命名・名前

女の子の名前で「みお」!漢字と由来のセット117!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

女の子の名前の響きで『みお』と聞いたら、どのようなイメージが沸いて来るでしょう。

美しさ、可愛らしさ、しとやかさ、古風さ…などなど様々あると思います。

みお』という名前。実は使える漢字がとても多く、様々なイメージを持って名付けることができる名前なんです。

これから生まれて来る女の子のために『みお』という響きを考えているママへ、様々な観点からたくさんの漢字と由来をご紹介します。



漢字一文字の『みお』1選

 
みお』を正しく漢字一文字で書くのは『澪(みお)』のみ。その意味とは!?

『澪』の由来

』という漢字は、“川や海のように、水が深くて、船が通行するのに適した水路”という意味があります。

「さんずい」と「雨」が含まれていることから、みずみずしい印象を与えてくれます。

また、右下の「令」は、ひざまずく人の形をから成っており、“神様の掟、お達し”という意味もあります。

つまり、『澪』には、“人の祈りが神に届き、恵みの雨が降って、人の生活に欠かせない水路が出来た”と訳すことができます。

みずみずしい美しさとともに、人々の生活に役立つことを意味する、とても素敵な漢字であることがわかりますね。

「人を助ける思いやりのある女の子に」
「みずみずしい感性を大切に素敵な女の子に」
「人を導くことのできる人に成長してほしい」

などの由来を持って名付けることができます。

美しく艶やかなイメージの『みお』28選

    
『み』でまず思い浮かべる漢字と言えば『美』。それ以外にも、美しさを表す漢字がたくさんあります!

美しさを表す”みお”の漢字と由来

美しさを表す”みお”の漢字

美於・美緒・美生・美小・美麻・美旺・美央・美黄・魅於・魅央・魅生・美織・実織・巳織・深織・観織・三織・心織・美乙・魅乙・深乙・緑於・緑音・緑生・翠生・翠央・翠緒・美音・魅音

美しさを表す”みお”の由来

美しさの象徴ともいえる『美』

『魅』は魅力という熟語に使われるように、“人を引き付ける力”を意味します。

それは外面的な魅力だけでなく、優しさや思いやりといった内面の魅力、言葉遣いや態度など、人間として大切にすべき魅力などの全てを含みます。

「心の美しい子に」
「人に愛される、内面的な魅力を持つ子に」

との思いで使うと良いでしょう。

』は、縦糸と横糸を組み合わせて生地を作ることや、作られた生地のことを意味します。また、種々の色糸で作った美しい絹織物という意味もあります。

その美しさにちなむ名前は女性らしく、洗練された高貴なイメージの名前になるでしょう。

『緑』『翠』もまた、宝石に使われる輝かしいイメージの漢字です。



自然をイメージする『みお』47選

   
植物や草花、そして海や泉など、自然界の様々な漢字を使った名前をご紹介します。

植物の成長にちなむ”みお”の漢字と由来

植物の成長にちなむ”みお”の漢字

真央・真於・真緒・真生・実央・実於・実緒・実生・穣央・穣生・真心・実心

植物の成長にちなむ”みお”の由来

』は果実や穀物が豊かになることを表す漢字ですが、本来は“中身がきちと詰まっている”ことを意味しています。

充実や実質という熟語に使われることから、

「充実した人生を送れますように」
「内面を磨き、誠実な女の子に」

という願いを込めて使うことができます。『穣』もまた、穀物の豊作を意味することから、

「豊かな人生を」
「感情の豊かな子に」

という由来で使うことができます。

』は名前に使う場合は『』と読ませることができます。

正しいことを示す名前向きの漢字であり、見た目のバランスが良いのでどんな字とも合わせやすくおすすめです。

草花にちなむ”みお”の漢字と由来

草花にちなむ”みお”の漢字

美桜・実桜・未桜・観桜・魅桜・光桜・美櫻・実櫻・光櫻・美藍・光藍・実藍

草花にちなむ”みお”の由来

』を『おう』と読むことから、『』として使う名前はここ数年の流行ともいえるでしょう。

『桜』と『櫻』は同じ意味ですが、後者は旧字体であるため、古風な印象を与えてくれます。

非常に小さな花ながら、咲くと大輪の花に負けない華やかさを持つ桜。空とのコントラストから雄大さも感じられますね。

また、パッと咲いてサッと散る潔さに、

「小さなことに拘らない心の広さを」

と由来付けることもできます。

』は、その葉が青色の染料として、古い時代から人々の生活に親しまれてきました。

花はピンクや紅色のとても小さく可愛いらしいもので、「美しい装い」という女性らしい素敵な花言葉もあります。

「藍のような美しさと、人の役に立つ志を持った子に」という想いを込めてみてはいかがでしょう。
 
 
(他にも、花にちなんだ名前を、「誕生月の花言葉から考える女の子の名前!1月~12月まで各月ごと解説」や「女の子の名前に「花の名前」を使った素敵な名前200選」で、詳しく紹介しています。)

海や渚にちなむ”みお”の漢字と由来

海や渚にちなむ”みお”の漢字

水生・水央・水緒・水織・泉生・泉央・泉緒・泉於・泉乙・海乙・海緒・海於・海生・海央・海葵・海青・海碧・美碧・美蒼・美渚・実渚・泉渚・水渚

海や渚にちなむ”みお”の由来

『海』『渚』は雄大なイメージの名前になりますね。また、『』や『』は神秘的でみずみずしく、爽やかな印象を持たせてくれます。

また、『青』『碧』『蒼』も、海の色を思わせる素敵な名前になるでしょう。

水は人間だけでなく、植物や動物など、すべての生命にとって欠かすことのできない大切なものです。

これらの漢字を使うことにより、

「人のために役立つ子に」
「人に愛され、親しまれる子に」

などの由来を付けることができます。

古風な印象の『みお』16選

             
古風な印象を受ける漢字には、昔から親しまれいるに相応しい素敵な意味があります。

古風で深い意味のある”みお”の漢字と由来

古風で深い意味のある”みお”の漢字

弥生・弥緒・弥於・雅生・雅於・雅央・雅苑・雅音・都生・都央・都於・都小・弥音・美弦・実弦・光弦

古風で深い意味のある”みお”の由来

『雅』は、女性らしい上品さ、かしこまった高貴さを感じられます。

そこには“正しい、良い”という意味もあることから、 「心が真っすぐで、芯の美しさを持つ子に」などの由来で使うことができます。

日本では古い時代から、上流階級をイメージして使われてきた漢字ですので、古風であることも印象付けます。

また、『弥』には“いよいよ、ますます、広く行き渡る”という意味があります。

草木がますます芽吹くようになる季節であることから、三月の異名(弥生)で知られていますね。

昔から親しまれてきた漢字であるため古風な印象を受けますが、同時に

「これからの健やかな成長を願って」

と、未来に向かう元気な女の子を意味付けることもできます。

「多くの人に愛される子に」
「たくさんの人に幸せを与えられる子に」

という由来も良いでしょう。
 
 
(他にも、古風な名前を、「古風でかっこいい女の子の名前を483個集めてみた」や「女の子の和風な名前283個集めてみた」で、詳しく紹介しています。)

夢がいっぱいの『みお』13選

   
『希』『望』、どちらも『のぞみ』と読むことから、『み』として使うことができます。

夢や希望をイメージする”みお”の漢字と由来

夢や希望をイメージする”みお”の漢字

望愛・望於・望緒・望生・望央・希央・希生・希緒・希於・希愛・未於・未愛・未緒

夢や希望をイメージする”みお”の由来

漢字の正式な“読み方”から一文字を取って読ませる使い方は、ここ数年の流行りといっても良いでしょう。

『希』『望』もその方法で『み』と読ませることができます。

『未』は“まだ”という意味であるからこそ、これから成熟していくことに希望を持ったり、完成を目指す、未来を目指すという意味で使うことができます。

夢や希望は“持つこと”で前へ進む力となり、人生を豊かにしてくれます。

夢を叶える、夢に向かって歩むだけでなく、

「夢を探しながら色々なことにチャレンジする子に」

という由来も素敵だと思います!

愛や優しさをイメージする『みお』12選

深い意味のある『心』を使った名前の他、温かいイメージのある名前をご紹介します。

強い心、優しい心を表す”みお”の漢字と由来

強い心、優しい心を表す”みお”の漢字

心生・心愛・心央・美愛・実愛・愛央・美応・愛応・実応・実温・美温・心温

強い心、優しい心を表す”みお”の由来

心の温かさを印象付ける『心』を使う名前は、今の時代、男女ともに非常に人気があります。

『心』は“優しさや誠実さ、思いやり”といった気持ちを表すとともに、“本質、根本”という物事の芯になる強さも意味します。

アメリカの牧師、ラルフ・W・ソックマンの名言「優しさほど強いものはないし、真の強さほど優しいものはない」にちなみ、『心』を使った名前を考えてみてはいかがでしょう。

また、相手の気持ちに沿う意味がある『』という漢字にも『心』が入っており、同じような意味で使うことができます。

』や『』を『お』と読ませて使う名前も、温かみがありおすすめです。
 
 
(他にも、優しいイメージの名前を、「優しい女の子に育ってほしい願いを込めた名前333個集めてみた」で、詳しく紹介しています。)

『みお』と命名するコツ

          
『みお』シンプルで親しまれやすく、また考えやすい名前です!

使える漢字が多数!

『みお』のように、二文字読みの名前はシンプルで、親しみやすいのが特徴です。

さらに、二音の名前はここ数年の人気を集める傾向にあり、時代の象徴と言っても過言ではありません。

『み』『お』、それぞれ単独で正しい読み方をする女の子らしい漢字も多々あり、キラキラネームはちょっと…と考えるママでも付けやすい名前です。

また、『み』『お』と単独ではなくても、使える漢字となるとさらにその数は増えるため、珍しい名前にしたい!というママにもぴったりの響きです。

両親の希望に沿う名前、そして子供がきっと気に入るであろう素敵な意味のある名前を、じっくり考えてあげてくださいね!

この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします