4歳~6歳 子供の教育・成長・遊び

5歳児におすすめの映画ランキング

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

5歳児って何を見るの?

5歳になってからどんなDVDを見せてあげたらいいか分からない・・・どんなものなら楽しめるんだろう?そんな疑問にお答えします。



3歳から5歳への成長で変わる映画の好み

5歳位になると、映画の中のキャラクターの心情を理解するようになり、映画の主人公たちと一緒になって熱くなったり悲しくなったりすることが出来ます。

そのため、三歳位まで好きだった平和な映画と違い、戦いのシーンがあったり、友達を助けるシーンがあったり、ちょっと激しさを増したり、主人公が頑張っている姿勢が良く分かるものを好む傾向が出てきます。

お兄さんお姉さんぶりたい年頃の5歳

幼稚園や保育園にに入ったばっかりでもなく、どんどん年下の子が増えていく環境の中、5歳児は「お兄さん」「お姉さん」でありたいと思うようになってきます。

この時期に、自分の憧れる存在や、将来こうなりたいな~と思わせるようなキャラの映画を見せることは効果があります。

科学的なことや生物学的なことに興味を示す5歳

身の回りのことを大体覚えて、さらに深い部分に興味を示すようになる年頃です。小動物や水辺の生き物を飼いたがったり、水や土での遊び方も変わってくる頃です。

それを刺激してあげるように、子供が興味を持っている動物が出てくる映画を見せるのもおすすめです。



5歳児におすすめの映画ランキング

何を見せるか迷ったら是非これを!5歳児におすすめの映画をランキング形式でご紹介します。

1位 ディズニーの原作有のアニメ映画

5歳になると、絵本や童話が原作の話はタイトルだけも覚えているため、最初から興味を持って観ることが出来ます。特に女の子には、色んなお姫様がいて、そのお姫様毎に得意なことや特色があるということを教える良い機会になると思います。

こういった映画を通して、「理想の女性像」をだんだんと育て行くことが出来ます。おすすめは、白雪姫、ピーターパン、美女と野獣、リトルマーメイド等です。

2位 動物の生態が分かる映画

しまじろう等の動物キャラの映画やアニメとは違って、よりリアルな動物の生活や習慣が垣間見える映画は、より深く動物への興味をそそります。

特にうちの息子が興味を持ったのはハッピーフィートのペンギンで、この映画を観てから百科事典でペンギンをより詳しく調べ、いっちょ前にペンギンのウンチクを語る様になりました。

ライオンキングは親子のつながり、子供が自立していく姿に勇気をもらえます。動物たちの生活の厳しさを映画を通して少しずつ知っていく機会になると思いますよ。

動物の生態や癖を知ることが出来る映画は、マダガスカル、ハッピーフィート、ライオンキング等です。

3位 人気キャラクターの映画

低年齢層~小学生向けのアニメキャラクターは親の目から見ても魅力的なことが多いですね。中でもお友達が出来て一緒に遊ぶようになったら、ドラえもんを見せて仲間と協力することを魅力的に感じてほしいというママは多いです。

同じ系統だとちょっと精神年齢が上がりますがポケットモンスターもおすすめですよ。

映画を知育に、家族コミュニケーションに活用しよう

小さかった頃とは違い、ママと自分、パパと自分などの狭いコミュニケーションから、数人で同じことを愉しむということを覚えいっている年齢です。

団らんの楽しさを教えるために家族皆で映画をみて、どういう映画だったか順番に感想を言い合うと、団らんの楽しさを覚えるきっかけになったり、集団行動の練習にもなりますよ。

洋画の時のリアクションは子供と一緒に英語で言ってみよう

英語って面白いな!明るくて楽しいな!と子供が感じると、英語を苦手だと感じるハードルを無意識に下げていくことが出来ます。手や表情もセットにして、子供と一緒にやってみましょう!

たとえばこんな感嘆詞がありますよ

驚いた時→Wow!、Oh!
本当に!?→ joking?、Are you serious?
信じられない!(褒め言葉のニュアンス)→incredible!
嘘でしょ?やっちゃった?おっと!→Oops!
喜びや感動した時→Yeah!
やめて!だめ!→Noooooo!

今しかない「5歳」を大切に

子供の成長はあっという間。5歳の我が子の成長と親子の想いで作りに素敵な映画でひと時を過ごされてみてはいかがでしょう?

【関連記事】
子供の感受性を育てる映画ランキング

子供の映画館デビューは何歳から大丈夫?料金は?注意点は?


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします