1歳~3歳児 育児の悩み・疑問

離乳食を食べない1歳児の対応どうすれば良い?効果的な方法は?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

離乳食について“よくある悩み”を調べてみました。

『レシピが思いつかない』と『子供が食べてくれない!』この2つがダントツで上位を占めているようです。

今回は、1歳の子供が離乳食を食べてくれない時、どのような対処法があるのかをお話ししたいと思います。



離乳食に対するママの思いを変えてみよう!

せっかく頑張って作ったから、きれいに食べて欲しい!と思いますよね。しかし、そう上手く行かないのが離乳食です。

完食しなくても心配ありません。

離乳食を完食しなくても栄養面で心配することはありません。

まだミルクを飲んでいれば、それで充分に補う事ができます。

1歳でも離乳食よりミルクが好きな赤ちゃんもいますから、その時は赤ちゃんが欲しがる物をあげましょう。

ママも赤ちゃんも、無理をしないことが一番大切です。

《遊び食べ》を、楽しませてあげましょう。

最優先に、食事を楽しむことを考えてください。

しっかり食べさせようと頑張ると、ママも辛くなります。赤ちゃんも食べることが苦痛になります。

残しても、ぐちゃぐちゃにしても、食事の時間を楽しんでいれば良い!と大らかに考えましょう。

汚したり、作った物を捨てることになるかもしれませんが、そういう時期はどの子にもあるのです。



補助食(おやつ)で栄養を!

栄養面が気になる場合、おやつで栄養を摂ることも方法のひとつです。

おすすめのおやつ

食事に代用となるおやつとしては・・・焼き芋、ふかし芋、おむすび、芋団子、バナナ、フルーツヨーグルト、お好み焼き、うどん、蒸しパンなどが好ましいですね。

糖分や油分の高い市販菓子は勿論、赤ちゃん用でもお腹の足しにならないでんぷんせんべいは、補助食ではなく趣向品として捉えましょう。

たっぷり遊んでお腹をすかせてみよう!

おやつではなく、出来る事なら離乳食をしっかり食べて欲しい!という場合は、遊ぶことでお腹をすかせてみましょう。

外遊びが一番、体力を使います

家の中にいれば、どうしてもお菓子を食べたがったり、じーっと座ってする遊びや、テレビを見ることが多くなってしまいます。

公園や児童館等に連れ出すことでおやつを避けることは勿論、お腹が空くまでたっぷり体を使って遊ぶことが出来ます。

お腹が空けば、少しずつでもご飯を食べるようになってくるでしょう。

子供のペースでゆっくり進ませましょう

1日3回の離乳食になっても、大人のようにその都度しっかり食べることが出来ない子は特別ではありません。

3歳を過ぎれば・・・!

我が家の長女も食べない赤ちゃんでした。しかし、3歳になり幼稚園に通うようになると、徐々に食べるようになりました。

運動量が増え、食べる時間が規則正しくなり、心も体も成長するにつれて徐々に食べるようになるものです。

食べる量も速度も、みんな違います。決まりもありません。

離乳食で一般的に言われている量に満たない子供は大勢います。

大丈夫、焦らずゆっくり長い目で付き合って行きましょう。子供のペースに合わせることで、ママの気持ちもきっと楽になると思います!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします