妊婦の健康・食事

妊娠中の飲酒が及ぼす赤ちゃんへの悪影響!酒豪の私が禁酒した理由

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちわ、1歳の男の子を育てているママライターです。

私は妊娠前は毎日と言っていいほどお酒を飲む人でした。周りからも酒豪だと言われていたのですが、妊娠を機にピタリと辞めました。

でもなぜ妊娠をしたらお酒をやめなければならないのでしょうか?

妊娠している時に飲酒をした場合赤ちゃんへの影響はどうなるのでしょうか?今回は妊娠時に飲酒した場合赤ちゃんへ及ぼす影響をお話します。



妊娠時に飲酒した場合赤ちゃんに及ぼす影響

妊娠時に飲酒をした場合赤ちゃんに及ぼす影響は大です。

お酒を飲むと母体から血管と胎盤を通じてアルコールが胎児に渡ります。

胎児はとても小さくアルコールに対する免疫力もありません。その為アルコールを摂取してしまった赤ちゃんは長い間大人が酔っぱらっている状態と同じことになります。

酔っぱらっている間胎児の細胞や神経は死んでしまい、神経が死んでしまう事により字発育も遅くなります。

胎児性アルコール症候群とは?

胎児性アルコール症候群とは、母体が摂取したアルコールの影響を受けてしまう先天性疾患です。

母体がアルコールを摂取してしまうことで、酔っぱらった状態の胎児は神経などが死んでしまいお腹の中での成長が遅くなってしまいます。

その為低体重や低身長で赤ちゃんが生まれてくる場合があります。

他にも奇形などの外見での障害、知能の言語発達や注意欠陥などの学習や発達障害も見られます。



禁酒のタイミング!妊娠超初期は影響がない

妊娠に気が付く前に飲酒してしまった!という方もいると思いますが、妊娠超初期のアルコールは胎児への影響がないとされています。

いつから禁酒した方がいいの?

一番は妊娠が分かった時点で禁酒をするのがベストでしょう。

でも妊娠超初期であれば飲酒しても構わないのでは?と思われる人もいるとは思いますが現在の時点で医学的に妊娠中どの時期にどれぐらいのアルコールを摂取したら問題なのか?ということは証明されていません。

妊娠超初期の時は胎盤が出来る前で血液を通じて胎児にアルコールを送っていない為とされているだけなので、妊娠が分かった時点でお酒は控えましょう。

もし飲酒してしまったら?

今まで妊娠に気が付かず飲酒をしてしまっていた!と不安に思う方もいると思います。

この場合はあまり気にしないでいるのが一番です。気にしすぎてストレスを溜めることの方が体によくありません。

今後飲酒しないように気を付けておけば良いと思います。

私も妊娠発覚する直前までお酒を飲んでいました。分かった時にすっぱり辞めてしまいましたが、最初の頃は不安で仕方なかったです。

でも今息子は元気に育っており、出産時も3000g越えで生まれてきています。一番は気にしない事です。

禁酒できないと嘆く妊婦さんへ

私も妊娠して毎日飲んでいた日々がピタリとお酒からサヨナラしなくてはならなくなった時さみしくなりました。

でもこれも我が子の為と思い妊娠中は一切お酒を飲みませんでした。出産後も母乳だったので禁酒は続きましたが、母となるという意志で辞めることが出来ました。

どうしても飲みたい!そんな時は・・・

どうしてもお酒を飲みたい!でも飲めなくて辛い、ストレスになる方はノンアルコール飲料はどうでしょうか?

今種類も豊富にあり、ビールから酎ハイ、カクテル、ワイン、スパークリングまであります。

私も飲みたくなった時はノンアルコールで我慢してました。でも意外と今のノンアルコール飲料美味しんです。

ビールもプリン体ゼロやカロリーオフのものもありますし、苦みも再現されていてちょっとびっくりしました。飲み比べをするのもいいですよ。

もし旦那さんも飲む人なら一緒に禁酒

飲めないのに隣で飲んでいたら飲みたくなるのは当然だと思います。

この機会に旦那さんに話をして出産までは一緒に禁酒をしてみるのもいいかもしれません。

いつもはビールを買うのを炭酸水に代えて夫婦で乗り切ってみましょう。

10カ月とは過ぎてしまえばとても短い期間です。赤ちゃんの為に禁酒して元気に育ってもらいましょうね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします