出産 産後

非常に満足!LDRで出産した体験談 !陣痛室・分娩室・回復室が一つになるメリットや費用

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

妊娠・出産にあたって産院選びをされる際。
また、バースプランを立てる際。

ぜひ、検討してもらいたいのがLDRです。



LDRとは?

LDRとは、陣痛室・分娩室・回復室がひとつになった部屋のこと。

陣痛=Labor、分娩=Delivery、回復=Recoveryの頭文字を取ってLDRと呼ばれています。

通常の分娩では移動が多い。

出産までに陣痛室から分娩室、産後は回復のための部屋や入院する部屋へ移動することがほとんど。

LDRなら、陣痛から出産、産後の回復まで一カ所でできるので、移動の負担がかからないのです。

メリットは?

まずは、移動の負担がかからず、産婦に優しいこと。陣痛の苦しみがピークに達する中、部屋を移動するのは困難です。

ずっと個室で過ごせるので、リラックスしてお産に挑むことができます。中には音楽を聴いたり、アロマを焚いたりすることができることも。

移動の心配もないので、自分のペースでゆっくりとお産をすすめやすくなります。産前産後を家族と協力して過ごしやすいのもLDRの長所です。

費用は?

費用は病院によってまちまち。大抵はLDR使用料として追加料金が発生します。だいたい二万円~五万円くらいです。

中には、LDRしかなくすでにLDR料金が含まれている産院、追加料金無しでLDRを利用できる産院もあります。

中にはこんなケースも

LDRを予約していたものの、空いていなかったために利用できないこともあります。

また、出産が重なってしまい、陣痛は別室になったり、LDRを利用できても十分な回復時間を過ごせず移動となったり、LDRならぬ「DR」や「LD」になってしまうこともあるようです。



選んで正解だった!筆者のLDR体験談

私はLDRで出産しました。その時の体験談をお話しいたします。

計画無痛分娩、初産です。

結論!非常に満足した

結果的には、非常に満足しています。身体的にも、精神的にも負担の軽減につながったと思います。

処置後、自分のペースでゆっくり

計画分娩でしたので、前日に入院していました。入院したのはLDR。これはかなり稀なケースだと思います。

朝、もろもろの処置を済ませLDRへ戻り、そのままゆっくり陣痛を待ちました。自分のペースで過ごすことができ、安心できました。

病院感の薄い部屋

私が知っている分娩室というのは、機械やら器具やらがあって、病院感満載のコックピットのような部屋。

分娩台も、モビルスーツのリニアシートのようで、思わず刻の涙を見てしまいそうな緊張する感じです。

けれどLDRは家族と過ごすことも考えて設計されているため、私がいたのは花柄の壁紙にソファセットと家庭的なインテリア。ベッドも分娩前はふつうのベッド状です。

このような病院感の薄い部屋ですので、ゆるゆるとできました。

直前まで家族一緒に過ごせた

やがて、実母と夫が来てくれました。ソファセットがあるので、家族も過ごしやすいように思えました。

個室なのと移動がないのとで、直前まで家族との時間が持てたのも心強く、良かったことです。

シャキン!ベッドが分娩台に

さて、いざ出産となると、ナースがLDRを分娩室へと模様替えしていきます。
ベッドはウイーンと音を立てて持ち上がって足元がシャキン!と変形し、分娩台に早変わり。

LDRはあっという間にリラックスムードの個室から、安心安全医療モードの分娩室に。

産後も家族とのんびり

産後もそのままの部屋ですので、すぐに夫と実母が入ってきて、生まれたての娘を囲んでしばらく家族で過ごせました。

無痛分娩で負担が少なかったとはいえ、やはり産後すぐにだらだら、ごろごろと思う存分できたのは助かりました。夫ともゆっくりと話せました。
産後の処置が済んだ娘は同じ部屋にいたので、実母にその様子をいちいち聞いて、安心することもできました。

LDRの部屋ってどんな感じ?

LDRという言葉を初めて聞いた方にとっては、どんな部屋なのか言葉だけではイメージしづらいでしょう。

熊本県にある福田病院が以下の動画で、LDRのお部屋を紹介されています。興味がある方は、ご覧ください。

ぜひ普及してほしい

このように、移動の負担がなく、リラックスして出産できるLDRには、肉体面でも精神面でもメリットの大きい設備だと思います。

ただし、その数はまだ十分といえず、LDRを希望しても叶わないこともあります。

ぜひ、もっと普及してほしいものです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします