赤ちゃんの行事・お祝い

赤ちゃんが生まれて一年間の行事をまとめてみた

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

家族みんなが待ちわびた赤ちゃんとの対面。喜びに満ちた時間はかけがえのないものです。そんな小さな生命がこの世に誕生してから一年の間に、赤ちゃんの健やかな成長を祈願した行事が数多くあります。

それぞれの行事にどんな意味が込められていてどんなことをするのか、簡単にご紹介します。



お七夜

無事に成長してくれていることに感謝する日

赤ちゃんの生後7日目頃に行う行事です。始まりは平安時代、当時は栄養状態が良くなく医療も進歩していなかったため生後間もなく亡くなってしまう命も多かったそうです。そこで、生後7日目まで元気に育ってくれたことを祝う節目として誕生したのがお七夜でした。

赤ちゃんの名前をお披露目する「命名の儀」

お七夜では、赤ちゃんの名前を命名書に書いて披露し、神棚や床の間に飾ります。なければベビーベッドの近くなど赤ちゃんのそばに飾るのが良いでしょう。

家族や親族を招待し、赤飯や尾頭付きの鯛などのお祝い膳を用意してふるまうのが慣習ですが、退院後間もない時期のママにとって負担にならないように無理のない程度で行うのが良いですね。

【関連記事】

お七夜とは?いつする?数え方は?書き方は?料理はどうする?

お宮参り

両家揃って赤ちゃんの健やかな成長を祈願

その土地の産土神に赤ちゃんが生まれたことを報告し、健やかな成長をお祈りする行事です。祝い着となる着物は母方の実家が用意し、それを赤ちゃんにかけて、父方の祖母が抱っこして参拝します。

もちろん家庭によって事情は様々なので、参拝するメンバーによっては母方の祖母や父親が抱っこしても問題ありません。

地域によって時期が異なる

一般的には生後30日目から33日目(主に男の子は31・32日目、女の子は32・33日目)に参拝することが多いですが、地域によってもまちまちです。

例えば北海道や沖縄は生後100日前後で百日祝いとしてお参りすることも多いようです。生後間もない赤ちゃんにとっては初めてのお出かけになる可能性も高いので、体調や季節・天候に合わせて日にちを調整するのが良いでしょう。

【関連記事】

お宮参りの当日の流れや注意点、おススメしたいこと

お食い初め

生涯食べ物に恵まれるように祈願する

「赤ちゃんが一生食べ物に困りませんように」との願いを込めて生後100日頃に行う行事で、赤ちゃんに祝い膳を用意し大人が食べさせる真似をしてあげます。

「百日(ももか)の祝い」「箸揃え」「箸始め」「真魚(まな)始め」など地域によって呼び方は様々です。

男女で色の違うお膳に一汁三菜を用意

 祝い膳には男の子は朱塗りの漆器、女の子は内側が朱塗りで外側が黒塗りの漆器を使用します。主な献立は、赤飯に尾頭付きの鯛、蛤などの吸い物、煮物、香の物または酢の物となりますが、さらに梅干しや紅白の餅を用意することもあります。

これに、歯が丈夫になるようにとの願いを込めて歯がための小石を添えてあげましょう。

【関連記事】
これで完璧!お食い初めのやり方


初節句

生まれてから初めて迎える節句のこと

節句は毎年経験できる行事ですが、中でも初めての節句は男女ともに盛大にお祝いをします。節句の人形は母方の実家から贈られるのが慣習でしたが、現在はそうでないケースも増えています。

節句は生まれ月や性別によってお食い初めと順序が前後することもありますが、生後まもなく節句を迎える場合は翌年にお祝いを繰り越すこともあるようです。

桃の節句~3月3日~

女の子の節句、ひなまつりです。雛人形と桃の花を飾り、雛あられや菱餅を供えます。雛人形は女の子の身代わりとなって厄災から守ってくれる存在と言われています。

「雨水の日」にあたる2月19日か20日に飾るのが良いとされていて、しまうのが遅れるとお嫁に行くのが遅れるという言い伝えがあるので節句が終わるとすぐに片付ける家庭も多いようです。

端午の節句~5月5日~

男の子の節句、こどもの日です。五月人形や鎧兜を飾り、かしわ餅とちまきを供えます。外にはこいのぼりを飾ったり、無病息災を願って菖蒲湯に入ったりする習慣もあります。雛人形と違い、飾る時期やしまう時期に関しては特に決まりはないので、遅すぎることのないように気を付けて都合の良い時に行いましょう。

【関連記事】

初節句とは?端午の節句(男の子)桃の節句(女の子)それぞれのお祝いの仕方

ハーフバースデー

1歳のちょうど半分を祝う記念日

生後6ヶ月に行います。欧米発祥の行事で、最近は日本でもポピュラーになってきました。ねんねの時期が終わって少しずつ自分で動けるようになり、離乳食も始まるので著しく成長が見られる時期です。

赤ちゃんがすくすく育ってくれていることに感謝し、部屋を装飾したり写真を撮ったりしてみんなでお祝いしましょう。

【関連記事】

生後6ヶ月!ハーフバースデーに準備したい物と贈りたい物

初誕生日

初めてのお誕生日は盛大にお祝い!

 1歳になる日は、赤ちゃんが初めて経験する自分のお誕生日。生まれてから今日までの成長を振り返り、バースデーケーキを食べたりプレゼントを贈ったり手形や足型を取ったりして、家族や親族とともに盛大にお祝いしましょう。

「一升餅」を使った儀式

 赤ちゃんが餅を背負って歩く(地域によっては踏む)という儀式をします。これは、一生食べ物に恵まれますように、という願いを込めて「一生」と「一升」の掛け言葉から生まれたものです。

まだよちよち歩きができるかどうかの時期の赤ちゃんなので、重たくて泣いてしまう子もいますが、そんな時間も含めて家族みんなで楽しむことが大切ですね。

【関連記事】

1歳の誕生日にお薦めの離乳食レシピ4つ

さいごに

いかがでしたでしょうか?赤ちゃんの成長はとにかくあっという間で、初誕生日を迎えるまでの一年間は一生で一番目に見えて変化のある年です。そのかけがえのない成長の節目となる数々の行事を家族で祝福し、しっかりと思い出に刻んでおきましょう。


【電気代をもっと安くしませんか?】
業界初基本料0円の料金体系で年間1万円以上安くなるかも!(loopでんきPR)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします