生後0ヵ月~12ヵ月

生後1ヵ月赤ちゃんの顔全体に発疹が出たときの対処法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!9ヶ月の息子の子育て真っ最中のママライターです。

息子が産まれてすぐの頃。

病院で看護士さんに「珍しく綺麗なお肌してるわね」なんて言われて、当時の私は頭に“?”マーク。

赤ちゃんてみんなお肌綺麗なんじゃないの?と思っていました。

ところが退院した次の日から顔にぷつぷつと赤い発疹が…顎から始まり、治ったと思ったら頬、額、頭と順番に上へ上へと移動していき、きれいに治ったのは3ヶ月頃でした。



そもそも何で発疹が出るの?

赤ちゃんは、産まれるまではお母さんのお腹の中で羊水に守られています。

しかし出産と同時に外の世界へ出ることになり、その環境に慣れるまでの間、お肌のトラブルが非常に起きやすくなります。

特に皮膚は薄く、ちょっとしたことでも刺激になる状態がしばらく続きます。

そこで赤ちゃんには、自然と皮脂をたくさん分泌してその刺激を軽減するように・お肌を守るようにする機能が備わっています。

赤ちゃんのお肌は乾燥しやすくもあるので、それを防ぐためにも一時的に皮脂の分泌量が増えます。

しかし、この皮脂が毛穴に詰まってしまったり、肌の表面に汚れとして溜まることで、結果として≪発疹≫が出てしまうのです。

また、汚れという点では母乳やミルクの吐き戻しや汗にも注意が必要です。

口周りや首だけでなく、その汚れがガーゼやシーツについてしまった場合、それらに触れることも赤ちゃんにとっては刺激となり、発疹の原因となることもあります。

頬やおでこの赤いぷつぷつや、白い芯があるようなものは≪新生児ニキビ≫、髪の生え際やまゆ毛などの、白いかさかさや黄色いふけのかたまりのようなものは≪脂漏性湿疹≫と言われています。



具体的にはどう対策したらいいの?

1番は赤ちゃんのお肌&周りの環境を清潔にしてあげること!

基本的なことではありますが、清潔が1番のケアになります。

赤ちゃんの口の周りが汚れてしまったら清潔なガーゼで拭き取ってあげる。もしお洋服やシーツが汚れているなら交換してあげる。

時期によってはガーゼを水で濡らして拭いてあげると、赤ちゃんも気持ちいいと思いますよ。

息子の場合は、寝ている頭の下にタオルをひいてあげて、汚れたらすぐに交換できるようにしていました。

これだと楽に交換できますからおすすめです。また、授乳のときも頭の下にガーゼをいれて、汗を吸収するようにしていました。

汗をたくさんかいているようであれば、シャワーで流してあげるのもいいです。

ただし、石鹸をその都度使ってしまうとこれは乾燥の原因になるので、石鹸を使うのは夜のお風呂のときだけにしましょう。

また、爪も短く切ってあげましょうね。

お風呂では石鹸を泡立てて使う

1番いいのは固形の石鹸、それも透明の石鹸がいいようです。

白っぽい色のついているような石鹸もありますよね。それでは洗浄成分が多く、赤ちゃんにとっては洗浄力が強すぎてしまいます。

透明な石鹸は、この洗浄力が調整され、抑えられた作りになっているので、赤ちゃんにも安心して使えます。

これをしっかり泡立ててあげることで、お肌への刺激を最小限に抑え、なおかつ清潔に整えてあげられます。

洗う時には頭から順番に洗ってあげると洗い残しもなくなるのでいいですよ。あと、首や腕など、しわになりやすい部分も忘れずにしっかり洗ってあげましょう。

☆脂漏性湿疹の場合のプラスケア

髪の生え際やまゆ毛などの黄色いかさかさが気になるときには、お風呂に入る前にその部分にベビーオイルを塗ってあげましょう。

息子も最終的には生え際と頭皮にかさかさが出来てしまったので、お風呂の準備をする前にオイルを塗ってあげるようにしました。

こうすることで、かさかさがふやけて取れやすくなるので、シャンプーするときに優しくくるくる洗ってあげるだけでも大分すっきりしますよ。

お風呂上がりには保湿ケアをしっかりと

大人でもそうですが、お風呂で皮脂を洗い流しているので、しっかり保湿のケアをしてあげましょう。

この時も刺激の少ない、赤ちゃん用のローションやクリームを塗ってあげてください。

保湿をしてあげることで、発疹を予防する、という意味もあるので大切になってきます。

ひどいようであれば小児科へ

新生児ニキビも脂漏性湿疹も、大体半年~1歳くらいまでには落ち着きます。

見た目は痛々しいけれど、赤ちゃんが元気な様子であれば、長い目で見て、焦らずに日々のケアをしてあげましょう。

けれど、なかなか良くならない、かゆがってかき潰してしまう、というようであれば、早めに小児科を受診してくださいね。

アトピー性皮膚炎などの可能性も出てくるので、悪化する前に1度医師に相談してみましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします