子供の健康・食事 生後0ヵ月~12ヵ月

赤ちゃんの目やにが多い5つの原因と正しいケア方法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

毎日見ている赤ちゃんの顔、昨日は気にならなかったのに、今日は目やにが多い気がする・・・ってことありませんか?たかが目やに、されど目やに、回数や量が多ければ病院に行く必要があるかもしれません。



目やにが出ることは悪いこと?

目やにが出来ること自体が悪いことではありません。

毎日朝起きて出来る目やには、角膜などの細胞が代謝によって排出されるときに涙に包まれたものが変化したものです。体の正常な働きなんですよ。

しかし、目やにの量が多い時は目に何かしらの問題が発生しているので、朝以外にも出るなら眼科や小児科の受診が必要になります。

目やにが多くなる原因5つ

目やにが多くなる原因1、花粉症やアレルギーの時の目やに

目が花粉やホコリにアレルギー反応を示し、炎症を起こしている状態で、目やにというよりも涙が出ている状態に見えます。充血とかゆみもセットになっていることが多いです。

目やにが多くなる原因2、ウイルス感染した時の目やに

一般的に「はやり目」と呼ばれる流行性結膜炎、プール熱と呼ばれる咽頭結膜炎等、ウイルス性の結膜炎にかかると目やにが出ます。発熱とセットのことが多く、感染するのでママ達も注意が必要です。

目やにが多くなる原因3、細菌感染した時の目やに

「ものもらい」がこれに当たります。まぶたの腫れとセットで症状が出ることが多く、目の周りが赤くなったり、まばたき出来ないと訴えてくる場合は細菌感染の可能性があります。

目やにが多くなる原因4、鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)の目やに

新生児の約10%が発症すると言われてます。

本来、涙腺で出来た涙は、涙点と呼ばれる部分から鼻へ抜けて蒸発していくんですが、鼻涙管閉塞になっていると涙が鼻に流れていく管が詰まってふさがっているために目やにとして目から出てきてしまうんです。

赤ちゃんのころから常に目やにがある子は鼻涙管閉塞の可能性が高いです。

鼻涙管閉塞に関しては以下の記事で詳しくご紹介しております。

【関連記事】
赤ちゃんの鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)の症状と治療法!放置したらどうなる?

目やにが多くなる原因5、逆まつげが原因の目やに

逆さまつげが原因で目やにが多くなる場合があります。まつ毛の刺激により涙が出て、涙が目やにに変化し多くなるのです。



赤ちゃんの目やに正しいケア方法

赤ちゃんや子供の肌って敏感だから、ちょっと強くこするだけでアッと言う間に真っ赤になります。どうすれば良いのか?目やにの上手なケア方法をご紹介します。

目やにを綺麗にする方法→目やには滅菌ガーゼでこまめに拭き取る

目やには放置すると肌荒れを起こして炎症してきます。そのため見つけたらすぐに拭いたほうが良いです。

粘膜からばい菌が入る可能性があるので、滅菌ガーゼを使い捨てることをおすすめします。薬局や通販で売っていますよ。

拭くときは目頭から目じりの方へ、ガーゼを折りたたんで角を作り、その角で軽くふき取ります。取れにくいときは目に触れる部分を水に濡らしてから拭くと綺麗になりますよ。

減菌ガーゼが無い場合は、綿棒やティッシュ、コットンなど使い捨て出来るもので代用できます。

¥ 537
アマゾンボタン

目をかゆがる時は?

冷やしたガーゼやタオルで拭いてあげるとかゆみが引いて行きます。洗濯してあるガーゼを固く絞って、ビニール袋やラップで包み、冷蔵庫や冷凍庫で保存しておきます。

使う時は、あんまり冷たいと子供の肌を傷つけるので、手のひらの熱で少し冷たさを和らげてから、使ってあげてくださいね。


【電気代をもっと安くしませんか?】
業界初基本料0円の料金体系で年間1万円以上安くなるかも!(loopでんきPR)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします