授乳・母乳・ミルク

二人の子供を完全母乳で育てて分かった母乳育児5大メリット

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!私は5歳の娘と2歳の息子の育児に奮闘しているママライターです。

我が家の子どもたちは、ほぼ完全母乳で育ててきました。

そして母乳育児をする中で感じた、素晴らしいメリットをご紹介したいと思います!



(1)母子の絆が深まる

子どもはママに密着することによって安心感を得ることができますし、

頻繁な授乳を行うことで多くのスキンシップをとることができます。

ママもおっぱいを吸われる際に出るプロラクチンというホルモンの影響で、

より強く我が子を愛しく感じることができます。

特に、出産後はじめて授乳したときの幸福感は何物にもかえられませんね。

(2)産後のママの身体へ良い影響を与える

①子宮復古作用が期待できる

出産後におっぱいを与え始めると、授乳の際にオキシトシンというホルモンが分泌され、子宮を収縮させます。

授乳するたびに後陣痛が強まりつらいのですが、からだがもとに状態に戻ろうとしているのを助けているのです。

②ダイエット効果

母乳の材料になるのは、ママの血液です。そう考えると、授乳は献血しているようなものです。

母乳育児というものは想像以上にカロリーを消費するのです。

だから、和食など栄養バランスのとれた食事を3食しっかり食べて、かつ過剰な間食を防げば、それだけでダイエットが出来てしまうのです。

しかし、授乳中にダイエットを意識しすぎてあまり食事を食べないのは良くありません。

食事が足りないと母乳の分泌が落ちてしまいます。赤ちゃんのためにも過剰な食事制限はやめてくださいね。



(3)経済的

生まれてすぐのころは、ミルクを飲む量もたかが知れていますが、だんだん大きくなるにつれ、ミルク代は家計を圧迫してきます。

その点、母乳育児であれば日々のママの食事に+αのおかずや主食を足せば済むため経済的です。

(4)楽なのに衛生的

ミルクを作るためには哺乳瓶の洗浄・消毒が必須ですし、その都度お湯を沸かしたりする必要があります。

ですが、母乳育児では、おっぱいを出してくわえさせるだけで良いのです。

よほど不衛生な環境や状態でない限り、乳首を洗浄・消毒するも必要ありません。

泣いている子どもを待たせることなく、すぐにお腹を満たしてあげられるのはママにとっても子どもにとっても良いことですね。

特に深夜、寒くて布団から出たくなんてない日の授乳は添い乳で行えばお互いに寒くありませんよ。

(5)子どもが丈夫な子に育つ

母乳には母親が持つ、たくさんの種類の免疫が含まれています。

だから母乳育児を行うことで、子どもに免疫を分け与えることができるのです。

特に出産直後の初乳には免疫グロブリンAと呼ばれる免疫物質が多く含まれています。

この免疫物質が子どもの胃腸などの粘膜に広がり、ウィルスなどの感染を防止してくれるのです。

実際に大きくなった我が家の子どもたちの病歴を振り返ってみると、あまり病気にはかかったことがありません。

下の子はもちろん、上の子も園で集団生活をしているにもかかわらず、インフルエンザやロタ、ノロウィルスなどの病気にかかったことがありません。

このように母乳育児をすることによって受けられるメリットはたくさんあるのです。

自分のためにもなり、それが子どものためにもなる。

ぜひ、そんな素敵な母乳育児にトライしてみてはいかがでしょうか。



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします