命名・名前

女の子の名前で「りお」漢字と由来のセット99!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

女の子の名前で人気がある『りお』。

『Rio』はスペイン・ポルトガル語で“川”、ブラジル南東部に位置する『リオ・デ・ジャネイロ州』は“1月の川”を意味します。

海外では男性の名前というイメージが強いようですが、日本においては断然女の子をイメージさせる、可愛らしい名前です。

ラテン系の明るく華やかなイメージから、日本らしい淑やかで落ち着いたイメージまで、様々な名前をご紹介します。



花をイメージさせる『りお』29選

  
女の子らしさと言えば花。それぞれの花言葉にちんだ由来を持って名付けてみてはいかがでしょう。

花の名前と花言葉にちなむ”りお”の漢字と由来

莉央・莉穂・莉乙・莉音・莉桜・莉汚・李央・李穂・李桜・李乙・李音・李汐・鈴央・鈴生・鈴桜・鈴音・鈴乙・梨央・梨桜・梨音・梨緒・梨乙・林桜・林央・莉媛・李媛・梨媛・鈴媛・林媛

甘い香りが特徴のジャスミン(茉莉花)から『』という漢字は、可愛らしく、また成長しても素敵な女性を思わせてくれます。

花言葉は「愛嬌・優美・清純・温和」等で、インドでは“愛の花・愛のシンボル”とも言われています。

小さく形が特徴的な鈴蘭から『』の字を使うのも素敵ですね。

鈴蘭は幸せのシンボルとされ、結婚式のブーケに使われることもあります。花言葉は「希望」。名付けに使う漢字としておすすめです。他にも、

』は「純潔・精神美」、
』は「忠実」、
』は「愛情・博愛

というように、それぞれ素敵な花言葉がありますので、見た目の美しさ、可愛らしさとともに花言葉にちなんだ由来を持って名付けることができます。
 
 
(他にも、花にちなんだ名前を、「誕生月の花言葉から考える女の子の名前!1月~12月まで各月ごと解説」や「女の子の名前に「花の名前」を使った素敵な名前200選」で、詳しく紹介しています。)

聡明なイメージの『りお』33選

   
可愛らしく華やかなイメージのある『りお』ですが、漢字の選び方によっては聡明なイメージを持たせることもできます。

賢さをイメージする名前

利乙・利央・利桜・利音・理央・理乙・理桜・理生・倫乙・倫央・倫桜・倫音・吏央・吏桜・吏音・吏乙・吏緒・俐乙・俐音・俐央・俐桜・俐音

効果がある・役に立つ”という意味を持つ『』、
もっともな事・道理”を意味する『』、
人が守るべき道筋”を表す『』など、聡明な人柄を表す漢字はたくさんあります。

中でもおすすめなのは『俐』

その漢字自体に「才能・知恵・人間性・性格・考え方等が優れている。頭が良い。立派。素晴らしい。」という意味があります。

比較的名づけに使われる頻度が少ないため、見た目にも印象的なイメージになるでしょう。

縦のラインが強いため、シャープな印象を与えることもできます。

』は“役人”という意味があるため、名付けに使う場合は「人のために役立つ子に」との由来で使うことができます。

精神的強さをイメージする”りお”の漢字と由来

凛央・凛緒・凛生・凛桜・凛音・凛黄・凛乙・凛思・利思・理思・莉思

厳かな雰囲気を持ちながらも品格があり美しい、そんな女性を想像する『』。

漢字自体には、“心が引き締まる”という意味があります。

外見はもちろんのこと、内面的な強さも持っている、そんな女の子に育ってくれそうな予感がします。

また『』という漢字は、“心の優しさ、思いやり”という意味が強くありますが、“頭の良さや考え方の聡明さ”という意味もあります。

つまり、頭の良さを気持ちの強さの両方を兼ね備えている、そんな素敵な漢字であると言えるでしょう。



明るいイメージからの『りお』21選

     
明るく楽しいく、そして前向きに、そんな願いを込めた名前をご紹介します。

明るく楽しい印象の”りお”の漢字と由来

里踊・琳音・琳踊・流音・立音・律音・里音・律踊・立踊・流踊・鈴旺・流旺・里旺・律旺・立旺・梨旺・光旺・光音・明音・明踊・明旺

』は、とてもきれいな玉(宝石)が触れ合って鳴る音を意味する漢字です。

澄んだ音が鳴り、気持ちが清々しく高鳴る、そんな印象を受けるとても素敵な漢字です。

』には“勢いが盛んな様”という意味があり、「好奇心旺盛」という熟語にも使われます。

』を付けることで芸術的センスを持ち合わせつつ、楽しい印象を与えてくれます。

おおらかで落ち着いた印象の『りお』16選

    
心の穏かさを示す漢字などを使い、温かみのある落ち着いた印象を与える名前をご紹介します。

おおらかなイメージの”りお”の漢字と由来

李重・莉重・林重・梨重・莉保・里保・厘保・李晏・莉晏・里晏・梨晏

『重』は現代こそあまり使われなくなりましたが、昔は“幸せが度重なる”という意味から、女性によく使われてきた漢字です。

重量としての重さではなく、“中身がしっかり詰まっている・内容がしっかりある”という意味で捉え、

「充実した人生を」
「意味のある人生を」

という由来で名付けることができます。

』は、一般的な音読みは『ほ』ですが、名付けに使う場合は『お』と読ませることができます。

“大切なものを守る”という意味に加え、それを“守り続ける”ことも意味します。

』は、太陽を意味する『日』と、心の落ち着きを示す『安』の組み合わせから、

「明るくほがらかな子」
「根が明るく安らぎをも与えてくれる子」

という意味で使うと良いでしょう。

温厚で温かいイメージの”りお”の漢字と由来

      
里温・里恩・里穏・莉温・莉妥・莉恩・梨温・李穏・梨温

『妥』は、「おだやか・やすらか」と読み、そのような意味があります。

画数が少なく、『女』が入っていることから、女性らしい温かみのある漢字であると言えるでしょう。

『温』は、温度的な温かさと共に“懐の温かさ”を示します。

『穏』は“心が安らかで落ち着いている”という意味があります。どちらも、

「心にぬくもりのある優しい女の子に」
「人を思い、気持ちの温かい子に」

という由来で使うことができます。

『りお』と命名するコツ

       
現代風で洒落たイメージのある『りお』は、とても親しみやすい名前です!

平仮名や漢字も候補に!

『りお』という名前は、響きそのものが現代風で洒落たイメージを持たせる名前です。

イメージをそのまま素直に印象付けたい場合は、漢字を使わず平仮名やカタカナにするのも方法のひとつです。

漢字を使う場合は、『り』と『お』、それぞれの漢字を組み合わせることが必要なので、イメージに合う漢字を並べてみて、苗字とのバランスも考えると良いでしょう。

二文字の短い名前は、呼びやすく親しみが持て、女性らしく柔らかい印象を付けることから、年々人気が増しています。

みんなに親しまれるような、素敵な名前を考えてあげてくださいね!


この記事を書いたママ

fami

小学生の女の子2人を子育て中です。仕事と家事・育児に奮闘しながら、毎日の何気ない出来事を大切に、楽しみながら過ごすことがモットーです。

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします