保育園・幼稚園・小学校の行事 小学生・小学校

私立小学校の入学式!母親の服装はどんなのが良い?現役ママのアドバイス

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

オシャレのアンテナがポキッと折れている母ライターです。

そんな私ですが娘の幼稚園・学校行事の服装はそれなりに無難にクリアしてきました。

ポイントは「ロイヤルファミリー」

娘は私立小学校に通っているので私学の入学式スーツ事情についてお話しいたします。

受験対策真っ最中のお母様にとっては、今お召しの受験スーツをどうすることになるかという話題でもあります。



基本にもどってまずはスタンダードスタイルを

入学式に限らず学校行事のファッションは悩みの種のようで、雑誌でも盛んに特集されていますよね。

昔と違って「学校行事は着物」というテンプレートが通用せず、様々なバックグラウンドをお持ちのお母様がいらしてそれぞれの個性を発揮している・・・

つまり女性の社会進出や生き方の多様化の現れでしょうか。素晴らしいことだと思います。しかし一方で選択肢の自由に振り回されている現状もあるわけです。

そこでここはいったん、基本に立ち戻ってみましょう。

基本・・・それは王室&皇室


・¥ 19,980
アマゾンボタン

ファッションに疎い私がそれなりにTPOをはずさずやってこられたのは、世界の王室や日本の皇室、ロイヤルファミリーのファッションスナップのお陰です。

オシャレなら、スーパーモデルやセレブリティのスナップがいいのでしょうけれど、学校生活においては基本的な好感度ファッションを求めたので、スーツの色や形、アクセサリーの有無など皇室が参考になりました。

皇室では入学式はベージュ系やアイボリー系スーツ。紺系を入学式にお召しになることもあるものの卒業式に紺系が主流のようです。

アクセサリーは短めのパールネックレス、ブローチ。

全体的な入学式の基本ファッションはこのスタイルと言って差し支えないかと思います。



学校の個性にあわせて

学校ごとにみていくとどうでしょう。

私学は創立の理念が多様ですから、そこに集まる保護者もまたそれぞれ学校ごとに多様です。

入学式ファッションにもたな学校ごとの傾向があります。

大まかなざっくりとした傾向を聞きましたがこんな感じだそうです。

伝統校~カトリック校・・・紺系

新設校~附属校・・・アイボリー系、ベージュ系と紺系

自由教育校・・・様々

学校によっては1割弱が着物。

紺系に次いで多いのはベージュ系、アイボリー系だそうです。

これはお子様がお受けになる学校の行事を見学したり、説明会に集まった周囲のお母様(特に上の子が在校生のような)をさりげなくチェックして、どのような傾向かなんとなく感じ取っておくといいかもしれません。

受験スーツを着用

私学の入学式でよく聞くのが、受験で使用したいわゆる受験スーツと言われる紺のスーツにパールやコサージュをプラスして着用するというパターン。

実際に受験スーツかはわかりかねますが、比較的多くの私学の入学式において紺系スーツが主流というのは本当のようです。

娘の幼稚園の附属小学校のお友達のお母様も紺系スーツでらっしゃいました。

特にカトリック系は質素を旨とするので紺系スーツの傾向が強いそうです。

ただしわかりかねると書いたとおり、紺系スーツ=受験スーツとは限りません。

入学後も学校によってはかなりの頻度で紺系スーツが必要になるので、入学を機に改めてお作りになる方もいらっしゃいます。

お持ちの受験スーツをお召しになるご予定でしたら、お求めになったお店に入学予定の学校名を伝えて相談すると校風にあわせてコーディネート品を紹介してくれることがあるそうです。

受験スーツのボタンを入学式用に華やかなものに付け替えるというサービスも聞いたことがあります。

自由教育校の場合

私の場合はと言いますとかなり変わったケースとなるかもしれません。

娘の学校は非常に個性的な教育方針のいわゆる自由教育校なので、紺系はおろかスーツ一辺倒というわけではありませんでした。

着物、ベージュ系スーツのようなスタンダードの他、ロングスカート、ほっこり系フォーマル、チュールスカート・・・ここは思い切って自分を出して行くのもおすすめです。

私自身はアイボリー系のスーツでしたが浮きもせず、目立ちもせず(参考:記念写真、本人調査による)。

事前に入学する学校の入学式はどんな感じなのかちょこちょこ調査しておいて、前述の皇室スナップ調査の結果をふまえての選択でした。

入学式の話を今する理由

さてこれから天王山の夏がきます。焦る方もいらっしゃるでしょう。そんな時には入学式など良いイメージを描いてポジティブシンキング!

けっこうそういったイメージトレーニングが自分にもお子様にも効くものですよ。応援しています!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします