おでかけ・旅行

子連れハワイ!おすすめの時期や子連れスポットは?ホテルや航空会社はどこがいい?準備はどうする?(子連れでハワイに4回行ったママの発信)

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

子連れハワイってとってもハードル高いイメージですよね。

片道7時間のフライトで泣いてしまったら・・・。

行ってから病気にかかってしまったら・・・。

子供が食べれる物ってあるの・・・?

服装は?ベビーカーは?荷物は?等々、行きたいけど心配が多くなかなか行けない。。。と悩んではいませんか?

そんな方に向けて今回は子連れでハワイに4回行っている(4才&6か月の乳幼児を連れて)筆者の経験を元に子連れハワイについて紹介します!



ハワイに行くオススメの時期ベスト3

まずは、旅行の日程や航空会社・ホテルを決めないと始まりませんよね。

第1位 11月後半~12月前半

11月の第4木曜日に「サンクスビギンズ」というアメリカの感謝祭です。ハワイと言えば買い物!ですが、10倍お得なセールシーズンです。

この時期はいつ行ってもセール!セール!で買い物大好きな女性にはオススメの時期です。

第2位 4月

日本人の観光客がもっとも少ない月です。この時期日本は、新年度の始まりであり、休みを取れる社会人が少ないですね。

※以下の黒い棒グラフがハワイへの日本人渡航者数を示します。
ハワイ日本人観光客月別データ
出典:travelvoice.jp

第3位 5月のGW後など安い時期

この時期は旅行金額が安いです。

GW後以外でも、「1月中旬~1月末」「4月上旬~中旬」「7月中旬」「10月~12月中旬」は安いです。

予算を抑えたい方にオススメです。

オススメの航空会社ベスト3

第1位 ハワイアン航空

エコノミー席でありながら、優先搭乗やセキュリティチェック・広々座席・可愛いアメニティ・特別機内食を体験できるエクストラ・コンフォート席が最高でした。

だいたい1人1万ちょっとでグレードアップしました。

【エクストラ・コンフォート席の写真】
エクストラ・コンフォート席
エクストラ・コンフォート席の詳細情報を見る

ハワイアン航空公式HPを見る

第2位 デルタ航空

コンフォートプラスという1位のハワイアン航空のようなエコノミー席のグレードアップが可能です。

デルタ航空の公式HPを見る

第3位 全日本航空

日本という安心感はありますが、関空はANAの発着便がないのです。

先日行った時は(筆者は関西在住です。)、ANAの特典航空券で行ったので成田で乗り換えをしました。

しかし、成田のANAラウンジは最高級で「授乳がしたい」と申し出ると、隠し扉から専用の和室に案内され3時間程寝転んで過ごせました。

※注意※これはスーパーフライヤーズ会員以上の特権です。

全日本航空公式HPを見る

オススメの子連れホテルベスト3

第1位 トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ・ビーチ

もうここしかない!というくらいのオススメです。何といってもホテルのホスピタリティ溢れる接客。

赤ちゃんがいればベビー用のアメニティ。幼児には、ぬいぐるみやぬりえのプレゼント。大人にはシャンパンのプレゼント。

乳幼児~幼児には欠かせない食事の用意ができるキッチンがあります。(これ一番大事です!)

トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ・ビーチの公式HPを見る

第2位 マリオット コ オリナ ビーチ クラブ

大きなキッチンがあり近くにコストコがあります。12月~2月頃は部屋からホエールウォッチングができちゃいます。

歩いて行ける範囲でディズニーホテル(アウラニ)があります。

マリオット コ オリナ ビーチ クラブ公式HPを見る

第3位 ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート

キッチンはありません。しかし、子供が1日中楽しめるプールが5つもあります。金曜日の花火がベストスポットで鑑賞できます。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートの公式HPを見る



おすすめ子連れスポットベスト3

子供は健康!大人は購買意欲満タン!になっても、子供は買い物なんて行っても楽しくありません。そんな子供の思い出も残せるオススメスポットです。

第1位 アラモアナショッピングセンター

アラモアナショッピングセンター
一度行ったら二度行きたくなるほどのショッピングセンターです。買い物だけではなく、最近リニューアルされて子供が遊べるスペースが誕生したのです!

また、ここのディズニーストアは子供が飽きずに楽しめるように大画面に映画が流され、机でぬり絵ができたり、女の子がプリンセスに変身できるおもちゃがあったりと、満点です。

注意は、親御さんが交代で買い物をして子供を見る事です。「大丈夫だろう」と決して子供を1人にしないでください。

アラモアナショッピングセンターの公式HPを見る

第2位 ホテルプール

ハワイのホテルプール

自分の泊まっているホテルのプールは使いたい放題だと思います。

海は小さい乳幼児には地獄です。暑い・日差し・砂浜。ホテルのプールはすぐに上がれて部屋に戻ることができるので子供にとっては一番いいアトラクションです。

我が家は、スイッチ作戦で主人が子供とプールで遊んでいる間私は買い物三昧です。浮き輪NGのホテルもあるので注意しましょう。

第3位 ホテルの部屋

ハワイのホテル部屋

子供がいると、大人のペースで動くことは諦めてください。

ちょっとしんどそうかな?と思ったらすぐに部屋で休むべきです。部屋でDVDプレーヤーをレンタルして持ってきたDVDでアニメ鑑賞をしましょう。

やっておきたい5つの準備

準備が旅の良し悪しを左右すると言っても過言ではありません。これから紹介するものはとても大切なものですよ!

準備1、飛行機のバシネット&空席確認

乳幼児であればバシネットという簡易ベビーベットを付けられます。早目にリクエストをしないと埋まる席になります。


【バシネットとは?】
バシネットとは、航空機につけられる乳児用ベッドのこと。こんな感じです↓↓


結局、泣いて皆さん抱っこされていますが、数十分でもそこで寝てくれるとママが楽になりますよ。

両隣に空席があると多少泣いても気を使いませんよね。何度でも航空会社に問い合わせましょう。筆者は毎日のように問い合わせていましたよ!

準備2、子供が食べられる物の確認

ハッキリ言って、ハワイに日本人の子供が食べられる物なんぞありません。ABCマートにとても高い日本食は販売していますが、舌の肥えた日本人には到底合いません。

そこで、役に立つのがおにぎりです。

キッチン付きのホテルにはほぼライスクッカーと言って、炊飯器のような物があります。(日本の炊飯器のように美味しくは炊けませんが、そこは目をつぶってください。)

それにふりかけや、のりを持参することで、子供に食べさせることが出来ます

また、ワイキキにおにぎりや日本人向けの弁当を購入できるところがあります。とても美味しいと評判ですよ!

【ハワイのおむすび専門店】
ハワイ日本人向け弁当

ハワイのおむすび専門店 いやす夢(め)の公式HPを見る

準備3、洗濯機の確認

コンドミニアムにはほぼコインランドリーは付いていますが、まれにホテル内にもコインランドリーがない場合があります。(行く前に確認が必要)

小さな子供がいる場合はただでさえ荷物が多いのでコインランドリーは必須です。

【ハワイのコインランドリー】

準備4、海外保険の加入

アメリカは医療費がとても高い事で有名なのはご存知でしょうか?

救急車1台発動して数万円、お薬出してもらって数万円、レントゲンなんぞ撮影すれば数十万!という国です。

たまに「クレジットカードの付帯保険で・・・」という方、見かけますがそんな金額でアメリカの医療費は賄えません。空港で入ると高いので、あらかじめネットで入っておきましょう。

以下のページから各保険会社のハワイ海外保険料を見ることができます。

ハワイの海外旅行保険比較結果を見る(価格ドットコム)

準備5、子供の薬を持っていく

子供に市販のお薬を飲ませている親御さんは少ないと思います。健康であっても、あらかじめかかりつけの小児科に行って「ハワイに行くから薬が欲しい!」と言いましょう。

解熱剤、整腸剤、肌の保湿剤、を貰えるはずです。(他によくかかってしまう病気があれば相談してから行きましょう)

間違っても、ハワイのドラッグストアの薬は飲ませないようにしましょう。威力が違います。

子連れハワイは親の工夫次第で楽しくなる!

いかがでしたでしょうか?せっかく行くハワイですから、きちんと準備をして家族の素敵な思い出にしたいですね!

自分は「親」という事を忘れない

高いお金を払って、行ったハワイなのでついつい自分の行きたい場所に目がむしてしまいがりになります。

しかし、子供にとっては多分近所の公園で慣れた遊具で遊ぶ方が楽しいのです。

それを無理やり連れて行っていますので、少しでも子供に過ごしやすい環境を与えて、パパもママも楽しみましょう!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします