命名・名前

昭和元年~63年までの人気の名前ランキング【男の子編】

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

日本の元号の中で、最も長く続いた『昭和』という時代。戦争や高度経済成長他、様々な歴史的変化を遂げてきた昭和時代には、子供の名前にもそれらの出来事に対する思いが強く描かれています。

女の子であれば当然思いつくのが『子』の付く名前ですが、男の子の場合は、どのような変遷が見られるのでしょう。昭和を5つの時代に分けて、ランキング形式でご紹介します!



昭和元年~昭和5年の人気名前ランキング(男の子編)

昭和初期は、『昭和』という元号にちなむ名前に、大変な人気が集中しました。

『昭』と『和』の付く名前が圧倒的人気!

第1位 清
第2位 和夫
第3位 昭二
第4位 昭
第5位 昭三
第6位 勇
第7位 茂
第8位 博
第9位 実
第10位 弘

『昭和』という時代に期待をかける名前

元号が昭和になったのは、12月25日のこと。昭和元年は数日間しかなかったため、『昭』『和』という漢字を使った名前は、昭和2年から急上昇したと考えられます。

大正時代は、第一次世界大戦後の経済恐慌や、関東大震災があり、国民が昭和という時代に期待をかけて元号にちなむ名前を付けたのかもしれません。昭一、昭二、昭三、和夫や、昭一文字での名前は、昭和初期を象徴する名前であると言えるでしょう。

『清』は長年定着する人気!

人気を集める『昭』『和』を抜いて、堂々の1位を誇るのは『清』。この名前は、大正9年から昭和元年までの間1位を保ち続け、その後も昭和20年頃までベスト10にランクインし続けています。

大正時代は漢字一文字の名前が定番で、昭和初期にもその名残が見られますね。

自分のことより天下国家のことを考える、そう教え育てられた人たちが親となる時代であり、「清い心を持って生きる」という、当時の人生観の表れかもしれません。

昭和6年~20年の人気名前ランキング(男の子編)

第二次世界大戦は、男の子の名前にも大きく影響を与えました。

強さを表す名前が主流!

第1位 清
第2位 勇
第3位 実
第4位 勝
第5位 弘
第6位 進
第7位 茂
第8位 博
第9位 明
第10位 勲

戦争に対する強い思いが名前に現れる

第二次世界大戦前からは、強さを表す『勇』『勝』『進』などがランクインしてきます。それほどまでに、戦争に勝たなければならないという思いが人々の心の中に植え込まれ、寝ても覚めても戦争一色の時代です。

他にも『功』『武』『勝利』といった名前もありました。それでもなお、1位を誇るのは『清』。“けがれ”を嫌う日本人らしさが表れている結果となっていますね。

昭和21年~30年の人気名前ランキング(男の子編)

終戦後になると、それまでとは一転。人々が戦後の暮らしに大きな期待を寄せていることが想像できる名前が増えていきます。

豊かさをイメージする名前が急増

第1位 茂
第2位 博
第3位 稔
第4位 清
第5位 誠
第6位 実
第7位 隆
第8位 豊
第9位 明
第10位 修

幸せな暮らしを望む名前

敗戦後の日本は、食糧難や物資不足、そして経済低迷に苦しみました。そんな中でも、政治や教育など、社会が新しい仕組みを作って動き出し、「平和」や「民主主義」という言葉が生まれたのがこの時代です。

経済的な豊かさに目覚め始めた人々が、豊か=幸せだと実感している様子が『実』『稔』『豊』など、子供の名前にも表れていることがわかります。

経済復興と発展を追い求める姿が反映

豊かさと同時に、戦後の経済復興と発展を望む思いが反映された名前『博』『隆』『明』も人気が上昇。

戦後の日本経済は昭和25年頃まで不況にあえぐ状態が続いていたため、何とかして経済成長を遂げようと奮闘していた様子が伺える気がします。



昭和31年~50年の人気名前ランキング(男の子編)

昭和20年~30年にかけて中盤にランクインしていた『誠』が、昭和30年代~50年代前半までの間、首位を独走します。

『誠』が揺るぎない人気を持続!

第1位 誠
第2位 隆
第3位 浩
第4位 浩一
第5位 健一
第6位 哲也
第7位 学
第8位 剛
第9位 直樹
第10位 和彦

『誠』通算18年首位を独走は最長記録!

日本の歴代名付け人気ランキングにおいて、18回という1位に君臨した名前は『誠』。歴史上の最多記録にあたります。

昭和の名付け方は、「〇〇になってほしいから〇」「△△のように生きて欲しいから△」というように、漢字の意味を名前に結びつける名付け方が主流でした。

『誠』という名前には、嘘偽りがない、真心、本心といった意味があり、ぶっきらぼうでありながらも真直ぐに生きる昭和男性の生き様を表した結果であると言えるでしょう。

徳仁親王(浩宮さま)にちなむ名前も人気!

昭和35年、当時の皇太子さまご誕生され、皇太子さまのご称号『浩宮』さまから影響を受けた『浩』『浩一』にも人気が集まりました。

当時の皇太子殿下(現平成天皇)・美智子様ご夫妻の子育て法には多くの国民が関心を寄せ、名付けにも大きな影響を与えたことは間違いありません。

昭和51年~63年の人気名前ランキング(男の子編)

この頃から、漢字2文字の名前が主流になります。現在も人気上位にランクインする『翔』も、注目を集め始めます。

漢字2文字の名前が主流に!

第1位 大輔
第2位 誠
第3位 健太
第4位 直樹
第5位 達也
第6位 剛
第7位 拓也
第8位 健一
第9位 翔太
第10位 亮

明治時代に人気だった名前を現代風に!?

堂々第1位には、過去にない『大輔』という名前が急上昇しました。その裏側には、当時高校生だった、甲子園球児の荒木大輔選手の存在が大きく影響していることは間違いありません。

『大ちゃんフィーバー』と呼ばれる社会現象が巻き起こり、その人気にあやかった『大輔』という名前は、荒木選手がプロ入団後までも続きます。

漢字2文字から1文字へ

昭和末期には漢字2文字の名前が主流となり始めます。健太・達也・拓也・翔太というように、『や』『た』という読みで終わる名前が増えると同時に、漢字1文字の名前も見られるようになります。

古さを感じさせないオシャレな名前が人気を集め、現代の名付けへと結びついて行くのでしょう。中でも『翔』の文字は、『しょう』と読ませる翔太(しょうた)・翔(しょう)だけでなく、陸翔(りくと)・悠翔(ゆうと)のように『と』と読ませるなど、使われ方の幅も広がり、現在に至るまでその人気を保ち続けています。

今後の傾向は!?名前で生まれた時代がわかる!?

名前には、子供が産まれた年にブームを巻き起こしていたもの、その時代に人々が求めていて時代背景が大きく影響していることがわかります。

平成らしい名前って?

時代が大きく変化した昭和時代には、強さや豊かさ、誠実さといった、率直に意味と繋がり漢字が使われてきました。それが昭和末期になると、有名人にあやかる名前や見た目におしゃれな印象を与える名前へと変わり、平成に入ってからは、響きやイメージから連想される漢字を選んで当てる名付け方が主流となっています。

親がどのように生きて欲しいか、どんな子に育ってほしいかとの願いが込められていることに変わりはありませんが、説明を受けなければその意味と結びつけることが難しいという傾向にあるのが平成らしい名前の特徴だと言えるのかもしれません。

現代、平成になってからもうすぐ30年を迎えようとしています。今、パパ・ママとなる世代の多くも平成生まれ。単に生まれ年の元号が違うだけでなく、名付けに対する考え方、漢字の捉え方にも平成らしさが見えていると言っても良いでしょう。

しかしながら、日本人として生まれたからには、漢字の意味や成り立ちまでをもしっかり理解し、そこに込める思いも容易に扱ってはいけないことを忘れたくありません。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)



この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします