生後0ヵ月~12ヵ月

生後7か月赤ちゃんの鼻水が止まらない!対処法を解説!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!9ヶ月の息子の子育てに奮闘中のママライターです。

赤ちゃんは一般的に、生後半年ほどまではママからもらった免疫のおかげで病気にかかりにくいと言われています。

しかしそれを過ぎれば赤ちゃんも風邪をひきますし、様々な感染症にかかる可能性もでてきます。

その中でも悩まされる方が多いのが鼻風邪。大人でも辛いですよね。

赤ちゃんの場合、自分で鼻をかめないので長引きやすく、また耳の病気になる可能性もあるので甘くみるのは危険です。

今回はそんな鼻水に対して、おうちでできるケアを中心にご紹介します。



赤ちゃんの鼻水・鼻づまりはこわい!

赤ちゃんの鼻は小さくてとても敏感で、鼻水や鼻づまりといったトラブルが起きやすいです。

一時的なものならば気にするほどではないですが、長引くとおっぱいやミルクがうまく飲めず、寝る時も息苦しそうなので困りもの。

また、特に注意が必要なのが中耳炎。これは鼻と耳を繋ぐ耳管がまだ未発達で、太く短い赤ちゃんが多くかかってしまう病気なので気を付けてあげましょう。

さらには鼻水が目の奥にも流れていき、目から細菌を追い出そうとして目やにも増えます。朝起きたら息子の目やまつ毛に目やにがびっしり、ということが私もありました。

具体的な対処法はこちら!

小児科や耳鼻科へ行くと、鼻や耳の様子を見て、必要であればお薬を出してもらえます。

また、その時は病院の機械で鼻水を吸い取ってくれますが、鼻水はどんどん出てくるので効果があるのはほんの一時。

薬が効いて良くなるまでの間は、お家でこまめにケアをしてあげましょう。

⚫︎鼻水を取ってあげる

目に見えるものであれば綿棒を使って取ることもできますが、大体は鼻の奥のほうで溜まっていてなかなか出てきてくれません。

口で吸う、という方法もありますが、鼻水が吸う人の口に入って二次感染を引き起こすのであまりおすすめはできません。

なので市販の鼻吸い器を用意しておくといいでしょう。

小児科のお医者様に聞いた使い方のコツとしては、

  • ・蒸しタオルを使って、鼻の頭を1分ほどあたためておく
  • →鼻の中が湿っているほうが鼻水が出てきやすいそうです。お風呂に入ったあとも効果的だとか(そのままお風呂場でするのもいいそうです)


  • ・吸うほうと逆の鼻の穴を軽くふさぐ

  • ・短く吸うのと長く吸うのを繰り返す

  • ・鼻の中で、鼻水が溜まっているポイントを探す

といった点があるそうです。

また、ティッシュでこよりを作って、わざとくしゃみを出させてあげると、鼻水も出てくるので効果的です。


・ママ鼻水トッテ
・丹平製薬
・¥ 695

アマゾンボタン



鼻水が垂れてきたときには…

ティッシュで拭くのでなく、お尻ふきを使うのがおすすめです。

ウェットティッシュ感覚で使えて、これで拭くと鼻の中の鼻水も一緒に出てきてくれます。鼻の下もティッシュで拭くよりきれいになりますよ。

寝るときには、頭を高くしてあげる

大人でもそうですが、鼻水が出ていると苦しくて寝付きにくくなりますよね。

そこで、頭の下にタオルなどをいれて少し傾斜をつけ、鼻水が奥へ行ってしまわないように工夫しましょう。

授乳のときも横抱きで授乳していると同じことが言えるので、できれば縦抱きで授乳をしてあげると赤ちゃんも少し楽になります。

あやすときにも縦抱っこのほうが落ち着いてくれます。

部屋の加湿を忘れずに

部屋の加湿が十分にされていると、鼻水の通りがよくなります。

また、ウイルスは乾燥しているとその動きが活発になってしまうので、それを防ぐ意味合いとしても加湿は効果的な対策です。

目安としては湿度60%前後。加湿器を使ったり、ない場合には洗濯物を部屋干しするなどして湿度をキープしましょう。

ただし、室温は20度前後が快適なので、暑くなりすぎてしまわないように注意してください。

*こんな時には病院へ!

  • ・鼻水が3~4日続いている

  • ・発熱している

  • ・鼻水の色が、黄色・もしくは緑がかっていて、どろっとしている
  • →中耳炎と判断する1つの手がかりになります。このほかに、耳をしきりに触る・夜泣きをする・耳だれがある、といったときは早めの受診が必要です


  • ・目やにがひどい

  • ・鼻づまりのせいで、眠れない。おっぱいやミルクがうまく飲めない

私も悩んだのが、小児科に行くべきか耳鼻科に行くべきか、ということでした。

かかりつけで信頼できる先生であれば、小児科を1度受診してみていいと思います。

また、鼻水以外に発熱・下痢・嘔吐などの症状もあるようであれば、小児科のほうが総合的に診察してくれます。

逆に、鼻や耳の様子だけが気になるということであれば、耳鼻科で専門的に診てもらうほうがいいでしょう。

いつも一緒にいるママだからこそ、細かいケアをしなければならないので大変に思うこともあるかも知れません。

特に鼻吸いは、赤ちゃんにとって恐怖を感じるのか泣く場合がほとんど。

私も暴れる息子に「ごめんね」と思いながらしていました。でもそのあとしっかり抱っこして落ち着かせてあげれば大丈夫。

ママも一緒にがんばって、赤ちゃんが元気いっぱいに遊べるようにしてあげましょう♪


【電気代をもっと安くしませんか?】
業界初基本料0円の料金体系で年間1万円以上安くなるかも!(loopでんきPR)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします