家事分担

共働き夫婦が急増しても家事は女の仕事?本気で考えたい家事分担

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

近年、夫婦の形として増加しつつある「共働き」家庭。夫婦ともに外に働きに出ている夫婦の形が増加傾向にあります。

そんな中、共働き夫婦の家事分担というのが問題になっています。

お互いに働いているのに、「家事は女の仕事」という考えが未だ定着しつつある世の中。女性に負担がかかりすぎる仕事との両立を、果たしてうまく解消できているのでしょうか。

そんな共働きのご家庭必見!夫婦の家事分担はどのように分担をすればよい家庭ができるか、具体例を挙げてご紹介していきます。



同じ時間で働いているならば家事は折半!

「家事は女の仕事」という概念は、共働きの夫婦にはナンセンスです。

女性でも今や社会で活躍する時代、男性が家庭を顧みない理由などありません。

同じ時間働いて同じ給料なら家事は男女の仕事と言い切れる

もはや同じ時間で働いて同じぐらいの給料をいただいているのであれば、「家事は女の仕事」ではなく「家事は男女の仕事」と言い切ることができるでしょう。

しかし男性は、「家事が苦手」「家庭的なのはイメージが・・・」という考えの方もいらっしゃるかと思われます。

ですが、言い換えれば家事も仕事のうちなのです。男性が仕事をこなしているならば、家事も仕事ととらえればこなすことが困難なことではないはずです。

ぜひ、考え方を転換して、家事に取り組んでみましょう。



パート勤務の場合でも家事分担はあり?

特に子持ちの女性に見られるのはパートタイムで勤務されている方が多くいらっしゃいますよね。

女性の中でパートタイムで務めている方の理由としては様々ですが、「家事を両立できないから時間が短いパートで」「子どもの世話をしなきゃいけないから」などなど、

家庭を支えつつも優遇できるように勤務されている方がいらっしゃいます。

そんな女性でも、家事は分担できるのか?

パートでも家事は分担するべきです

パートでも家事の分担はもちろんできます。むしろ、しなければなりません。なぜなら、ご自分の時間をすべてご家庭に注いでいるからです。

女性の方が家事をしている間、ご主人は何をなさっているのでしょうか。もちろん仕事もそうですが、ご主人がお仕事のお休みの際にはどのように過ごされているのでしょうか。

思うに、土日は子どもの面倒とご主人の面倒を見ている方もいらっしゃいますよね。

普段家庭を支えているのは女性である奥様です。もし、家事を分担していないとするならば、朝から晩まで働いているのですから、残業です。超過勤務です。

ご主人が休みの時に、その残業した分をお手伝いしてもらうのも、悪くないお話しですよね。

家事分担をする際に、こんなことを主張していいのかと思う方も多くいらっしゃいますが、そんなことはありません。大いに主張していただいて結構!

それが、家庭のためでもあり、あなたのためでもあります。

育児中、専業主婦でも家事分担OK?

子どもを出産し、働いていない専業主婦の皆様にも必見です。

専業主婦でも、家事は分担して良いのです。なぜなら、普段子どもの面倒をつきっきりで見たり、家庭のことを日中しているのですから。

加えて、出産後はなかなか元の体力に戻ることがない状態が続きます。

さらに子どもの夜泣きや癇癪に悩まされます。そういた場合には絶対無理はせず、ご主人にしっかり甘えてください。

気兼ねなく頼める環境を整えることが、夫婦円満の秘訣にもなります。

まとめ

家事分担、いかがでしょうか?

実際に家事を負担している女性の方には、自信を持ってご主人に「家事を手伝って!」と主張しても問題ないことがわかりましたね。

ぜひ、楽しい夫婦円満ライフを送ってください。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします