスより、1万円ほど高い上、週に2回以上その幼稚園の系列の英会話教室に通うことが義務付けられているので、実質はさらに割高。

このイングリッシュクラスにセレブな親子が集まっているのです。

普通クラスは意外にお得。ゆえに表面化する格差

イングリッシュクラスがある一方、この幼稚園、実は普通クラスに通わせる分には、意外とお得だったりします。

なぜなら、週に1回15分ほどですが、イングリッシュクラスの外国人先生が、普通クラスに英語のレッスンをしてくれますし、系列のスイミングスクールのプールにも、週に1回入れてくれます。

また、園の給食室で栄養士さんが作ってくれる出来たてのおいしい給食もあります。

これらすべてが、ほかの幼稚園とさほど変わらないお月謝に、すべて含まれていますから、近所に住む私達にとっては入れやすい、良い幼稚園なのです。

なので普通クラスにはシングルマザーも、金髪茶髪のヤンママもいます。しかし、そのことで、園内の格差があからさまになっているともいえます。

駐車場に並ぶ高級車、園庭でのセレブなおしゃべり

ドラマの中の木村文乃さんのように、私はいつも自転車で送迎していますが、イングリッシュクラスの方はやはり高級車が多いです。

ベンツ、BMW、レクサス、アウディ、プジョー、ローバーなど、駐車場を見渡してみると、高級車が停まっています。

そして、送迎時の園庭の片隅では、素敵な装いのセレブママたちが会話を楽しんでいます。

お互いのネイルを見せ合ったり、「子供へのサプライズプレゼントはサイパン旅行にしたの」

「うちは今度の休みハワイなんだけど、いいお店知ってる?」「だったら○○って言うところが子供連れにはいいよ」など、実にうらやましい話が聞えてきます。

また、「TOEIC受けさせたいわ」「まずは英検からよ。小学生のうちに2級は取らせたいわね。

でも小学校に入ると、英語の勉強時間も十分にとれなくなるわよね~」など、教育熱心な会話ももれ聞こえてきます。



加熱する習い事。不思議な発表会

幼稚園の系列は、英会話教室とスイミングスクール以外にも、音楽教室、体操教室、絵画教室があり、スポーツクラブのサッカー教室とも提携しています。

ほとんど毎日、何かしらの習い事をいれているという方もたくさんいます。

さらに出費はかさみますが、子供ためにはお金はいとわない、という価値観が固定化しています。

また、園内のお遊戯発表会では、イングリッシュクラスだけ、劇も歌も英語で発表します。

普通クラスからイングリッシュクラスへ

上の子を普通クラスに入れた親御さんでも、イングリッシュクラスの教育環境が素晴らしいこと、また、子供本人が希望した、などの理由で、

下の子はイングリッシュクラスに入れる、という方もいらっしゃいます。

イングリッシュクラスの費用を捻出するために、夜勤の仕事を入れて猛烈に働き、送迎はもっぱらおばあちゃんまかせ、という人や、

イングリッシュクラスになってから、服装や、話し方、人間関係を変え、いわゆるキャラ変してしまうママもいます。

子供が良ければすべて良し

「このような格差が園内にあるなんて、子供がかわいそう」

そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

「イングリッシュクラスに入りたかった?」

わが子にそう聞いてみました。すると、「嫌だよ~。英語なんて大変だもん」と答えました。

子供は、大人と違って、「セレブはうらやましい」などと全く思っていません。

園庭を見ると、子供たちはクラスに関係なく一緒に遊んでいます。

幼稚園といっても社会の縮図です。

やがて巣立つ子供にとって、もしかしたら、この幼稚園で過ごした3年間は、貴重なものかもしれません。

大人はついつい卑屈になって、羨ましがったり、ひがんでしまいますが、子供はちがいます。

相手がお金持ちであろうとなかろうと、一緒に遊んで楽しいかどうか、それがすべてです。

毎日楽しく通ってくれれば、すべて良し!です。


参照:dorama-hannari.seesaa.net

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします