子供の健康・食事

溶連菌感染症とは?いつどこで感染する?症状と対処法と予防策

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

溶連菌感染症を知ってますか?

子供が体調不良を起こして病院に行くと、よく言われる「溶連菌」。どんな菌でどこから来るのでしょうか?

幼稚園・保育園に行っていると必ずと言っていいほど感染するので予防法も知っておいたほうが賢明です。

今回は溶連菌感染症の予防法と治療法



溶連菌って何?

溶連菌は、正式名称を「溶血性連鎖球菌」といい、「α溶血とβ溶血」の2種類にわけられる細菌です。人間がかかるのは主に「β溶血」の方で、β溶血もさらにA群、B群、C群、G群に分けられます。子供がかかる90%以上が「A群β溶血性連鎖球菌」という細菌になります。

※溶連菌について以下の動画で分かりやすく解説されております。併せてご参考ください。

溶連菌が引き起こす病気一覧

咽頭炎、扁桃炎、猩紅熱(しょうこうねつ)、中耳炎、副鼻腔炎(ふくびくうえん)、伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)、蜂窩織炎(ほうかしきえん)、丹毒(たんどく)、肺炎、菌血症(きんけつしょう)、トキシックショック症候群等です。一番多いのが喉の症状である「咽頭炎」になります。

溶連菌の感染経路は?

溶連菌は飛沫感染によって感染します。

くしゃみだったり、咳だったり、鼻水等です。兄弟間だと一緒にいる時間が長い分飛沫感染でうつりやすく、国立感染症研究所の発表によると 兄弟間の感染率は約25%だそうです。

それに、抵抗力が落ちている大人にも感染しやすいため疲労感を感じる方は特に気をつけておくべきでしょう。

溶連菌の感染を予防するには

飛沫感染によって広まる病気なので、同じクラスに感染者が出た場合は体調が悪く無くてもマスクをすることが予防になります。

それにこまめな手洗いと除菌も効果的です。何より体が弱っていると感染しやすいため、良く寝てバランスの良い食事をしっかりとることが一番の予防になります。

兄弟が感染した場合は同じ箸や食器を使わないように親が注意してあげましょう。

溶連菌感染症どこで流行する?

溶連菌感染症は主に幼稚園、保育園、小学校に通っている幼児や児童が中心になって流行する病気です。赤ちゃんがかかることは少ないですが、兄弟が感染した場合にはうつることがあるので要注意です。

いつの時期にかかりやすいの?

溶連菌自体は年中存在しているため、この時期はかからない!と言う時期はありません。しかし、喉が乾燥して無防備になりやすい秋から雪解けまでの間は流行しやすいです。

そして、実は夏にも流行する場合があり、冬は喉に症状が出やすいんですが、夏は発疹の症状が出やすい傾向があるんです。

溶連菌感染症の主な3つの症状

・高熱
・喉の痛み
・嘔吐

溶連菌感染症は高熱からスタートすることが多いです。熱は38〜39度の高熱、喉は、のどちんこや扁桃腺の辺りが真っ赤に炎症します。

数日経つと小さな赤い発疹が首や胸の辺り、手足首に出ることがあります。広がり方や出る場所は個人によって違い、痒がる時もあります。

一番分かりやすいのが舌です。舌にイチゴのようにツブツブが出たら(イチゴ舌と呼ばれます)溶連菌の可能性がとても高いでしょう。

年齢によって判断が難しい時がある

0歳代〜3歳未満の子がかかると高熱や発疹の症状が出なくて、ただ喉の腫れだけの症状の時があります。リンパと喉の腫れしか症状が出ないために、他の病気と間違われてなかなか治らないこともあります。

この場合、薬を飲んで改善されないなら溶連菌の可能性も考えてください。溶連菌は細菌のため、通常の風邪薬ではなく抗生物質を投与して治療します。



溶連菌感染症の完治までに気を付けること

溶連菌の潜伏期間は2〜3日ですが、いったん感染すると約2週間〜3週間は完治しません。出来るだけ早めに完治させるには正しい薬の投与と、喉をいたわりながら栄養を取らせることが重要です。

溶連菌を治すには抗生物質を最後まで飲ませることが重要

溶連菌は細菌なので、自然治癒では無く抗生物質が必要になります。

抗生物質を飲むと2〜3日で症状は治まってきて一見治ったように感じられますが、完全に菌を退治しないと合併症にかかったりすぐに再発する恐れがあります。

抗生物質は約10日〜2週間飲ませる必要がありますが、医師の指示に従い最後までしっかり飲ませるようにしてください。

いつから幼稚園・保育園・小学校に登園登校出来るの?

学校保健安全法では第三種に位置付けられているので、主な症状が治まったら登園登校が出来ます。熱が下がってから○日経過後や、医師が完治と見なしたら登園OKと厳しくは決まっていません。

しかし、溶連菌は合併症を引き起こしやすい細菌なので、症状が治まっても処方された薬は飲み切るまで与える必要があります。

中には園内で薬の服用は出来ないと薬持参をお断りしているところもあるので、その場合は薬を飲み切るまではお休みが必要になります。

喉が痛い時の対処法

溶連菌感染症は本当に喉の痛みが辛いんです。唾液を飲み込むことすら痛くて泣き続ける子もいます。

そんな時は横に寝て、唾液は流しっぱなしにさせるのが良いですよ。タオルを折って厚手にし、唾液を吸い取るように顔の下に敷いておきます。

飲食も喉の痛みが強い間は固形物をやめて刺激の無い常温の飲み物や、ゼリーがおすすめです。熱いもの冷たいものはそれだけで喉が痛くなるので、冷蔵庫から出して常温にしてから渡します。ゼリーは具が入っていない、3個パックのリーズナブルなものが一番食べやすいです。後は杏仁豆腐やババロアも常温にすると食べやすいですね。

赤ちゃんじゃなければハチミツを舐めさせるのもおすすめです。


【商品券5000円分プレゼント企画】

子供にかかるお金はいくら?30秒簡単アンケート+無料保険相談を体験するとJCB商品券5000円分もらえます。(保険のビュッフェPR)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします