小学生・小学校

2016年に新設された義務教育学校とは?その特徴とメリット・デメリット

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0



義務教育学校とは?

義務教育学校とは、2016年に学校教育法の改正により新設された学校教育制度。

義務教育課程である小学校と中学校、合わせて9年間の教育課程を、一つの学校で一貫して行います。

これは「学校教育制度の多様化、弾力化を推進するため」とされており、学校設置者は学年の区切りや学習の先取り・入れ替えなどの変更をすることができるという特徴があります。

設置者は?

国立・公立・私立とも設置が可能です。

また、既存の学校を市区町村教育委員会などの判断により義務教育学校に変更することも可能です。

先生は?

従来の小学校・中学校の教員免許を持った先生が教えます。

小学校・中学校両方の免許を持った先生が望まれていますが、しばらくはいずれか一方の教員免許を持っていれば、それぞれ対応する課程で教えることができることになっています。

義務教育学校のための新たな教員制度はまだ設けられていません。

学年は?

六年間の小学校の課程を前期課程、三年間の中学校の課程を後期課程とするのが基本です。

というのも、義務教育学校も従来の学習指導要領に基づいて教育が行われるものだからです。

しかし、運営上の柔軟性を生かして学年の区切りを自由に決めることが可能となっており、現行の6・3制の他、4・3・2制や5・4制となる学校もあるでしょう。

メリット

義務教育学校のメリットについてまとめてみましょう。

柔軟な学校運営

学校運営を柔軟にすることが義務教育学校の目的のひとつ。

学年割り、カリキュラムをはじめ、多くの点で設置者の判断により従来型の学校から変更ができます。

例えば、学級担任制度と平行して小学校段階から教科ごとに担任がつく教科担任制を導入したり、先取りカリキュラムやフォロー学習を実施したり、縦割り教育制度、外国語教育、授業時間と休み時間の設定など、学校ごとに特色のある学校運営が可能になります。

ローコスト

校舎、校庭、体育館、特別教室などの施設が共有できることから、省スペースでローコストに学校を維持することができます。

一部の職員が兼任することで人件費の削減も。

学校の活性化

部活動や行事を小中合同で行うことで、都心や地方の過疎地域の学校でも、活気のある活動をすることができます。

大勢での集団行動や縦のつながりを学ぶ機会も、失われずにすみます。

小中連携がスムーズ

義務教育学校として、学年の区切りをフレキシブルにしたり、クラブ活動や行事を一緒にすることで、進学上のトラブルやギャップが少なくてすむというメリットもあります。

先生同士の連絡も密となり、学習面・生活面での見守りが容易にもなります。

これらの効果により、「中一ギャップ」などの改善が期待されています。

実際に・・・

すでに小中一貫となっている学校では、「中一ギャップ」の解消、平均正答率アップなどの効果が認められています。

デメリット

一方で、デメリットも指摘されています。

リーダーシップが育たない

これまでなら、児童会などで小学校高学年はリーダー的な立場に置かれ、自然とリーダーシップが身につくものとされていました。

しかし、小中合同の活動が増えることでそういった場が減り、リーダーシップが育たないのではないかと言われています。

予算削減目的になり得る

義務教育学校は、教育のコストカットのためのものではないと文部科学省はしています。

しかし、メリットの項で述べたとおり、従来よりもローコストで学校の維持ができるようになる可能性はあり、予算削減を目的とした小中の統廃合・義務教育学校化が起こらないとはかぎりません。

友人関係の固定化

一貫校の宿命ではありますが、人間関係のリセットの機会に乏しく、固定化しやすいという点。

変わらぬ顔ぶれは深い人間関係につながったり、安心感を生むこともありますが、思春期においてはデメリットにもなるものです。

中学受験や転校の問題

従来の中高一貫校や小学校・中学校との整合性、互換性がないため、中学校受験や転出入において問題が発生する可能性があります。

創立以来80年、小中一貫の私学の例

東京都大田区の清明学園では創立以来「義務教育の改善」の理念の元に小中一貫の形態を取り、小中9年間一貫教育を実施。

学年も、初等部二年生までの第一教育期、初等部三年生から中等部七年生までの第二教育期、中等部八年生から九年生までの第三教育期で区切り、それぞれの発達段階に寄り添った教育を行っています。

これにより、早生まれのこどもの教育や、高校受験などにおいて成果をあげているということです。

80年以上の長きにわたり小中一貫教育を行ってきた清明学園は、義務教育学校の未来の姿のひとつの参考になるのではないでしょうか。

まとめ

柔軟な運営による特色ある学校が実現するのは喜ばしいことだと思います。

こどもたちにとって魅力的な学校作りが進むことを期待しています。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします